2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三匹の犬

げ、もう30日?
8月の逃げ足には、ちびまる子ちゃんもびっくりだわ。
「もういい加減いいんじゃないか」と自分でも思い始めたけど…
夏の思い出写真放出シリーズ、第4弾!

8月10日~13日
私の実家は函館にあります。弟一家も、函館在住。
ふと気づくと、我が家も含め、3軒ともワンコのいる生活、プライスレス。

実家にはモモ。シーズー、4歳。
犬なんて大嫌いだわよ
『犬なんて大嫌いよ』
自分のことを犬と思ってないモモ。
我々には、千切れんばかりに尻尾を振り、愛想を振ります。なまらフレンドリー。
しかし、パルたろには一切妥協無し。
もうね、ただね、「迷惑」の表情しかないですよ。
「けっ、このケダモノが」ぐらいの距離感。
いつも、君の静かな生活を邪魔してゴメンね。
でも、ちょっと留守番させたぐらいで「ベッドにおしっこ」はないと思うぞ。

弟の家にはクッキー。フレブル、もうすぐ2歳。
乙女の祈り
『乙女の祈り』
遊びたくてしょうがない乙女。
「あそぼぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」の勢いが強すぎて遊んでもらえない不憫な子。
小さなクッキーが、遊んでとばかりに足元でピョンピョンとジャンプしています。
はっはっは、かわいいなぁ、お前…としゃがみこむと、
そのまんま、下顎にアッパーカットが入ります。
会うときはいつも軽い躁状態のクッキー。でも、ふだんはまったりモードなんだそうです。
ちなみにパルたろは、当然のごとくびびっちゃって、まったく遊べません。

さて、こいつ。キャバリアキングなんとか、1歳数ヶ月。
実家にて
『くつろぐパルたろ』
それにしても、フローリングだと抜け毛が目立ちますなぁ。
せっかく、函館に行ってるんだし、もうちょい、いろんなトコに連れてってあげないとなぁ。

…ってなわけで、いつもだったら寄り道もせず、まっすぐに札幌に帰る我が家。
今回は、珍しく、途中下車。
八雲町の噴火湾パノラマパークへ。

「ホントに、ここ北海道か?」と疑いたくなるほど暑かったこの日。
暑かったねぇ
『は、はやく日陰に…』
あまりの暑さに、パルたろはすぐに日陰に避難。
一方、チーム昭和は、
なんだ、こいつら
『絶好調』
頼むから、お父さんを休ませてくださいTT

思えば、ここら辺から暑い日が続いたんだよなぁ…。
だっこぉぉ
『さすがに暑い』
芝生はまだいいんですけどね、
さすがにアスファルトは危険だった、暑かったあの日。

スポンサーサイト

| おでかけ | 23:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内ドッグラン

あぶねぇ、あぶねぇ…
ショートシリーズすらUPしそこなうところだった。
ではでは、いつまで続くのか、
夏の思い出写真放出シリーズ、第3弾!

8月4日
便利な世の中で、なんでも「室内」のご時世。
いまや野球するのも、ドーム球場が主流ですもんね。
ま、私、野球わからないんですけども。

ドッグランまで室内があるんですね。
ものは試し、ちょいと行ってみましょうか。
BOW WORLDさん
きれいだわ
『お洒落なほどに気が引ける田舎者の私たち』

パルたろ御用達の「いつものとこ」が広すぎるってのもあるんですが、
HPなどで見たり、評判で聞いたほどの広さは感じませんでしたね。
ただ、なんたってパルたろさんですからね。
正直言うと、このぐらいでちょうどよかったですw
駆ける男子達
『軽く走る』

値段も親切設定。しかも、七夕の時期(札幌は七夕って8月なのね)だったので、
店内掲示用の短冊に願い事を書いたら、半額になっちゃいました。

ただ…ウチからは遠いんですよねぇ。
同じ札幌市内でも北のはずれの我が家。一方こちらは、南もいいとこ。
なかなかプラッとは行けない距離。
雨が降ってるときなんか、手軽でいいんですけどね。

あ、あと、HPの地図を参考に行ったら、道に迷ったのは秘密w
いや、店自体、分かりやすいところにあるんですよ、看板もあるし。
ただ、店のすぐ前の曲がり角で坂道を上っちゃってサヨウナラコース。
久しぶりに「触角抜かれた虫」になりましたわ。

| おでかけ | 22:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

狸小路にて思う

夏の思い出写真放出シリーズ、第2弾!

7月27日。

そもそも北区のはずれに住まうパルたろさん。
華やかな札幌の中心部になんて、ほとんどお出かけしません。
せいぜい、MOBBYに行くときぐらいでしょうね。

そんな根っからの田舎者なパルたろさんが、
1週間ほど、毎日のように札幌都心部のビル街へご出勤。
職業はデルモ。
そんなナウでイケてた7月末のパルたろさん。
      (↑書いた時点でtamakenさんは何かが吹っ切れてます)

せっかく街へ来たんだからと、狸小路へ足を伸ばしてみました。
パルたろさんは初めてです。

…そういえば、私もずいぶん久しぶりでした。
狸祭り真っ最中
『狸祭り』

実は、まったく目的がないわけでもなく…。
無類のベビーカステラ好き(←なんだ、そりゃw)のパル母。
新聞で、ベビーカステラの店が新規オープンしたという記事を見つけてしまい、
そうなると、当然のごとく「食べたい!」となるわけで。

狸小路は6丁目。
すっかり昔ブラブラしていた頃と様変わりしている数々の店に面食らいつつ、
笑っちゃうぐらい派手な外観の目的地、発見w
なぜに、ベビーカステラでこの店構えに…?

こちらは犬連れ。向こうは食品を扱う店先なので、
「たぶん、あまり印象よくないよなぁ」と思いつつ、そそくさと買おうとすると、
隣に来た(しかも軽く割り込んできたw)おばちゃんが、
「んまぁ!(&満面の笑顔)」とパルたろの頭をなでる。
さらに店員さんも、カウンター越しに、パルたろを見てニコッと微笑む。
いい店じゃないか(←単純)
ほんのり甘いカステラは、一個10円。
実にいい店じゃないか(←みみっちい)

な、パルたろ…
はい、正解
『関係ないよ』

…そ、そうだね、もらえないね…。

ブツを受取り、お金を払い、パルたろとブラブラ歩きながら、
「あそこ、昔、何があったっけ…?」と考えていました。
気がつけば、もう18年も昔の話。
函館の高校を卒業し、札幌に来たばかりの頃、意味もなくブラブラしてたこの辺り。
あの頃、ここには…

「ぱんじゅう」の看板。
思いっきり「昭和」な店構え。
店内のテーブルも、壁も、床の感じも時代に取り残された感じだった。
店主はおじいちゃんだったか、おばあちゃんだったか。

フラッシュバックのように明滅する、あやふやな記憶。
でも、はっきりとしている一つの事実。
そうか、あの店、もうないんだ…。

ベビーカステラの甘さの中に、微かな苦味が感じられた夏のヒトコマ。

| おでかけ | 01:57 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モエレにて思う

仕事が急に繁忙期に入った私。
さらに、環境の急な変化に弱い私。
さらに、環境の急な変化が大嫌いな私。
さらに、嫌いなことを我慢できない36歳の私。



だぁぁ!暑いぞォォ、てめ、このやろぉぉぉぉ!

パパうるさい。ガブリ…



さ、始めましょうか。え?血が出てる?あはは、やだなぁ、気のせい気のせい。

いや、ホントにいろいろあったこの夏。(いや、まだ暑いのだが…)
チーム昭和の夏休みにあわせて、いろんなイベントが目白押しだった我が家。
一つの記事をUPする前に、さらにイベントがあって…てな感じだったもので、
すっかり、写真がたまってしまいました。
前回の記事でもパルに指摘されたとおり、けちくせぇtamakenさん。
使いたい、と。
ま、随時、ショートでね。ほら、くどくなっちゃうから、私。
では第1弾。

7月22日(え、そんな前?)、札幌市東区、モエレ沼公園にて。
これでも山なの。
『東区唯一の山、ちなみに人工』
モエレ山と申します。
ガシガシ登るパルたろさん。そしてチーム昭和たち。
んで…
山頂にて
『到着!』

ここモエレ沼公園は、なかなかに名の知れた公園。
というのも、この公園自体が、世界的な彫刻家イサム・ノグチ氏の作品なんだそうです。
大きな噴水や、子供達が遊べる水場や公園、そして気持ちの良い草っぱら。
ワンコと遊ぶには、ホント最高!って感じなんですが、
まぁ、ご多分に漏れず、ワンコの立ち入りに制限があります。
(ちなみに、芝生はモエレ山周辺のみOK)

なぜそうなったかは、言わずもがな。
わざわざ、公式サイトにペット制限のPDFまではっつけてあるのに、
(しかも公園入り口にまでご丁寧に掲示してるのに)
この日もフリーで走らせてるバカがいたしね。

| おでかけ | 00:42 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

INサホロ

「パパ、やっぱりプロローグっていらなかったんじゃない?」

「いや、あのさ、久しぶりだったもんでね、書きブリがね…」

「ああ、書いてるうちに思わずあれもこれも…と」

「うん、そうそう」

「んで、くどい性格だから、文章もくどくなった…と」

「う、うん…そうだね…」

「んで、計画性がないから文章の着地点も見つけられなかった…と」

「…う、うん…そう、そうだけど…」

「んで、けちくせぇから、せっかく書いた文章を削ることもできず…」

「…」

「(プロローグ)なんてごまかし方でUPしちゃったと。」





表出ろ、てめぇ(怒

…でも、まぁパルたろの言うことにも一理ありますね。
くどいって、私w

ただ、御理解いただきたいのは、
それだけキャンプが我が家(私?)にとってオオゴトだったという点なんです。
考えてもみてください。もともとアウトドアどころか「プチヒッキー」だった私。
そんな人間が家族キャンプに行くってぇんですから、そりゃ、精神的にオオゴトなわけですよ。
しかもですよ、私はそもそも…
学習しろよ、おっさn
『もういいって』

そうですね、すいません。早速本題に。
茶々恋々一家と8月7日・8日の二日間、サホロにキャンプに行ってきたのですわ。
(この一行のために、どんだけの前置きよw)

8月7日(火) の朝から話を始めましょう。
なぜかというと、不安定だったあの頃の天気。
朝にならないと天気がはっきりしなかったんです。
しかも、基本的に全道くまなく悪天候。
「もう雨さえ降ってなきゃいいや」という目的地選びだったんです。
いや、候補はいくつかあったんですよ。
できれば水辺。そして、ボート(もちろん茶ぱさんの)を出せるところ。
朱鞠内、かなやま湖、そしてサホロ…。
どうにも天気予報は、我々をサホロに誘います。
だって、他は全部雨なんだもんw

茶々恋々一家も初めてというサホロ。
もちろん我が家は、その辺りに行くことさえ初めて(だと思う)。
もう、なんかこの時点でかなりワクワクですわ。

札幌の東の端のほうで待ち合わせ。買出しをして、いざ、サホロへ!
札幌市内、買出し中は天気予報もびっくりの晴天、猛暑。
それが夕張を越えたり、途中で限定の夕張メロンプリン食べたり、
軽く道に迷ったり、狩勝峠を通ったり、入り口を通り過ぎちゃったりしてる間も、
天気はコロコロコロコロ変わり続けました。途中、数度の雨。

ところがサホロに着くと、晴天。
勝ったな、誰かがw(たぶん私じゃない)

ここは無料のキャンプ場。
トイレも洗い場も、駐車場の近くに一つしかありません。
だから当然、その近くに人が集まるわけです。

んで、我々…。
「空いてるとこがいい」で満場一致w
こういうときの決断って大事ですよね。
とにかく広いサホロキャンプ場。わざわざ人の近くにテント張りたいとは思わんわけです。
多少の不便は覚悟の上、さぁ、向こうまでリヤカーをひいていこう!
いいねぇ
『広いねぇ』

到着も遅かった我々キャバご一行様。
そこからタープ張って、テント張って(しかも、我が家の遅いこと、遅いことw)
もう、思いっきり晩飯時。よっしゃ、食べよう、食べよう!
初日の写真はこの程度TT
『いつも初日の写真はこのザマだ』

天気が悪くて、雨さえ降ってなければいいやと思ってたキャンプ初日。
食べて、飲んで、すっかり夜更かし。
12時を過ぎた頃、そろそろお開きとタープを出て空を見上げると、満天の星。
向こうの山の端には上ったばかりの月。
そして、サッと空を横切った流星。

うん、やっぱりキャンプはいいねぇ。

翌日、早起きの昭和1号に付き合って、虫取り。
蝶やトンボ、たまにオニヤンマなんて大物も来ます。
でも、まぁね、そんな大物はなかなか捕まりませんわな。
…うん…ん?
あら?
『こんな出会いも素敵だわね』

我が家
『我が家』
ふと周りを見るとこんな景色。
ひろいねぇ
『広いねぇ』
汗だくになりながら、岩を上り下りするチーム昭和。
いいねぇ。
遠くまで荷物を運んだ甲斐があったってもんだわw

雨かもと思ってたキャンプ。
きれいな星空を見た初日の夜。
そして、そんな心配がチャンチャラおかしいほど晴れ始める二日目。
さていくべ
『い、いや、晴れすぎでは…』
冗談じゃないわよ
『暑いわよ…』
そ、そうねw 確かにちょいと暑いわね…
朝食に茶ぱさんオススメのヤキソバパンを食べ、いざ、川辺へ。

実は、こんな遠くにテントを張ったのはそんな理由もあったんです。
すぐ裏が川。しかも、きれいな岩場の川。いいねぇ。
さ、さ、行きましょか!キャバ軍団。

臆せず水に行くのは若頭、茶々坊。
さすが若頭
『水も滴る』
何がすごいって、茶々坊、自分だけでどんどん水に入っていくんですよ。
暑かったんで、人間様もすっかり水遊びに興じていたんですが、
茶ぱさんが溺れてるように感じたんでしょうかねぇ、
離れた場所から、ずんずん水に入って、茶ぱさんを追うわけですよ。
ちょいと感動もの。

え?恋々ちん?
リーダーはこんな感じ
『見送る娘』

んで、パルたろさんは…
固まった
『固まりました』
ま、想像通りというか、期待通りというかw

さて、それではメインイベントです。
「ドキッ!抜け毛だらけのキャバ水泳大会」!!

ではエントリーナンバー1番!
恋々ちん!
あれ?
『実は泳げる』
チームビビリのリーダー恋々ちん。水を嫌がって入りたがらない恋々ちん。
でも、思いっきり泳ぎが上手な恋々ちんw
足も速いし、ひょっとするとあんたすごいんじゃないのか、ホントは。

続きましてエントリーナンバー2番!
チームビビリ、パルたろ!
必死w
『がんばって泳いだ』
今までにない顔してましたなw もう必死だったんでしょうね。
でも、まぁ、よしとしましょう。頑張ったほうですわ。ひと夏のヘタレの思い出。

ではエントリーナンバー3番!
オオトリ、若頭、茶々坊!
あれ?
『あれ?』
何度やっても最短距離で陸に上がっちゃう茶々坊。
水好きだけど泳ぎはそうでもないとのこと。んー、恋々ちんと正反対。

はい、番外編。
エントリーナンバー4番!
昭和1号!
かっぱっぱ
『カッパッパ』

これだけ天気がよいと気持ちのよい川遊び。
いい感じでしたわ。

いいだけ遊んで、結局、昼過ぎ。さらに強まる日差し。
「あぢあぢ」言いながら、撤収開始。
リヤカー引きながら、ダラダラ汗かいて、楽しかったサホロを後にしました。

帰り道、新得で蕎麦を食ったり、日勝峠でソフト食ったり、
山の中で鹿を見たり、いいだけ雨に降られたり、ガソリン危なくなったりw
チーム昭和が輪厚(ワッツと読みます)でクラークになったりしながら、帰ってきました。
大志を抱けよぉ
『大志を抱け』

走行距離、470km。腹いっぱい堪能した二日間でした。
茶々恋々一家に感謝。
秋ごろに、仕事の合間を縫って、もう一回行きたいなぁ…。

| おでかけ | 17:36 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

INサホロ(プロローグ)

いやぁ、もう一週間も経っちゃってるし…。

暑かったですねぇ、この夏。(まぁ、まだ終わっていませんが)
ここ数日の「北海道らしからぬ炎天下」。
みなさん、体調はいかがですか?隊長はイカが好きですか?

うんうん、暑いと、人間変なことを口走りたくなりますよね。
すっかりダラダラとしてしまいましたが、ようやくキャンプ編UPしまぁす!



そもそもの発端は7月初旬
あのときの楽しさが忘れられず、
すっかり「キャンプだ」モードにはいった我が家
バカみたいに買い漁る我が家。
夫婦そろって、後先考えないタイプw

さ、ある程度準備も整ったし、いつ行こうかな…。
んじゃ、今度の金・土で…
おっ、雨だTT(←しかも雷雨)


んじゃ、来週の木・金だね、天気予報も来週は確か…
あれ、雨だTT(←結局、台風なみの豪雨)

むむむ、で、では、来週の木・金こそは…
げ、雨かよTT
(↑数時間前の天気予報では晴れマークだった)



マジッすかorz


週間天気予報を見て「この日にしよう!」と決めると雨マークに変わること3回。
しかも、かなりの高確率。
8月初旬のあの大気の不安定さ加減に、翻弄されっぱなしだったわけです。

当初の予定では、2回ほどキャンプに行くつもりだった我が家。

「自力でデビューだ」…我が家のみ。ヘルプなしで道具の使い勝手などを確認。
「みんなでGO!」…お誘い合わせの上、みんなで楽しみたい。できれば飲んだくれたい。

ところが、なんだか悠長なことを言ってられない雰囲気になっていきます。
キャンプ用品のことで相談にのってもらっていた茶々恋々一家
茶ぱさんの夏休みの予定を聞いていたので、
まず「自力デビュー」を済ませてから「みんなでGO!」したいなぁ…と漠然と考えていました。
余裕をもって、いろんな人に連絡してみようなんて考えてたわけです。
いやぁ、こう書くとなんか偉そうだわ。

ふと気づくと、自力デビューもできないまま、茶ぱさんの夏休み目前…。





はい、計画変更しますw
結局、自力デビューは後回しw

すぐに茶ぱさんにメールで連絡。
そ、それじゃ火曜日にしましょうか、天気予報も火曜日なら…
げっ、雨になってる!(通算4回目)
くどいね、あいかわらず
『さっさとしろよとパルは思った』

…、そ、そうだね。ごめんごめん。
ええと、それじゃ…、とりあえず今回はこの辺で。

「ええええぇぇぇぇぇっ?!パパ、マジ?」

「大丈夫よ、パルたろ。これはプロローグ。次回はキャンプ本編よ」

「そ、そう…? んじゃ、今回の記事は、いらなかったんじゃ…」

「い、いや、そ、それはね、パルたろちゃん…」

| おでかけ | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑かったね

20070812170238
でも天気がいいから気持ちよかったな。
夏はこうでなくちゃね。

| モブログ | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すいか

20070811113245
はしたない顔ですわ

| モブログ | 11:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレゼン中

8月4日~12日 11:00~19:00
「ただのいぬ。プレゼンテーション」

会場:富樫ビル8階
(札幌市中央区南2条西2丁目・ 旧プリヴィ→現ダイソーの上です)


キャンプ報告をしようと思ったのですが、その前に。

ようやく、家族揃って行ってきました。
パルたろと毎日通ってたのが、もう2週間も前なんですね。
里親募集中
『里親募集中』
4000匹の「いぬ。」たち。
100匹は東京の「ただのいぬ。」展へ。
他の「いぬ。」たちは、来場された方々に引き取られていきます。

おきにいり
『肖像』
今にも掻きだしそうな微妙な首の傾ぎw
その瞬間を切り取るというよりも、
このあとの息遣いが感じられるのが嬉しかった1枚。

現実
『ただのいぬ。展』
これは一部。
過酷な現実の一部。
感じられるかどうかが、分かれ目。
何を感じるか? さすがにそれはご自分で。人それぞれですよ。

広い会場。
子供の声が聞こえないのが、不思議な感じでした。
今さらながら「いい時間だったなぁ」とかみしめています。
みんな、アリガトね。

このプレゼンテーションは12日までです。
お時間の許す方、ぜひ、いらしてください。
そこには、静かでいい時間が流れていますよ。
けして甘くない、静かでいい時間が。

≫ Read More

| 緊急・告知 | 12:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここんとこの我が家

「まほうの絵ふで×ただのいぬ。」に参加させていただいたこの頃。
非常に充実した数日を過ごさせていただきました。

…ただ正直、この一ヶ月ほど他のブログにお邪魔してないのは事実。
みなさんから、たくさんのコメントをいただいているにもかかわらず、ホントに申し訳ないです。

さて、では、私は何をしていたのか…。
夜な夜なネットであぁでもないこぉでもないと調べものをしていた日々。
んで、その結果、
わははははは
『買っちゃった』

さぁ、キャンプよ、キャンプ!

それにしても…
前回の記事のNorikoさんのコメントにもありますが、
パルを迎えブログを始めて、本当にいろいろなことがガラリと変わりました。
いろいろな出会いに感謝!
世の中には、面白いことが山ほど転がってるんですねぇ。

ん?ランタンいじってんの
『おっさん、ぶきっちょw』

おもしれぇなぁ
『ランタンっていいですねぇ』
奇跡的にマントルも一発でOK。
(絶対壊すと思って、予備も買っておいたw)
夜中、車庫でぼんやりと試運転中のランタンの炎を見ながら、
「おもしれぇなぁ」と、本気で思いました。

もう一度。
世の中には、面白いことが山ほど転がっているのです。
何を拾うかは、その人次第。
何を感じるかも、その人次第。

さ、行こうか。

| グッズ | 22:30 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャバ三様

「きゃばさんよう」とお読みください。



「きゃばぞうさま」ではありません。

調子に乗って、連続UP。
実は二日前、8月1日の写真。
「4000匹のただのいぬ。」製作現場にて。

こ、国王…TT
『憂い顔のトビー国王』

いつも君は幸せを運ぶね
『ファニー顔のししまる王子』

く、くれぇぇぇ
『陰気な貧民 パルたろ』

パルたろ、暗いって…TT

結局、パルたろ(というか、私?)は初日のみ参加。
チームMOBBYはがっぷりよつで協力したとのこと。
ししまる王子も、皆勤賞だったのですね。尊敬しますわ。
ちゅらさん(maguさん、勝手にリンクするよぉぉ!)や、 も参加したんだってね。
うん、うん、ワンコの力って、すごいもんだね。
すごくなきゃ、未だに見ず知らずのままだったんだから。

本日、8月3日。「4000匹のただのいぬ。」終了。
お子ちゃまたち、ハッパかけられながら、がんばったんだってな。お疲れ!

夜は「ただのいぬ。トークショー」。
いっちょまえに招待券いただいちゃった。お気遣いありがとうございました。
トークの中で「ふむ」と思った言葉。

リードをつかむその手を離さなければ、不幸な犬は0になるんです。

そうだ、その手を離さなければ…。
簡単なことのはずなのにね。
少なくとも「つかむ」責任の重さを考えれば、簡単なはずなのに…。

明日から、「ただのいぬ。」プレゼンテーションが始まります。
お時間の許す方、どうぞ、お越しくださいな。
そして、何か感じていただければ幸いです。

8月4日~12日 11:00~19:00
「ただのいぬ。プレゼンテーション」
子供たちの作品や活動の報告と「ただのいぬ。」展の一部を展示します。
しつこいですが、ワンコ連れOKです。

会場:富樫ビル8階
(札幌市中央区南2条西2丁目・旧プリヴィ→現ダイソーの上です)

| 緊急・告知 | 00:38 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたのさと行

最近、やたらとカイカイのパルたろさん。
本日、午後からお久しぶりの
皮膚の秘密結社「きたのさと」へ。

なんやかんやで、またもや1時間超の診療。
本当にすごいぞ、この病院w

皮内検査をしても、さほどの反応も無し。
普段よく掻いている(噛んでいる)後ろ足大腿部や脇の辺りに、若干のマラセチアさん。
シャンプーと痒み止めの薬をいただきました。
週2のシャンプーで様子を見て、また1週間後。

そろそろ心臓の検査から半年。そちらの予約も入れないとなぁ。
まぁぁぁ、いろいろあるパルたろさんだわよ。

ダメなの?
『目力』
い、いやダメじゃないけど…経済的にね…。

きゃー
『ちょいグレボンズ』
何です!その口の利き方は!!

| 健康 | 23:49 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未来への筆跡

【お知らせ】


「まほうの絵ふで×ただのいぬ。」~進行中!
エレベーターを降りると

7月26日~31日(終了!みなさん、お疲れ様でした)
「ただのいぬ。の肖像」
中・高生の子供たちが犬をモデルにした大型絵画の制作に取り組みました。
作品はもとより、その姿勢は感動的ですらありました。


8月1日(10:00集合)~3日(20:00解散予定)
「4000匹のただのいぬ。」
小・中学生の子供たちが、二泊三日(!)で4000体の犬の立体オブジェを製作します。
1日の午後には、盲導犬も来場するそうです。

8月3日 18:00~
「ただのいぬ。トークショー」
出演/   服部貴康さん (写真家)
    小山奈々子さん(アートディレクター)
    堀田真作さん (まほうの絵ふで代表)

チケット/一般 1,000円 ・ 高校生以下 500円

8月4日~12日 11:00~19:00
「ただのいぬ。プレゼンテーション」
子供たちの作品や活動の報告と「ただのいぬ。」展の一部を展示します。

会場:富樫ビル8階
(札幌市中央区南2条西2丁目・旧プリヴィ→現ダイソーの上です)


それぞれの詳細については、下記のリンクからどうぞ。

まほうの絵ふで

ただのいぬ。プロジェクト


トークショー以外は、観覧自由、入場無料。しかもワンコ連れOKです。
特に、8月1日~はワンコをモデルにした立体造形なので、
むしろ多くの方&多くのワンコに来ていただきたいとのこと。
お時間の許す方、ぜひ、お越しください。
なお、一つの作品自体はあまり大きいものではありませんので、
来場のワンコにはリード必須、「できれば抱っこで…」とのことです。
ほら、「パクッ」とか「グシャッ」とかさ、気まずいでしょ…。

会場の富樫ビルですが、1~5階がダイソーになってます。
ワンコ連れの方は、思わず躊躇してしまうかもしれませんが、
建物内に入ったら右手にエレベーターがありますので、そこから8階へ直通です。
思い切って、そのドアを開けて(できればワンコは抱っこして)入ってきてくださいな。



本日(おっ、もう日付が変わってますが…)、「ただのいぬ。の肖像」終了。
福ちゃん、アロたん、パルたろも、最後までがんばりましたよ。

改めて、今回のモデル犬のみなさん。
福ちゃん、ホンマにええ子や
『福ちゃん』

アロたん、キュート
『アロたん』

そして、
固まってます
『なんか固まってるパルたろ』
これ、初日のパルたろなんですが、何かを見て固まっております。
何を見たのかと申しますと…
初対面
『初対面でした』
後半、慣れたみたいだったけどね。
まぁ、近づきはできなかったけどねTT
アロたんもヘタレなオカマにはあまり興味がないようでした。



前回、書いたとおり、初日はクロッキー。
どんどん描いていく子供たち。
ホント、ごめんねバカモデルで
『あるまじき姿勢』
ホントにゴメンナサイ。バカ犬の代わりに謝ります。

いいでしょ、これ
『なかよし』
なんか、こういう場面をちょくちょく見たような気がするんですよ。
これは初日の様子。
もちろん、本制作に入れば、子供たちは延々とカンバスに向かうことになります。
こんな風に一緒に座って…なんてありえません。
でも、なんだか、こういう気持ちでワンコたちを見ていてくれたような気がするんですよ。
それが、なんだかうれしかったなぁ。

初日のおみやげ。
これ、ものの数秒
『秒殺』
先生が「クロッキーとは…」を説明してくださったときに、
ものの数秒でサラサラッと描いたもの。
誰か私に、絵がうまくなる薬をください。(←こういう人は伸びません)

二日目からは本制作に入る子供たち。
いよいよ、絵の具なんてものも登場するわけですね。
こういうものって、なんでかっこいいんだろう
『アクリル絵の具たち』
ただし、最初からべらぼうにいろんな色を使うわけではないんですな。
というよりも、しばらく茶色+白の時代が続くんです。ええ、それはながいこと。
こんな感じ
『こんな感じ』
さらに、
これまたすげぇ
『こんな感じ』
もう、この時点で私からは「すごいなぁ」しか出てこなくなりました。

一方、アロたんオーナー、MOBBYのサカガミさんは…
おっ、やる気だね
『何かのスイッチが入った模様です』
勧められるままにクロッキー。
坂上さん、あのさ…
う、うめぇw
『う、うまいじゃん…』
聞けば、美術やってたそうで。道理でうまいはずだ。
誰か私に、絵がうまくなるジュースをください(←発想がのび太)

製作は進んでいきます。進むのは絵だけ?いや…。
うん、そうだな
『大きくなるということ』

三日目、四日目と、どんどん絵が変わっていきます。
「もう、これ以上いいんじゃない?」と私なんかは思っちゃうけど、どんどん変わります。
貪欲に、貪欲に、高く、高く。
どこまでも
『どこまでの旅なのか』

その間に、この方も順調に進みます。
うんうん、がんばったねぇ
『すごいな、サカガミさん』
もう、普通に参加してんじゃんw
中間合評会にも参加したそうです。
そして、ケチョンケチョンに批評されたそうです。幸せ者ですね。

こんな小休止も織り交ぜつつ、
ちょっと息抜き
『どちらもいい子』
こちらから見てても、ちょいと至福のとき。
パルたろをかわいいと言われりゃ、そりゃ気分いいですわよ。

残りの二日間は追い上げモード。仕上げに入る子供たち。
佳境
『何も言えない』

これまたすごい
『言えるはずがない』

この子らにも何かが伝わってんですかね。
シャキーン
『さぁ、見て!ボクを見て!!』

さらに輝きが増す顔。
笑顔
『笑顔』

さぁ、ラストスパートだ!
母のような顔の福ちゃん
『見守る福ちゃん』

この人もラストスパート!
CHICOさん…
『選手交代』
…ってCHICOさんが描いてるし!
チームMOBBYはタッグマッチでしたとさ。
サカガミさん曰く 「もー、余計なことしてー!」
CHICOさん曰く 「あー、最初から書き直したい!」
両者、ドローw



そして、7月31日。7月最後の日に、製作終了となりました。
福ちゃん
『あと少し前へ』

ここまで来たね
『紆余曲折の末に』

たどり着く場所へ
『目指すのは…』



本当に、本当に素敵な時間でした。
みんな、本当にご苦労様でした。そして、心からのありがとうを。
どれも、素敵な作品たちです。

このブログをご覧のみなさん、
どうぞ、会場に足を運んで、この子達の「心」を見てあげてください。
何かを感じれば、きっとあなたも、素敵な時間を共有できるはずです。


最後に。
製作中に会場に足を運んでくれた方々、多数。感謝!
このプロジェクトは、今も進行中です。どうぞ、遊びに来てね。
明日からは(だから、もう日付変わってるって…)小学生中心で、犬の模型作りだよ。

~2007年7月、富樫ビル8Fにて~
おとうら
『おとめとうらら』

トースター
『看板犬トースター』

チーム昭和
『チーム昭和』

そして、ごあいさつ。
再見!

| 緊急・告知 | 04:21 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。