2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

往く夏

暑かったのは、8月のはじめ。
ISO1600で撮っちゃった
『感度上げすぎ(ISO1600)』

その後、なんだかあまり気温も上がらなかった今年の北海道。
そっか。
もう、8月も終わりなんだなぁ・・・、と。

ダッチでスモーク
『ダッチでスモーク』
往く夏を惜しんで、家の前で焼肉。
ダッチでスモークしたりしてね。

やっぱり、ちょいと寂しい夏の終わり。
その一方で…
なんか似てるw
『食いしん坊、万歳』
そんな感傷、どこ吹く風のこのお二方w

スポンサーサイト

| 雑記 | 23:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MOBBY

思い出
『昭和1号が撮っ たMOBBY』      

パルたろが家にやってきて、ネットの波に乗りながら、
いろいろなことを知りました。
いろいろな人に会いました。

MOBBY

初めて訪れたのは、もう2年も前になるんだなぁ。
思えば、ウチのボンズと娘っ子を「チーム昭和」と命名してくれたのもこのお店でしたw

2008年8月24日、一時閉店。
ハーフタイムと考えていいのかな、サカガミさん。
次のステップのための、ちょいと一休み。

本当にありがとう。
たくさんの出会いをありがとう。

この日、出会った子たち。
ありがとう
『みんな、かわいいのぉ』
【1段目】麗しの姉妹(左)、ようやく会えたマロンちゃん&くるみちゃん(右)
【2段目】愛想のよかったハニーさん(左)、落ち着きなさいwあんぽん(右)
【3段目】嗚呼、哀愁のとときっつぁん(左)、ご存知ししまる王子(後ろに従者パルたろw)
【4段目】なつきそうでなつかないFranさん&最初からなつく素振りもないかるあさん

ネット販売は続いていますんで、買い物はできるんですけどね。
(えへ、ロンパース買っちゃったw)
スタッフの皆様、お店が再開したら、へたれのパルたろと、また遊んでやってくださいな。
ではでは、みなさん、これからもMOBBYをよろしくぅ!(←私が言うことじゃないけども)
おとめさんもそう申しております
『おとめさんとの約束よ』

≫ Read More

| おでかけ | 00:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプvol.3

あれは5月、ゴールデンウィーク。
函館からの帰り道に、わざわざ遠回りをしてまで、下見に行ったキャンプ場
オーナーらしき方が「トイレも炊事場もきれいになりますから」と仰ってたっけ。
木々の向こうに見えた芝のサイトが、きれいだったな。

これから、いろんなキャンプ場にいくことでしょう。
中には、今年1発目の「あいべつ」のように、ものすごぉく素敵なところもあるでしょう。
それでも、おそらく永久に私の中で第1位なんだろうなぁ、ここは。
この写真を撮るのもお約束
ドロームキャンプフィールド
去年、手を引っ張ってもらいながら、キャンプデビューをした我が家。
それがあまりにも楽しくて、その後のキャンプ熱の火種になったキャンプ場。
そしてその秋、我が家のみの「自立キャンプ」 で自信をつけたキャンプ場。
そうするとやっぱりね、特別な思い入れがありますよ。

8月12日、13日。
世はお盆シーズンに突入、天気もよし(しかもその後崩れる予報あり)・・・
ま、混むんだろうなぁ・・・ぐらいの感覚で、出発。
途中のスーパー(桂岡ラルズ)で、待ち合わせ&買出し。
今回ご一緒するのは、このチーム。
青岑、今期3回目
『青と岑にございます』
今年、ワンコキャンプ本格デビューのチーム青岑
それなのに、毎回、チーム昭和と遊んでいただいとります。
毎度毎度、ごめんよぉTT

ドローム途中にある「ホピの丘」でも買出し(ソフトはガマン!)。
さらにその先にある山中牧場でちょい休憩。(はい、ソフト解禁!)

あらためてメーターを見たら、我が家からなんと70km足らず。
なんだかんだと3時間弱でドロームに到着しました。
受付も炊事場もトイレも、かなりお洒落になった今年のドローム。
グルッと車でサイトを一周して「ここ!」と決めた設営地は、
昨年、デビューした場所のすぐ横でしたw
バシッと!
『設営完了』
テントを張るのも、さすがに慣れた・・・と言いたいところなんですが、
ダメですねぇ。どうにもモタモタしちゃいます。
ドロームは、場所によって土が固い(木の根かも)ので、
鋳鉄のいいペグが欲しくなりますな。
ま、帰る頃には、毎回忘れてますがw

混んでることを見越しての、早めの到着だったのですが、
なにせ、広いドローム。混みっぷりは、ま、そこそこ。
その上、私たちの周りにいた方々は前日組だったらしく、次々と撤収。
(ここ、INが9時、OUTが17時なんですw)
周りに誰もいない状況になっちゃいました。
ゆったりのんびり
『のんびり』
まったりと時間は過ぎていきます。
岑はロングリードでディスクを。
楽しそうな岑
『待ちます!』

おじいちゃんは、ほとんどこの体勢。
よくねます
『パルたろ。若いのにおじいちゃん』
とにかく、まぁ、キャンプ場でよく寝てるパルたろですが、
青岑ママさんが牛のひづめを出すと、途端にこの集中力。
ください
『相変わらず、ちょっと恥ずかしい子』
そういえば、パルたろ、ひづめデビューだったな。
どうだ、おいしいか?
ガジガジガジガジ
『そりゃ、おいしいわな』
チーム昭和共々、ウチの子たちがお世話になりまして、もう、ホントにTT

さてさて、青もまったりと・・・
まったり?
『まったり?』
んー、明らかにまったりしてないだろ、その顔w
常に何かを狙ってる青なのでした。

さて、そろそろ晩飯の準備でもしようか。
この日のメインメニューはカレーライス。
カレーもライスもダッチオーブンで作ります。
こちら、ホピの丘でお買い上げ
『ホピの丘でお買い上げ』
普通のルーも持っていったんですが、
ホピの丘でこんなの見つけちゃいまして、思わずお買い上げ。
子供にはちょいと辛いかも・・・と思いつつ誘惑に負けた父、37歳。
許せ、子供たちよ。でもな、お前達の分にはヨーグルトを入れて・・・
あ、忘れたTT(←ホント、ダメ親父)

さて、そんな「ダメ親父カレー」完成!
キーマ
『キーマです』
これを別の鍋にうつして、続けざまに白米を炊きます。
意外にうまくいくんですよ、白米。
ま、写真はないですがw

今回、新しい発見だったのは、
もともとウチにあった鍋とフライパンが、ダッチのキャリングケースにスッポリ入ったこと。
しかも取っ手が外せるタイプなんで、鍋はダッチの中にスタック可能。
正直、「クッカーほしいなぁ」と思ってたんで、これは嬉しい発見でした。

こえぇよぉぉ
『2号、お手伝い好き』
お手伝いって、させるほうが怖いのよね。
でも、まぁ、いい機会だ。がんばっておくれ。

炭を熾し、肉やトウキビを焼き、カレーをほおばります。
ホピの丘でお買い上げの行者ニンニク入りソーセージも絶品でした。

青岑ママに教えてもらいながら、カメラをいじってた1号。
地面から
『地面から』

月夜
『月夜』
気持ちの良い風が吹く、こんな月夜。
“すべてはAll Right”
ゆっくり時間は過ぎていきます。

・・・

・・・

・・・

・・・が!
さすがに“すべては~”とはいきません。
ふと、ランタンのほうを見ると、ものすごい数の羽アリ。
こりゃ、たまらん・・・とスクリーンタープの中に避難しました。
なにせ、ランタンの下で作業しようものなら、服の中にまで羽アリが入ってくる始末。
ま、アリのいるところに行ってるわけだから、しょうがないんですけどね。
簡単な後始末を済ませ、この日は早めに「お休み」でした。

・・・

翌日、7時起床。
すっかり「キャンプで早起き」ができなくなってる私。
さて、と。
余った炭を熾し、残っていた肉を焼きます。
ソーセージも焼き、これまた残っていたカレーをかけてホットドッグ。
うまいねぇ、写真はないけどw

ゆっくりのんびり後片付け。
設営同様、後片付けもモタモタTT
クソー、次回こそは!

昼過ぎ、楽しかったドロームを後にしました。
1号と私
『歩き方が似てるらしい父と息子』
帰り道、「行き」にガマンしたホピの丘のソフトクリームを堪能。
さらに、いつも通り過ぎるだけだった毛無峠(けなしとうげ)の展望台へ。
いいねぇ、岑
『風に吹かれて』
小樽の町並みがきれいでした。
気持ちいいねぇ、岑。

早くも涼しい風が吹き始めた北海道。
短い夏ですもの、楽しまないとね。
毎度、チーム昭和がお世話になっているチーム青岑。
いつもありがとうね。
ぜひ、また遊んでやっておくんなまし。

≫ Read More

| おでかけ | 16:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

函館へ

20080814190145
天気、イマイチ

| モブログ | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドローム10時

20080813103904
あまりにもマッタリーノw

| モブログ | 10:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドローム16時

20080812161045
今日はカレーよ

| モブログ | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バブる犬

あれはもう20年ほど前。
北海道の片田舎で、漫画を読みながら自分の数年後を夢想する少年。

「そうか・・・クリスマスはホテル取んなきゃダメなんだ・・・」
「そうか・・・プレゼントって何万円もするんだ・・・」

世は札束乱れ飛ぶ、狂乱のバブル時代。
少年はウンザリしながらもアホっぽい浪費話に目を輝かせ・・・



パパ、パパ・・・

あん?なんだよ、パルたろ。パパは、今、思い出に・・・

い、いや、そのバブルの話じゃなくて・・・

ん?なんだよ、パルたろ。だってお前、今日バブルを・・・

だから「バブル違い」だってば。ボクのはマイクロバブル。

マイクロ?んじゃ、あれか、ちっちぇープレゼントでいいのか?

だから、違うって!


ええと、パパが猿みたいに首ひねって考えてるんで、
その間に、久しぶりに、ボクがアップします。
こんばんは、パルたろです。

猿親父は、まだ首ひねって考えてますが、
みなさんは、もうおわかりですよね。
ボク、今日、「マイクロバブルバス」ってやつに挑戦したんです。
友達の茶々丸くんが、トリミングの時にやってるんだそうで、
そのお風呂に入ったら、カイカイもかなりおさまったんだって。
最近、ボク、またカイカイがきつくなってきてたんで、
ママが「もし少しおさまるなら」って感じで、
茶々丸くんのママさんに頼んで、予約してもらったんです。

お店に着いたら、ボクだけ、ガラスの部屋に連れて行かれましたよ。

まず身体を濡らします
『まず身体を濡らして』
ガラスの向こうで、みんながこっちを見てますよ。
半笑いで(怒

はい、それでは入浴。

バブルバブル
『バブルン』
最初はちょっと暴れちゃった。エヘ。
でも、そのうち慣れたら、なんだか気持ちよくなっちゃってね。
もっと泡がブクンブクンいってるのかと思ったんだけど、
マイクロバブルだもんね。ほとんど泡の感じがしないの。
15分ほど、ブラッシングされながらの入浴でした。


そのあと、オーブンみたいな(笑)ボックスで軽く乾燥させられて、最後に仕上げぶき。
ご立腹
『なに笑ってんのよ』
実に楽しそうなガラスの向こう。
あんたがた、早く迎えに来なさいよ。

で、総仕上げのブラッシング。

かなりのホワンホワン
『ホワンホワン』
これ、気持ちいいかもw

ママは「わぁ、いいにおい」って言ってました。
そういえばボク、夕方に帰ってきてから、あんまり掻いてないかも。
茶々丸くんのママさん、いいこと教えてくれてありがとう!
猿親父が無駄遣いしなかったら、また連れてってもらえるかなぁ。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

あの親父、いつまで首ひねってんだろ・・・。

 

≫ Read More

| おでかけ | 23:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

師弟

夏休み突入のチーム昭和。
宿題やら自由研究やら、いろいろ抱えてる小学生。

ま、ね。

今のうちに、たくさん考えることだ。
今のうちに、たくさん悩んで、痛い目にあって、よくよく頭を使うことだ。
その柔らかいスポンジは、いくらでも新しい水を吸収してくれる。

年がいくと、そうはいかない。
なかなか新しいことが、スッと頭に入ってこない。
そのくせ、入っていたことはスルッと出て行ってしまう。

例1:職場にて
別のフロアに行ったはずの先輩が、すぐに戻ってきた。
その当時、職場を引っ張る立場にあった、どちらかというとエリートさん。

私「あれ?どうしたんですか」
先輩「ん?俺、どうしたんだっけ?」

こうなると、もはや日本人同士の会話ではない。
先輩は別のフロアに用事があった。
行く途中で用事を忘れたので、とりあえず、戻ってきた。
私に「どうしたんですか(こんなに早く)」と聞かれたが、
戻ってきた理由も忘れちゃった、と。
実に哀しい話だ。



例2:読書中
登場人物の名前が、とにかく憶えられない。海外の話なんかだと、なおさらだ。
「ん?このジョージって誰?」
数ページさかのぼりながら・・・
「ああ、なるほどね。あの時の大男か・・・」
また元のページに戻り、読み進む。
「ん?このジェニファーってのは・・・」
また、数ページさかのぼりつつ・・・
「ああ、ジョージの姉ね・・・で、ジョージって誰?
エンドレス。


若いうち、たくさんの知識や技に触れることだ。
若いうち、たくさんの人に会うことだ。

 


 

前回のキャンプ
テント諸々の撤収も完了。でも、もう少し遊びたい。
と、いうわけで…
茶々坊はいつも元気だねぇ
『いつも元気な茶々坊』
ディスク犬たち、それはそれは元気に遊んでおりました。
茶々坊だけでなく、茶々丸も恋々ちんも、そして虎士郎も!
虎士郎パパのスローがまたいい
『期待の新人』
虎士郎、すごいのよん。デビューも近いんじゃなかろうか。
そして、今回はなんといってもボーダーコリーのアトム!

・・・

・・・

・・・

・・・

あ、写真がない!(←またかよTT)

もうね、とにかくかわいいの。
クレートから出てくると、ちょこんと挨拶に来るの。
で、このアトムのパパさんが、またものすごい人で、とにかくストイックなんですな。
じっくりと考え、自分の理論をもって、それを実践する方なんですよ。
ディスクの投げ方も、つかみ方から足の位置まで理詰めなんです。
実は、今までも、何度かディスクの投げ方を教えていただいていた私。
この日は、昭和1号も教えていただいたのですが・・・、
ビューンって
『成長する子』
あっという間に抜かれる父w
アトムパパさんも、熱心に教えてくださり、どんどん進化する小学生。
とにかく、ディスクがぶれないんです。
こうなると、そりゃ、おもしろいよね。
1号と茶々坊
『1号と茶々坊』
延々と、ディスクを投げ続ける1号と、さらに指導をしてくださるアトムパパ。
青岑ママも加わり、練習が続きました。
(もはや私では相手にならんのでTT)

何かを知るということ。
何かを見つけるということ。
昭和1号にとっては、特別なキャンプになったようです。
1号よ、師匠のアトムパパに感謝するのだぞ。
アトムパパさん、本当にありがとうございました。
でも、ウチではボーダーコリーは無理っスw

さて、この方。
2号さん、1年生。
『2号、1年生』
いや、もちろんディスクじゃなくてね。
私、知らなかったんですが、この方、なんと前日のパン作りに関わっていたのです。
ちょうど、私たちが宴の買出しに出かけていた頃、
けみこさんのパン教室が開かれていたんですが、
その際に、思いっきり「コネリング」に参加したらしいのです。
パル母が言うには「私よりもこねていた」そうです。
そして、パン完成。
けみこ先生から、弟子3号の称号を授かったとのこと。
ここでも新しい師弟関係が生まれていたんですな。
けみこ師匠、パル母共々、娘もお願いいたします。

・・・

んじゃ、成長してないのはパパだけだ。

な、なにを!んじゃ、パァ、お前はどうなんだよっ!

ボク?ボクは、ほら・・・
9月、出る?
『レトリーブ中』

どう、パパ。

・・・ま、参りました。

| 雑記 | 19:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプvol.2

いやぁ、7月は遊んだ、遊んだ・・・

パパ・・・

ん?なんだ、パァ。

「パル」じゃ!

い、いや、ウチの中では、ほとんど「パァ」だしさ・・・

・・・ま、いいけど。それよりさ、もう8月よ。アップしないの?

・・・え?

・・・(やっぱり、気づいてなかったか)

・・・

・・・(い、いや、何とか言えよ)

・・・

・・・(お、おいってば!)

・・・(さめざめ

泣くなよ・・・

 


 

そうですか、もう8月ですか。夏、真っ盛りですな。
ついつい、アップもおろそかになろうというもの。
あっはっは。
ごめんなさい。

・・・というわけで、ちょい前のお話。

土日と言えば出かけていた7月のtamakenさんち。
ラストの土日は、またもやキャンプでした。
上火を使って・・・
『今回は上火も』
場所はですね・・・キャンプ場ではないんです。
もちろん利用料を払うし
、ゴミの処理なんかも自分でするんですが、
多分に、オーナーさんのご好意に甘えちゃう様相。
「ま、ここらへん、好きに使って」
「炭、あるから使ってよ」
「このテーブルの上にタープ張っちゃえばいいよ」
「あ、ビールあるわ、飲んで、飲んで」
「グリルも、これ使えばいいよ」
「向こうに冷蔵庫もあるし」
「投光器もつけてみたよ」
「夜も水銀灯点けっぱなしでいいから」

あげくに・・・
「メロンとスイカ、どう?」

本当に本当にありがとうございました。

それでですね、メンバーが、もう、ものすごいことになっておりまして・・・。
日帰り組も含めると、
大人15人、小学生2人(ま、チーム昭和です)、お犬様14匹。
もう、なんていうか、ここまでくると町内会のお祭りみたいw

ある程度の人数が集まり始めたのが15時頃。
あちこちでテントを張り始める人たち。
あれですね、やっぱり段々手早くなるモンですね。
おりゃ!
『テント村』
「今回、初!」と仰っていたアトムパパさんのテント張りを、
訳知り顔で「ここはこうです」なぁんて偉そうに言いながら手伝えるぐらいには上達しました。

ちょい遊んだり、買出しに行ったり、下準備をしたりして、
さぁ、いよいよ、宴の開始です。
テツさん、さんきゅー!
『ダッチ、上火』
なにせ、人数がものすごい。
どんどん食材が平らげられていきます。
ビールやら、酎ハイやら、けみ族特製の梅酢やら・・・。
今回もすっかり焼き方の茶々丸家テツさん。
スモークに取りかかる茶々恋々一家の茶ぱさん。
んで、私は・・・
ゴッキュゴキュと飲んでましたw
い、いや、私も大任があったのですよ。
このダッチの上火。
これはパンを焼くための上火なんです。
けみ族酋長、けみこさんのパン教室が開催され、
「ダッチで焼いてみよう!」ということになったのです。
私のと茶ぱさんのと、ダッチ二段構え。
結果は大成功!それはそれは美味しいパンの出来上がり。
ただし、この人数です。あっという間になくなってしまいました。

キャンプ場ではない山の中。だぁれもいない山の中。
いいだけ騒いで、夜もふけた頃、お開きとなりました。
いやぁ、夜の
山の中って、いろんな音がするモンですな。
真っ暗の森の向こう側から聞こえてくる奇怪な鳴き声を聞きながら、
眠りにつきました。

・・・

翌朝・・・
さ、寒いぞ。霧雨降ってるし。
朝ごはんは、前回同様キムチチャーハン。
今回は余った肉をテツさんが焼き、焼肉キムチチャーハン。
んー、ヘビーだけどキャンプなら食べられるんだよね。

ふと、思いついて茶ぱさんからスモークチップをもらい、
スモークウインナーに挑戦。
なんとなく「これでいいのかな」って感じで完成。
スモークもおもしろいね。

結局この日、朝の寒さが嘘のように、その後天気は猛回復。
暑すぎるってぐらいに気温も上昇。どピーカンになりました。
暑かった・・・
『暑いと笑顔に見えますな』
昼過ぎまで、お犬様達と遊んで、解散。
いやぁ、実に楽しい・・・そして実にぜいたくなキャンプでした。
そして、チーム昭和にとっても、ステップアップのキャンプとなりました。
(チーム昭和のステップアップ
については次回!)
みなさん、また、遊びましょうね!

・・・

んで、パパ、今回の写真は・・・。

ん?実は初日は1枚も・・・。

またかよ、おっさん!

| おでかけ | 18:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。