2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おいでませ北海道

気がつけば、このブログを始めてから、早いもので三年も経っちゃってます。
改めて読み返してみれば、その年その年で特徴がありますなぁ。
耳洗浄中
『マラセチア退治中』

(感慨にふけりながら)お前も小さかったなぁ

パパも、もうちょっとやせてたよね。

・・・

・・・

ほ、ほら、お前、耳なんかもまだ短くてパツンパツンでさ・・・

そうそう、パパも車を運転するのにお腹つかえたりしなかったよね、あの頃・・・

・・・

・・・

てめぇ、表、出ろ!

おう、上等だ、このクソオヤジ!


なぁんて、ウィットに富んだ楽しい会話を繰り返して、もう三年。
でもね、ホント、パルたろには感謝しているんですよ。
いろんな方々との出会いをもらいましたからね。

パルたろと出会って、ブログを始めた2006年。
膝やら心臓やらでいろんな方々に励まされた最初の年。
ネット上にも、こんなに優しい言葉があるんだと、ちょっと驚かされました。

2007年。
茶々恋々一家をはじめ、たくさんの出会い。一気に気持ちが外に向かっていった年。
キャンプスタートもカメラスタートもこの年。自分の変化に驚いた年でした。

2008年。
ホップの次のステップの年でした。
ダッチを買って、さらにキャンプにのめりこんで・・・。
どんどん遊びに忙しくなっていきました。
そしてブログは失速、とw

で、2009年。
さらにブログは失速、とw


パパ、何が言いたいの?

へ?あ、そうそう、すっかり本題から外れちゃった。

あはは、やだなぁ、パパ。すっかりボケちゃって。

あはは・・・

しかもすっかり太っちゃって。

あ、あは・・・

・・・

・・・(怒

・・・(ニヤリ

よぉし、てめぇの耳ブンブン振り回して
パピヨンにしてやるぞ!


おぉ、じゃ、その腹の肉かみちぎって
スリムにしてやるよ!


なぁんて、ペーソスを効かせながら楽しい会話を・・・

パパ、もういいって。

そ、そうだね。

 


 

夏の北海道。
観光のメッカなんでしょうけど、生粋の道産子としては、正直よくわからない。
むしろ、本州の方々の旅行記を読んで、ほぉ・・・と感心することしきり。
いつも読んでいたあるブログで、
「北海道に行きます!」という記述を見て、「じゃ、ぜひ遊びましょう!」となり、
「スケジュールは・・・」「それだったら・・・」というメールのやり取りがあり、
なんだかトントン拍子で、とうとう会えたこのカワイコちゃんたち。
苺ジャムちゃん
『苺ジャムちゃん、いらっしゃい!』
2007年、キャンプを始めた年にコメントをいただいたなごむさん。
へぇ・・・とのぞいたそのブログ。
まずビックリしたのが写真の美しさでした。
そして、華麗なるキャンプグッズの数々。
でもその時、何よりも目を引いたのは、苺ちゃんの笑顔。
苺ちゃんの身に起こったことは、直接なごむさんの記述をお読みください。
できれば以前のブログから順番に。
改めて読み返して、またウルウルしちゃう。
そしてそんな苺ちゃんのハイパーな妹、ジャムちゃん。
も、ね、とにかくかわいいの。

今回、道北を中心にキャンプと車中泊をしながら回るという苺ジャム家。
じゃ、その後半、ウチでゆっくり休んでくださいな、という誘い水。
運転役のダイスケさん、実質一日で千葉県から旭川まで移動してるんだもん、すごいって。

13日、ジョイフルで待ち合わせ。
あいさつもそこそこに、我が家へ。
こういう時、ホント、カメラ根性のない私。パル母が目で言ってますよ「カメラ!」と。

一方、
茶ぱ師匠、えらい!
『苺ちゃんとパルたろと』
この日からお盆休みだった茶ぱ師匠
ひたすらボールで遊ぶジャムちゃんを激写中。
天気もパッとせず、なかなかキャンプインできない今年の茶々恋々一家
「遊ぼう!」ということで我が家にご招待。

ボール大好きっ子のジャムちゃん。
「はよ、よこせ!」とばかりに見上げます。
ジャムちゃん遊ぶの大好き!
『ジャムちゃん、遊びたい!』

一方、腑に落ちないのはこのお方。
茶々、欲求不満
『茶坊、ガジィと闘う』
茶ぱ師匠がお休み→おでかけ→やった、ディスクだ!
と、いうのが茶坊の論法。
なのに、ディスクは出来ないわ、このガジィってヤツは転がしてもオヤツ出てこないわ・・・。

恋々姫は・・・
あ、写真ないTT
いや、 ホントはあったんですけどね、ぶれて全滅TT

苺ちゃんは、まったり。
きょとん
『苺ちゃん、きょとん』
おじさん、この瞳にやられるの。

晩御飯はかねひろのジンギスカン。そしてお手軽サーモン丼。
ま、ま、お客さんは座って・・・
ええと、あ、茶ぱさん、ごめんね、焼いてもらっちゃって・・・。
すっかり焼き役を茶々恋々一家にお願いし、では、私はビールを・・・

どういうつもりだ、私?

ワンコたちもご飯タイム。
はい、ジャムちゃんに・・・
なんですか君達は
『並ぶ子たち』
ちなみに、向こう側にいるのがジャムちゃん。
こちら側は左からパルたろ、苺ちゃん、茶坊、恋々ちん。
しっぽが高速回転中。

ここまでの行程や北海道の印象、富士山のすばらしさなど、
おもしろい話をたくさん聞かせてもらいました。
特に、函館青森間のフェリーの話は、
いつか本州遠征を目論んでいる我が家にとってありがたい情報でした。

日付が変わる頃、茶々恋々一家、帰宅。
今度こそ、キャンプで会いたいね。次は8月末かなぁ。

その後も話し続け、結局就寝は午前2時頃。
ダイスケさんもなごむさんも、ホント、タフだわ。


翌朝。
リラックス中の苺ちゃん
『苺ちゃんリラックス』

ジャムちゃん一休み
『ジャムちゃんマッタ~リ』

遅い朝食を済ませ、とうとうお別れ。
この日の深夜にまた津軽海峡をわたるとのこと。

また再会を約して記念の集合写真。
サイズがw
『サイズはS・M・Lとなっております』
パルたろ、でかいですね・・・w

ダイスケさん、なごむさん、楽しい二日間をありがとうございました。
絡めないパルたろですが、これに懲りず、またぜひいらしてくださいね。
その時にまた、苺ちゃんとジャムちゃんの元気な笑顔が見られることを信じています。



《業務連絡》
茶ぱ師匠へ
すいません、初日の集合写真、いただけませんかTT



げっ・・・パパ、また撮ってなかったのかよ・・・

≫ Read More

スポンサーサイト

| 雑記 | 15:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり東大沼

8月4日。
函館からの帰り道、ぶらりと大沼へ。

いやぁ、正直に言えば「ぶらり」じゃないですよ。
だって車の中の荷物は、函館帰省用よりも圧倒的にこちら用のほうが多いんですから。
テント、タープ、寝袋、クーラー、ランタン、焚き火台、ツーバーナー…。
さ、さ、キャンプ第3弾!念願の東大沼キャンプ場の巻!
天気はあいにく
『東大沼にキャンプイン』
キャンプ場ガイドを見ても「とにかく一度行くべきだ」と書いてある。
そうかそうか、そんなにいいか。
しかし、ウチのキャンプ場選びの基準は、ただ一つ。
ワンコOKのとこ。
実はこちら、去年までワンコNGだったらしいのです。
(少なくともガイドブックにはNGと書いてあった)
ふぅん、じゃいいや…と思っていたのですが、2009年度版にはOKとの記述。
実家のある函館からは1時間弱。
札幌からは辛くても、函館からならば「行こう」と思えばかなり楽勝な射程距離。
それならば!ということで、函館帰省のスケジュールに大沼キャンプを入れていたのです。

こちら、利用料は無料。その代わりシーズン中は激混み。
平日とはいえ夏休み期間。
どうなんだべなぁ…と思いながら、昼ちょい前に現地到着。
思ってたよりも空いていた場内。
んじゃ、てことで木陰、炊事場&トイレ近く、湖畔という条件を満たしたところに張りました。
サイトど真ん中
『湖に臨んで』
このときの空はとんでもないほどのピーカン。あっという間に汗だくです。
こういう時、木陰のありがたみがよくわかりますね。

今回、パル母の野望はコットで寝ること。
今年度も細々としたキャンプモノを買い込んでいたパル家。
ただご希望のコットは「時期尚早」との理由で辞退していたパル母。
それがたまたま函館で実家の近くのホームセンターに行ったところ、限定大安売り。
そりゃ買っちゃうよね。パル母ご満悦です。
いいねぇ
『こりゃ気持ちいいよ』
設営を終了して、昼のパン(函館で買っておいた)を食べた後、
ほとんどパルたろ爺ちゃんと寝てたパル母至福の時間でした。

チーム昭和は延々と水遊び。
働きアリ
『よく働くアリ』
なんだかわからないのですが、ご神体のように石を積み上げ(写真中央部)、
砂団子を延々と、そして黙々と作り続けるチーム昭和。
なんとなく怖くて「それなに?」とか聞けない父。
その父も、湖に向かってイスに座り、ビールを一缶空けたら、なんだかウトウト。

とにかくまったりとした時間が過ぎていく大沼湖畔。

そのうち、だんだん崩れ始める空模様。
雨が降る感じはないんだけど、ガスが出てきた湖畔。
早速炭を熾して焼肉開始。ツーバーナーは飯ごうで炊飯。
今回、ダッチは使わない方向で。
シンプルにシンプルに。

どんどんきつくなる霧。
あれですね、霧って水分なんですね。
三脚で撮ろうと思ってしばらく外に置いておいたカメラが、この有り様。
じゃどうすればいいのさ
『曇っちゃってさ…』
こうならないようにするためには…外に置きっぱなしだったのが、まずかったのかい?

結局ビールが効いてきて朦朧とし始めた父を、
2号が叱咤しながらUNO三本勝負をして、この日はお開き。


翌朝、小雨。7時起床の私。酔いは醒めておりました。
一方でグッタリ気味のパル母。聞くと「カラスが…」。
昨日、我が家を癒してくれた木陰。
その木にカラスが…というよりもサイト全体の木に結構な数のカラスが…。
ゴミを荒らされたわけではないのですが(そもそもゴミはスクリーンタープ内に片付けたし)
あの鳴き声にやられてしまったパル母。

あ、湖の水の音が聞こえる…「カアアァァァァァァァァァ!」
ん、遠くで汽車の通る音が…「カアアァァァァァァァァァ!」

こんな感じでとにかくカラスがうるさくて…とパル母。

キャンプ場の印象ってのは、なかなか難しいものです。
トイレもビックリするぐらいキレイ。
炊事場もキレイで使い勝手もよし。
景色も、天気がよければ最高だったでしょう(夕焼けが見たかったTT)。
それでいて無料。
すばらしい条件は揃っているのに、残る印象は「カラスの大沼」。
実に残念な話。

冷凍チャーハンで朝食を済ませ、昼ころに撤収。
大沼団子をほおばり、グリーンピア大沼で温泉に入り、一路、札幌へと帰りました。
キャンプ後の温泉は、実に気持ちいいですなぁ。
今回、痛感いたしましたよ。


東大沼キャンプ場。
ぜひ、またリベンジしたいなぁ。
できれば夕焼けがきれいで、カラスがおとなしい時期にね。

| おでかけ | 02:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パルの体調

「ぶらり」シリーズを一時中断。
現在のパルたろの健康状態についての備忘録です。

≫ Read More

| 健康 | 00:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり函館

はいはい、サクサクと写真の整理を進めていきますよ。
我ながら驚きの更新ペース。
やれば出来るな、おっさん。

8月1日、これまたピーカンの土曜日。
昨日の「ぶらり道央の旅」の疲れも癒えぬまま、tamakenさん、午前中休日出勤。
38℃の仕事現場でいい汗かいて、おかしなテンションで帰宅。
あれですね、暑さは人をラテンにしますね。

この日、函館に帰省予定の我が家。
夕方から近所の祭りに昭和1号が参加するため、出発は夜。
みこしだわっしょい
『みこしだわっしょい』
とりあえず1号の出番まで露店をひやかしにでかける私と昭和2号。

さてと、2号、なんか食べよっか?

「金魚すくいがしてみたい」

んー、いやいやいや、金魚はな、ま、な…あ、綿あめは?

「いらない。金魚すくいがしたい」

おいおい、生き物は…いいのか?なんか食べるものとか…

「何もいらない。金魚すくいがしたい」

結局、祭りの帰り道、パル母はホームセンターまで飼育セットを買いに行く羽目になりました。
恐るべし、2号。
というより、しっかりしろよオヤジ。

なんだかんだで出発は午後7時半過ぎ。
今回、珍しく高速を利用することにしたパル家。
なにせ、普段であれば、札幌からの高速利用料は5000円。
そのうえ八雲までしか開通しておらず、しかも我が家からは一般道よりも40kmほど遠回り。
なんか、ひとっつもいいことないのね。

しかぁし!
この日は土曜日。そう、ETCムチャ割引の日。
7月の3連休、幻に終わった朱鞠内キャンプのために導入したETC。
せっかくだもん、使いたい。
と、いうわけで、いちいちゲートで鳴る「キンコーン」に感嘆の声をあげながら、
一路、函館へ。

4時間足らずで到着。いや、やっぱ早いわ、高速。

翌日から1号の自由研究の資料集めに。
懐かしいねぇ
『ここでタバコすってたなぁ…』

この近所に住んでたなぁ
『ここに犬の散歩に来てたなぁ…』

ここはたぶん初めてかな
『ここはお初のはず』
今年の1号の自由研究のテーマは「土方歳三」なんだそうです。
きっかけがPS2の「剣豪3」だとは言いづらいよね、やっぱり。

資料集めの間にちょっとした観光も。
函館山ですね
『毎度おなじみ』
毎回、行ってますねw
函館山です。
本当は時間があれば、ここの登山道を歩いて登りたかったんですけどね。
子供の頃に遠足で行った「千畳敷」にもう一度行ってみたいんです。
かつて軍事要塞だった歴史を持つ函館山。
「千畳敷」にはその軍事基地の跡があった…というおぼろげな記憶。
合ってる?教えて、おじいさん。

ま、今回は…というよりも、今回も車でビューンと。
頂上でパルたろを散歩させてると、向こうから「キャバちゃんだ!」の声。
しばらくすると、二人の子供が走ってきて「さわらせてもらってもいいですか?」
それはそれはかわいがってくれました。
お話を伺うと、千葉からいらしたご家族で、昨年までキャバを飼っていたとのこと。
お姉ちゃんは自由研究に使いたいとのことで、パルたろの写真をパチリ。
弟クンは撫でながら、途中から、昔飼ってたキャバちゃんの名前を呼んでたな…。
なんだかちょっと胸にグッとくる出会いでした。

実家のモモさんは、なぜだかいつもよりも親密度アップ。
モモさん
『モモさん』
何をとち狂ったか、初日の夜、私たちの寝室に来て、そのまま朝まで一緒に寝てました。
パルたろがすぐそこにいるのにです。
お互いに距離を保つ二匹がなんとなく近くで寝てる姿が、おもしろかったですねぇ。
ふと、多頭…い、いやいや、いかんいかん!

結局、4日の朝、実家を出発するまで付かず離れずの二匹でした。
ここが実家での定位置
『落ち着くパルたろ』

8月4日、火曜日。
さて、そろそろ札幌に帰ろうか。
いつもだったら、チンタラしながらもまっすぐ札幌まで帰るんですが、
今回はちょっと寄り道を予定。
その寄り道の模様は、また次回に。

| おでかけ | 01:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶらり道央

ぶらりと道南へ旅立って、昨日(8月5日)帰宅。
さて、たまった写真を整理しましょうかね。
そうしないと、またあっという間に一ヶ月くらい経っちゃうからね。

7月31日、晴れ。
車移動の際の定位置
『パルたろ、定位置』
クレートに納まったパルたろさん。
ドライブの時の定位置ですな。

ずっとぐずついた空が続いた7月の北海道。
ようやく夏らしい太陽がやって来ました。
よし、遠出するべ!

向かった先は富良野。
毎年、なんとなぁく定期的に行ってますねぇ。
我が家の場合、いつも「ココ!」っていう目的地はないんです。
何かと話題のものや流行りのものがあるみたいなんですが、
「そういえばテレビで見た」とか「なんか雑誌に載ってたなぁ」程度の記憶をもとに、
「ま、見つかればいいか」ぐらいの気持ちで行ってます。

で、今回はこちら。
森の中
『昭和1号撮影』
新富良野プリンスホテルの中にある、なんとかという森です。

行きの車の中で、とりあえずどこに行くかという話をしているうちに、
毎回、なんとなく決まる目的地。
今回は、富良野プリンスのどっちか(富良野にはプリンスホテルが二つあるんです)にある、
ドラマに出てきた「風のガーデン」を見てみたいというパル母の意見が採用されました。
で、なんとなく着いてみたら、有料。当然のごとくワンコNG。
「俺、パルと待ってるわ(←興味まるでなし)」。
チーム昭和もさほど興味示さず。
するとパル母「私も一人で行くほど見たいって感じでもないし」

まぁ、たいがい我が家はこんな感じですw
「なんとなく」と「なんとか」が多すぎ。

「風のガーデン」横にあった森の小道が、日陰で気持ち良さそうだったのでお散歩。
ひんやりでした
『で、ここ、なんて言うの?』
きっとここもちゃんとした名前があるんだろうね。

さて、お次はこちら。
こういう景色が好きだ
『広角大好き』
「なんか麓郷の奥のほうに展望台があるんだって」というパル母の情報をもとに、
なぜかいいだけ麓郷の奥にあるアンパンマンショップを抜けてさらに奥へ。
この道でいいのか?バイキンマン
『山奥のバイキンマン』
バイキンマンの笑顔を信じて、細い砂利道を上がっていくと、ふと目の前が開けます。
とにかくいい空だ
『空が広いのです』
広い空の下、富良野市が見渡せます。振り返れば大雪山系。とにかく絶景でした。
バイキンマンよ、ありがとう。
平日ということもあって観光客もほとんどおらず、景色を独り占め状態。
さらにここでは、とっくに終わったと思っていたラベンダーが花盛りでした。
そうそう、人がほとんどいないのをいいことに、
初めて三脚を使ってセルフタイマーで家族写真を撮ってみました。
うん、三脚は車に積んどこう。

いい景色でお腹いっぱいになったので、
一路、ラベンダー園へ。
もちろん、お目当ては本物のラベンダーではなく、
君のはないのだよ
『もらえないよ』
「ラベンダーっぽいおやつ」を求めてファーム富田へ。
い、いや、もちろん本物も大好きですよ。
今回、枕に入れる香袋みたいなものをご購入。
さ、さ、じゃぁアイスアイス、とw
チーム昭和はラベンダーラムネ。
私は、誰がなんと言おうとラベンダーアイスが美味しいと思います。
だからもらえないって
『だからもらえないって』

さて、そろそろ夕刻。
次は私の意見で「青い池」へ。
ここ、実は苺ジャムちゃんちのなごむさんに教えていただいたポイント。
む、むずい…TT
『む、むずいTT』
自分の限界を感じる一枚ですな。
こういうのがきれいに撮れるようになりたいなぁ。
ここも、きっと見る時間帯で、景色が変わるんでしょうね。

さて、本日の大トリ。
毎度おなじみ、美瑛の丘。
いいねぇ
『なだらか』
いつ見てもいいですね。
最近は美瑛に着く頃には夕方になってるパターンが多いので、
夕景の丘ばかり見てますが、朝もいいんだよねぇ、ここ。
ちなみに手前のこんもりした緑はアスパラ畑です。
丘の向こう
『なんとなくだけど』
毎回「なんとなく」行っている富良野と美瑛。
ま、我が家の場合「なんとなく」がいいのかもね。
十分、堪能しちゃってるし。

今年中に、きっとまた行くんだろうなぁ。
だってパル母、カレンダー買いそびれたしw
(売店は午後5時まででした…)

| おでかけ | 01:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霧の中

20090805084858
大沼、ガスってます。

| モブログ | 08:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大沼にて

20090804153144
キャンプイン!

| モブログ | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

函館山にて

20090803160033
千葉からいらしたご家族に、
えらい可愛がっていただいちゃいました。
パルたろさん、
お姉ちゃんの自由研究に使っていただけるそうです。

| モブログ | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご飯まだ?

20090802183422
函館に来たって腹はへるさ。

| モブログ | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。