2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

歳末カイカイ報告

遅ればせながら、テンプレートをクリスマスバージョンに。
ちなみにタイトル画像は、昨年のもの。
プロフィールの写真とポーズが一緒なんで、
いかに耳毛が伸びたかがわかりますね…

うん、だから、何?

すいません。手抜きですTT
来年こそはちゃんとしよう。
(おそらく、来年も同じことを書く気がする)

 


 

パルたろさんがカイカイ治療で通っている皮膚の秘密結社
前回の通院時には、ちょうど工事中でした。
そして…
おめでとうございます
『いやぁ、きれいだ』
以前は、お世辞にも広いとはいえなかった院内。
隣のテナントとつなげて、一気に倍!さらに小ぎれいに!!
もう、びっくりだわ。
ホントにきれい
『いやぁ、ホントびっくり』
しし母様、すごいでしょ。



前回の受診が11月の末(あ、これUPしてなかった…)。
抗ヒスタミン(一日2回)+かなり軽いステロイド(二日に1回)で一ヶ月。
本日は血液検査です。
ちなみに薬の写真はこちら。
そうか…前回UPしてなかったか…
『新しい携帯のカメラが使いづらい』
抗ヒスタミン剤はアリマン。朝・晩の1錠ずつ。
ステロイドはテマリルという薬だそうです。これは一日おき。

薬って、体重1kgに対して何グラム投与するかって考え方なんだそうで、
(道理で、大型犬はお金がかかるわけだ…)
パルたろ(7.5kg)にテマリル1錠を投与した場合、
ステロイドの量は0.27mg/kgとなるそうです。
先生が考えてらっしゃる「効果のある服用量」が0.25mg/kg。
つまり、ほとんどギリギリ最小限のステロイドなわけです。
投薬を開始した頃と比べると、ステロイドの含有量が減ってるわけでして、
やはりそれに伴って、掻く回数は増えています。

ただ、治療が必要な「かゆさ」の基準(というか目安)として、
・一日に10回以上、同じ場所を10秒以上掻いている。
というラインを引いて治療をしているので、
パルたろの場合、現段階では基準内に収まっているのです。

治療を始める前は、暇さえあれば掻いてましたからね。
10回どころか…って感じだったし、10秒どころか…ってな状態でした。
しかも「くぅぅぅぅ」と鳴きながら、掻いたり、(足を)噛んだり。
ずいぶん、おちついたもんです。
ステロイドの量も、最低限に近いらしく、
次に減らすのは、抗ヒスタミンのほうだそうです。

で、血液検査。前足にチクッとな。
ワンコの足に注射って、肉がないだけに、見てるだけで痛そうだわw
結果を、夜、FAXで送っていただいたんですが、
「ステロイドの影響はほとんど出ていない」とのことでした。
ただ、続けて、
ステロイドの副作用は時々チェックする必要があること、
次回は2ヵ月後を予定していることも付記してありました。

ホントは、現状で考えれば抗ヒスタミンを減らしてもよかったのですが、
正月をはさみ、私が函館に帰省する旨を伝えたところ、
「ほら、正月、気持ちよく過ごしたいでしょうし」と、薬の量は現状キープになりました。
「なにかあったら、すぐに連絡くださいね」とも仰っていただきました。
こういうちょっとした気遣いが嬉しいのよ。

治療中、「ずいぶん、広くなりましたねぇ」と言うと、
「いやぁ、前がひどすぎて…。秘密結社なんて言われちゃいましたよ」









…(汗)

…(滝汗)

誰だ!
そんな失礼なこと言ったヤツは!!






…えと…どうか、先生がこのブログを読んでませんように…。
(ちなみに、ししまるのブログはご存知でしたwww)

≫ Read More

| 健康 | 13:32 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |