2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朱鞠内二日目

明け方。
「ぬおっ!」と思わず口に出るぐらいの寒さと、
ブォォォォンとサイトの横を通り抜けた車の音で、一旦、目覚めた私。
テントの外は明るそう・・・でも寒い・・・そして眠い・・・パトラッシュ・・・

いびきかいて寝てるぞ、うちのパトラッシュ。

茶ぱ師匠ちゃひま母さんは夜明けの朱鞠内を撮っていたらしい。
え、私・・・?

・・・

・・・

おはようございます。おや、もう7時半ですね。
寒いねぇなんて言いながら、テントから出ると、気持ちの良い青空。
きもちよし!
『快晴!』
置きぬけは、ちゃひま家テツさんのピラフで。
それにしても寒いわ。こんだけ晴れてるのにね。
ちゃひま
『毛布に包まって』
ワンコたちも心なしか寒そう。

恋々ちん抱っこ
『恋々ちんも抱っこで』

こちらは頑丈組。
岑は今日も岑だった
『岑さん、元気ですな』

さらに、
茶坊参上!
『鉄犬、茶々』
なんとこの方、この日、湖に入ったそうです。
さすがジャイアン、ガキ大将。

一方、同じ茶白組にもかかわらず寒さで震えてるパルたろさん。
そうか、寒いか
『冬眠から覚めた犬』
はいはい、陽のあたる場所に行きましょうか。
朱鞠内湖は今日も美しい
『朱鞠内湖は今日も美しい』

人造湖だからなのか、オブジェのような木があちこちに点在します。
なんででしょ?
『バカな男の子は、こういうものにすぐ足をかけます』
ええ、かつて私もそうでしたw
あ、そうそう湖畔で、気持ち悪い生き物(?)発見(あまりにキモイんで写真なし)。
カエルの卵みたいな、アメーバみたいなヤツ。
とりあえず、その場では「シュッシーだ・・・」 という結論になったのですが、
帰宅後調べてみると、カンテンコケムシとかいう生き物らしいです。
あまりオススメしませんが、どうしても興味のある方はこちらへ。

今回のキャンプは二泊。
空を流れる雲のように、のんびりと時間は流れていきます。
各々、好きなように時間を過ごします。
茶まさんパン作り
『茶まさん、パンを作るの図』
なにせ寒いので、発酵に苦労しながらもバッチリ焼き上げましたよ。
飲んでるだけじゃないのよ
『ウィンナーを巻いてみました』
キャンプでパン。うーん、いい響きですね。

前日、チョイと竿を出した茶ぱ師匠。
そして来る途中、士別のホーマックで長靴含めて一式そろえたテツさん。
いざ!
いやぁ楽しそうだ
『実に楽しそうだ』
うーん、やっぱり、釣り、楽しそうだな。

その頃のチーム昭和。
何でも遊べるらしい
『影遊びに興じる』
安上がりな子たちですw

陽にあたって、チョイと身体を温めて、昼飯は焼肉丼。
どこまでも食える私たち
『これがまたうまかった』

チーム青岑はここでお別れ。またゆっくり遊ぼうぜぃ!
てか、10月の定例会あるんで、そのつもりでw

さらに夜の宴会に備えて、買出し部隊も出発。
道すがら温泉にも入ろう!となったんですが、
寒さで風邪ひく自信が満々だったので、我が家はパス。
お留守番部隊とさせてもらいました。

その間に、私、バラ肉のスモークを。
うーん
『うーん』
結果は・・・うーん、もうちょっと修行が必要ですね。
塩コショウをもっと。
スモークも、もっと。

陽が暮れ始めます。
いろいろな色を見せてくれます
『朱鞠内の夕暮れ』
3日間、朱鞠内湖は本当にいろんな色を見せてくれました。

買出し部隊が帰ってきて、宴がスタート。
今日のメニューは、ちゃひま家の豚汁、茶ぱ師匠の豚ひれのトマト煮。
あれ?テツさんがダッチでご飯炊いたのってこの時だっけ?
とにかくあったまろうぜメニュー。
どんどん冷え込む朱鞠内。
そして・・・なんだか病みだした私のアバラ。
いやぁ、寒かったからねぇ。
帰宅後に調べてみたら、なんと1度だったそうで。
しかも夜中には、とうとう氷点下にまでなったそうです。

食べて飲んでしゃべって・・・。
実においしく、実に楽しい時間が過ぎていきます。
そのうち、なにやら茶ぱ師匠がガサゴソと・・・。

「何してんの?」

「ケーキつくんの」


マジ?


極寒の朱鞠内でメレンゲを泡立てる人たち。
なかなか泡立たないので、交代しながら奮闘するパティシエのみなさん。
そのうち、なぜだかおかしなステップまで踏み出したパティシエのみなさん。

やめてくれ、笑いすぎてアバラ痛いってば。

世もふけるにつれ、本格的に寒さが身にしみてきました。
とりあえず、ケーキを焼くのは明日にしようということで、宴はお開き。

昨日と同じように歯を磨いた帰り道。
やった!とうとう流れ星発見!

明日もきっといい天気だぞぉ。

スポンサーサイト

| おでかけ | 00:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パルが吐く

朱鞠内レポート、ちょいと置いときまして。

つい先日、26日土曜日のことです。
パルが吐きました。
正確には25日金曜の夜に一度吐き、翌土曜日の午前中には、都合四度。

犬はよく吐くから・・・とは言うものの、やはり心配になるわけで。

実はパルたろさん、ここ最近、結構な量の薬を服用しておりました。
朱鞠内から帰ってきて、連休の最終日に秘密結社を受診。
例の耳の球菌はほとんど見られなくなったそうです。
一応、一週間、抗生剤と胃薬、点耳薬は続けましょうとのこと。
この他にも心臓用のバソトップとカイカイ用のステロイド。

吐くのは、ひょっとすると、この抗生剤のせいではないかとパル母。
秘密結社に電話して、疑いがないわけではないので投薬を中止してもよいことを確認。

まぁ、この日は絶食です。
食べ物しか興味がない奴なのにね。
おすまし
『おすまし』
パパ、ボク、かじるのも好きだよ。

いや、それかじって遊ぶもんじゃないから。

翌日はお湯でふやかしたフードで様子見。
今現在は落ち着いているパルたろさん。

まぁ、いろいろあるわよ、ホントに。

あ、そうそう検査の結果も出てました。

≫ Read More

| 健康 | 21:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朱鞠内初日

だぁっはっはっはっはっはっは!

パ、パパ・・・?

だぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!

パ、パパってば・・・はっ!

食べたの?
『1UPはしないと思う』
ま、まさかパパ、これを食べ・・・

食べるか!

だってアホみたいに笑ってたし、アホみたいにいつまでもUPしないし。

アホは余計だ。
あのな、これはようやく仕事も片付いたぞ、という大人の高笑いだ。


ふぅん。じゃ、またまた忙しくて今までUPできなかった、と。

ま、そういうことですんで、ひとつ、ご勘弁願おうか。

(なんか偉そう・・・)いっそ、あのキノコ食べちゃえばよかったのに。

なしてさ。

あれ食べたら、1回、ブログをUPしてくれるんでしょ。

い、いや、だから、あれは1UPキノコじゃないって。
下手したら即ゲームオーバーだし。


ま、そもそもUPの意味も違いますけどっ!みたいな。

・・・お前、なんかうっとうしいな・・・。

 


 


9月、シルバーウィーク・・・

・・・

・・・

・・・

なんか、この言い方もうっとうしいな。
いいや、「秋の5連休」で。

連休直前、締め切り仕事に追われまくり、挙句の果てにアバラにヒビ入れた私。
しかし、「なんとしても遊ぶぞ!」という執念と
「ま、いいや、後で」というぶっちゃけ方で、
仕事にもケリをつけ(←ついてないだろ)、無事、5連休に突入しました。

そうです。この5連休はなんとしてでも遊びたかったのです。
いや、はっきり言いましょう。
なんとしてでも、ここに来たかったのです!
ようやく来たぜ朱鞠内!
『朱鞠内湖』
キャンプを始めてから今年で3年目の我が家。
そもそものきっかけを作ってくれたのが茶々恋々家
その茶々恋々家のベストサイトが、この朱鞠内湖なのです。

茶ぱ師匠 (茶まさんかも)は言いました。
「カナダみたいだよ、行ったことないけど」

それから「行きたいねぇ、行きたいねぇ」と、ずっと夢見てきたわけです。
しかし、なかなか都合がつかず。
そもそも私、道北って行ったことないんです。
移動距離を考えれば、なかなか気軽には足が向きませんでした。

そして今年の7月、3連休。
いつものメンバーで「よし、行こう!」と勢い込んだものの、あえなく雨天撃沈
やっぱり縁がないのかな・・・と、ちょっと弱気にもなっていました。
8月の快楽キャンプの際に「次はいよいよ朱鞠内へ!」とは言ったものの、
朱鞠内湖のある幌加内町は、知る人ぞ知る日本最寒の町。
「秋は寒いしね・・・」と、なんとなくトーンダウン。

ただね。
やっぱり行きたい朱鞠内。
行こうと思えば、行けるさ!寒けりゃ着込めばいいんだしさ!
アバラにヒビが入った頃から、なんだか妙に勢いづいちゃった私w
ケガしてんのに行くんだ、どうせなら一番行きたいところに行きたい!

そして・・・
9月19日(土)。
一路、道央道比布大雪PAに向かう我が家。
旭川を越えると、さすがにちょっとドキドキしますね。
今回ご一緒は・・・いつものメンバーですともさ。
茶々恋々家、ちゃひま家、そしてチーム青岑(今回は岑のみ)。
PAでご挨拶。そのまま終点の士別剣淵まで。ビバ高速1000円!
士別のマックスバリュでお買い物。
はい、ウコンウコン・・・。おっ、6個で1000円だってさ、茶まさんw

なんか怪しい空模様。
そのうち、ざぁっと降り出しました。
まぁ、今さら止められないぜ、俺たちを!
こんな雨ぐらいじゃ・・・こんな・・・

雨、ずいぶん降るねw

ま、大丈夫でしょ。
ちょいとウンザリしながら、さぁ、いよいよ朱鞠内へ。
案の定、すぐにあがる雨。
それどころか、どんどん晴れ渡る空。
今年はやたらと雨だったもんね。こういう展開、素直にうれしいよ。

13時過ぎ、とうとう念願の朱鞠内湖に到着。
管理棟はこざっぱり。
茶々恋々家の先導でサイト選び。
ここ登れるのか?ここ通れるのか?って道を通りながら、第3サイトに到着です。
ここをキャンプ地とする。(←わかる人だけわかればいいです)
カナダみたいだね
『サイトから』
湖の真正面はさすがに取れませんでしたが、
林間が好きな私にとっては、むしろ木々の間から湖が見えるこのサイトがベストでした。

そういえばアバラいってた私(←完全に忘れてた)。
ゆったり設営です。

周りの人に気をつかわせないように・・・
「tamakenさん、大丈夫?」
気をつかわせないように・・・
「大丈夫、だいジョッ~ぶ」 (←ジョッの時、痛かった)
気をつか・・・すいません、手伝ってくださいTT
結局、みんなに手伝ってもらい、なんとか設営完了。
ごめんね。治ったらナンボでも力仕事します。

晴れ渡る空。でも確かに気温は低め。道北なんだなぁと実感します。

さぁ、みんな朱鞠内だよ!
無関心
『ちゃひま家とパルたろ』
い、いや君たち、もう少しやる気出してもバチはあたらんだろ。
ジェットストリームアタック
『ジェットストリームアタック』
いや別に並ばんでもいいだろ。

ちょいと先輩方、なんか言ってやってよ・・・
茶々恋々
『茶坊、こっち向きなさいよ』

うーん、あまりやる気の感じられんキャバたち。
こういう時はあれだね、やっぱ岑だね。なぁ、岑・・・
岑、君はいつもどおりだ
『いつでもどこでもいつまでも遊びたい』
ゴメン、おじさん、アバラが・・・。

設営を終えてほっこりしていると、茶ぱ師匠がなにやら湖のほうへ。
恥ずかしながら、朱鞠内湖が釣りで有名であることを知らなかった私。
今回のために釣具を新調したという茶ぱ師匠。
ルアーでゴー!
ホント、カナダみたいだ
『きれいだねぇ』
いや、ホント、カナダみたい。行ったことないけど。
海釣りしかやったことのない私。
湖でルアーもおもしろそうだね。いろいろ調べてみようかな。

到着も設営ものんびりでしたから、はや日も暮れ始めました。
どんどん冷え込む朱鞠内の夕べ。
なんとなぁく、宴が始まります。
茶ぱ師匠のスモークウィンナーから始まり、
ちゃひま家テツさんご推薦の激うまジンギスカン。
そして私のキーマカレー、と。
すっかり重装備
『冷えるからねぇ』
写真でお分かりかと思いますが、すっかり重装備の私たち。
だって寒いんだもん。
ちなみに、この日の夜の気温は5度以下です。
(翌日、さらに痛い目にあうとは、つゆ知らず・・・)
焚き火、さらにタープ内で、ちゃひま家秘密兵器のストーブ投入。

宴が続く中、ふと空を見上げると満天の星空。
当たり前のように輝き流れている天の川。
茶ぱ師匠に基本的な設定だけ聞いて、いざ!
失敗であります!
『失敗!』
ん~、もうちょっと勉強しようっと。

宴は23時頃、お開き。じゃ、また明日!
水場で歯を磨いたその帰り道、流れ星を見たパル母。
なぜ一緒にいたのに、私、見られないの?
よぉぉし、流れ星も、また明日!

・・・

やっぱり長くなっちゃいましたね。
よし、「朱鞠内二日目」のUPも、また明日!
なんだその顔
『疑う犬』
う・・・ま、また来週!

おい!(怒

| おでかけ | 01:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アバラ

パルたろさん、病院通いが続いています。
気がつきゃ、毎週、秘密結社へ。
耳の球菌は、一進一退。
薬を替えることになりました。
抗生剤って高いの?結構なお値段TT

はよぉ、よくなれよ、パルたろ。
パパ、もう、逆さにふっても鼻血も出ないよ。



んで、実は私も・・・。

単刀直入に。
私、38歳にして肋骨にヒビ入れましたTT
職場の親睦でサッカーやったんですが、いやぁ、おはずかし。

体勢によってはズキンときたり、
笑ったりセキをしたりすると、結構ひびきます。


が、
キャンプはOKよw
先生のお墨付き。
五連休に向けて、さぁ、仕事よ仕事!

| 健康 | 20:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快楽キャンプ

しつも~ん!
『質問!』
パパさ・・・

なんだ、パルたろ。

あれかい?「一週間経たないとブログ書かないもん!」って誓いでもたててるの?

ん・・・はっはっは、やはりヒヨッコだな、パルたろよ。

あら?なにか深い理由でも?

いいかね、パルたろよ、これを「熟成」というのだよ。

ほぉ・・・

ネタを寝かせて、時を経て、初めて大人のブログとなるわけだよ。

ふぅぅぅぅぅん・・・

お?なんだ、その不満げな顔は。

それってさ、「腐る」のとはどう違うの?

う・・・、パパ、文系だからわかんない。

じゃ、軽々しく「熟成」とか言わないでね。

はいTT


確かに気がつけば、9月。
さて、今年度、パル家4度目のキャンプレポです。
ちなみに「年に4回」は我が家の新記録ですよ。

8月29日(土)
イェイ!キャンプだレッツらゴー!な気持ちを抑えて、アサイチでパルたろを病院へ。
耳のマラセチアはだいぶ落ち着いたものの、球菌が多いとのこと。
薬投与で経過観察。
その結果を診てもらいに行ったわけです。
なんだかんだで、あまり経過がよくなく、抗生剤投与となりました。
混んでいたとはいえ、さすが一番乗りしただけあって(8時半、病院に到着)、
10時頃には終了。
帰宅後、車にキャンプ道具を積み込みました。ほい、準備OK!
さすがに手馴れてきましたね。そんな些細なことも嬉しいものです。

今回ご一緒は、毎度おなじみ、茶々恋々家茶々丸家
なんというか、毎度おなじみすぎw
だって、楽しいんだもん。

前日から「どうすべね」「どこがいいかね」なんて、メッセで相談。
「ドロームでいいんじゃね?」と落ち着きかけた頃、
「新篠津に新しいキャンプ場ができたんだってさ」との新情報。
札幌圏から近く、設備もキレイ。敷地内には温泉二つ。先着で野菜のプレゼント…。
何事も経験ですよ、行きましょう行きましょう!

13時、江別のポスフールで待ち合わせ。
それにしても、あれですな。
初めて行きましたが、江別の駅前商店街、素敵ですわ。

さてさて買出し買出し。
今回、チームウコンを結成した「毎回飲んだくれ」チーム。
チームの面子はナイショだよ。
肉、酒、菓子、菓子、菓子…菓子が多いね、ぼくら。

久々の晴天。
札幌から離れるほどに気持ちよい田舎道が続きます。
途中「茶ぱ師匠、昔、走り屋だったっけ…」と思いださせる事態なんぞ発生しつつ、
無事、しのつ公園キャンプ場に到着。 無事でよかった。

人・人・人、そして車・車・車、ついでにテント・テント・テントで大三元、と。
こりゃ無理だ・・・ということで、目的地変更です。
この時点で14時半を回っていました。それほど遠くへは行けません。
それでも「ドロームに行きたい」と言ったバカがいましたが、当然、却下です。
冷静な大人たちの意見により、北へ向かうことになりました。

途中、北村ふれあい公園キャンプ場なんてトコものぞきつつ、
これまた激混みで撃沈されつつw

当初の予定通り、月形に到着。
橋の上から
『月形の水滸』
月形は快楽・・・いや、皆楽公園キャンプ場

国道沿い。温泉施設あり。しかも無料(清掃協力費として200円)。
混みそうなもんですが、なぜか管理棟で紹介された場所は空いていました。
(茶々丸家テツさんの話では、いつも混んでるそうです)

まぁ、時間も時間ですし、とにかく設営、設営っと。
これがなかなか大変でした…
『設営中』
こう見ると、のどかでいい天気。
ところが、この時ビックリするぐらいの強風が吹きまして、
たわむテントと格闘すること数十分。
汗だくの設営タイムとなりました。
「いいペグ買おう…」と決意する人、「やっぱスノピだ…」とたくらむ人、人生いろいろ。

さて、こちらの場所。
広い皆楽公園内で、何故空いていたかというと、水場が近くにないんです。
キャンプ場内の設備だけで考えれば、実はトイレも遠いんです。
しかも尋常じゃないほど。
ただ「水はタンクで汲んで車で運んじゃえばいい」と割り切れば、結構快適。
キャンプ場隣接の立派な施設のトイレが休日は24時間利用可能で、これまた快適。
トイレってファミリーキャンプの場合、結構重要ですからね。
結果的に、ものすごくいい場所をほぼ貸しきり状態に。
「ドローム行きたいな」とほざいてた私もご満悦でございます。
(実際、茶ぱ師匠と車で水を汲みに出かけた時に見た公園内の他サイトは、
テント混み混みで「ん~これはイヤだな」でしたw)

さて、と・・・
とりあえず、ウコンを飲みましょうか。

パルたろ
『軽くあきれ気味』

よかったね、茶坊も恋々ちんも、念願のキャンプ場だよ!
恋々ちんが上
『妹は椅子の上』

茶々丸&向日葵も・・・
向日葵は?
『妹は・・・あれ、どこ行った?』
毎度、おてんばな妹が、なかなか撮れなくてねTT

到着が遅く、設営にも時間がかかったせいで、早くも日が暮れてきました。
ウコンも飲んだし、食べましょ、飲みましょ、語りましょ。
マトリックス
『マトリックスっぽいジンギスカン』
珍しく写真を撮ればこんなものw
そのうちカメラは放っとかれました。

飲んで食べて飲んで食べてしゃべってしゃべって…。
チーム昭和がお休みなさい。なぜかパルたろもテントで一緒にお休みなさい。
(ヤツは基本的にチーム昭和と兄弟だと思ってるようです)
その後も大人チームはスクリーンタープの中でおしゃべり。
茶々丸家の秘密兵器(ストーブ)のおかげで、タープ内はぬくぬくです。
秋のキャンプには、これ必需かも。やばい、また物欲が・・・。
さすがにしゃべり疲れた頃、タープの外に出れば、鼻にクンとくる冷気。
こうして、ウコンの力に守られながら、初日の夜は更けていきました。

・・・

8月30日(日)
朝9時に目覚める夢を見て6時半に起床。
ややこしいわ。
そのまま、起き出したパルたろと、いつも爺ちゃんみたいに早起きの昭和1号を連れて、
公園内の散策へ。
朝の快便
『てか、ブログに載せるなよ』

気持ちの良い場内。
ヘラブナ釣りの釣り師さんたちがズラリ。
この赤い橋が素敵
『橋の上の兄弟』
散策途中、小さい子が走って寄ってきて、パルを指差し、
「この子、なんしゃいでしゅかぁ!」
「3歳だよ」と私。そして「お前、いくつだ?」と私。
「しゃんしゃいでしゅっ!」とその子。
いやぁ、たまらんな、こういう時間。
さらに(兄弟だろうなぁ)近くにいた大きい子達のところに走っていって、
大きな声で「きゃべりえ、いたよぉぉぉ」。
いいか、そのまま、いい子に育つんだぞ。

空気はヒンヤリ。さすがにもう夏ではないんだなと実感。
朝ごはんは茶々丸家のうどん。
奇跡の一枚
『撮影に成功しました!』
苦節三年、ついにキャンプ飯の撮影に成功!
キノコ入りうどん。実に暖まりました。
ところが、しばらくすると「ピラフ食べよっか」
5月のコテージと同じパターン。
またもや満腹中枢が壊れ始める人々。

この日はゲストが到着予定。
「何時頃になるかねぇ」などとのんびりしてたら、
なんと9時台にご到着。
チームもずく長男
『チームもずく長男』

チームもずく長女
『チームもずく長女』

チームもずく次女
『チームもずく次女』

チームもずく見参!
いつ以来でしたっけ?
とにかく、今年初。
あけましておめでとうございます。

さらにこの方。
ルーディです
『ルーちゃん、寂しがり屋なの』
ママさんがトイレに行くと、クレートの中で身をよじるように鳴くの。

チームもずくからは採れたて野菜、ラル家からは秋刀魚とイカ。
さらに先日、苺ジャム家からいただいた梨。
なんだかテーブルの上が、一気に秋。

チームもずくのパパさんに焼き方レッスンをつけていただいたりしながら、
まったりまったり時間が過ぎていきます。
ねむねむねむ
『熟睡パルたろと欠伸茶々丸』
どちらも無防備すぎ。

茶坊とひまと
『向日葵と茶々』
うーん、向日葵、撮れんなぁ。

なんか怒ってます
『恋々ちん不機嫌』
眠いだけ?

まったりと時間を過ごし、お約束の集合写真のあと、
チームもずくとラル家はお帰りになりました。
ひま、かわいいな
『パルでかくね?』
後ろにルーディ。
前列は左からパルたろ、向日葵、茶々丸、恋々ちん、茶坊、陸さん、すずちん、ももさん。
おっ、キャバ4色揃ったぞ!

今回来られなかったラル家のパパさんも交えて、また、ゆっくり遊びましょうね!
いつかは行きたい苫小牧遠征。

テント組もそろそろ撤収です。荷造りを済ませ、車に乗り、それじゃ、また!

・・・となるはずもなく、すぐ近くの月形温泉へ。
さらに何とか中枢が壊れた私たちは、吸い込まれるように向かいのラーメン屋さんへ。
さらにさらに温泉に戻り、ソフトクリームまで食べる始末。

ちょいと芝生でワンコを散歩させて、もうすっかり夕方。
「じゃ次は朱鞠内で!」
楽しかった月形を後にしました。
まさに快楽・・・いや、皆楽公園。
実に楽しい二日間でした。

みんな、また遊んでねっ!

・・・

パルたろさんも飽きてしまいました
『飽きちゃった』

ふっふっふ、パルたろよ、これが「熟成」だぞ。

ただダラダラと長いだけじゃないのさ。

いやいや、このまろやかな文章・・・

あのさ、これってラーメンで言えば「伸びきった」状態だよね。

う・・・なぜだろう、否定できない・・・。

 

≫ Read More

| おでかけ | 02:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。