2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩尾内にて

我が家がキャンプを始めてまだ間もない頃、
茶々丸家のテツさんが書いてましたね、ここ。
きれいな緑、湖畔、清潔、もちろんワンコOK、さらに無料…。

いいなぁいいなぁ…と思い続けて、早3年。
来たぜ!
『岩尾内でい!』
とうとうやってきました、岩尾内!

6月12日(土)。
すでに暑い札幌の我が家を出発したのが、9:30。
高速に乗り、北へとひた走り。終点、士別剣淵でお買い物。
そこから、大きく東へ進路を曲げ(西へ向かうと朱鞠内だぁ…と思いつつ)、
山の中を走ります。

ここ、古い景勝地だったんですね。
なんだか懐かしめの大きな看板が目につきます。

昼過ぎ、現地到着。
初めて来たのに、なんというか懐かしい感じ。
前日からインして、場所を確保してくれていたこの方々と合流です。
あ、また向日葵が・・・
『茶々丸が待っていた』
あ、また、ひまわりの写真が・・・。

そもそも5月の中頃、テツさんと電話で話してて、
「いいよぉ、岩尾内」「いいなぁ岩尾内」と決まった今回のキャンプ。
3年越しの期待は、MAXに膨れ上がってるわけですよ。

さらに、チョイと遅れて合流のこの方々
茶坊、幼顔
『幼顔の兄』

恋々ちん
『キャンディ顔の妹』

ええと・・・
ま、いつもの面子ですw
(我が家の親戚扱い、チーム青岑は今回参加できず)

ほいほい、まぁ、まずは設営しようよ。
気持ちいいねぇ
『テキパキ』

金曜日に茶々丸家が来た時には、広い場内に日帰りの人の姿がチラホラ程度。
夜は、とうとう広いキャンプ場内に、茶々丸家のリビシェルのみだったそうです。

ここ、昨年、熊出たんだよね・・・w

ところがこの日は、絶好のキャンプ日和。
朝から、結構な数のキャンパーさんが来たらしく、
テツさんが我々のために場所を確保していてくれたのです。
(ま、フリーサイトですからね、常識の範囲内でね)
おかげで、広々とした我々のサイト。
気持ちの良い風も吹きます・・・
気持ちの良い・・・

・・・

・・・

暑いね、休もうか。
こりゃいいや
『のんびりいこか』
時間はまだあるもの、のんびりいこうよ。
やっぱりキャンプ場の時間はゆっくり過ぎていきます。
キャンプはこうじゃなくちゃね。
ワンコたちも、いつもどおりです。
毎回、この写真あるなw
『ください』

さて、せっかくだし、湖畔のほうに行ってみようか。
ここは日向です
『ママ、ここ、きれいだけど…』

ボクは帰りたい
『帰りましょう』
木陰を離れ、日向に出ると、なかなか強烈な日差し。
もうすぐ夏なんですねぇ。
おっさんか、お前は
『暑そうな毛むくじゃら』

それにひきかえ、楽しそうなヒト科。
とにかく遊ぶわけだ
『なんなんでしょう、この人たち』
安上がりな子達です。

サイトに戻り、そろそろ晩御飯の用意でもしようか。
男性陣、全員ダッチでゴソゴソ(←誤解を招きかねない表現)。
最近、すっかり揚げ物ばかりの私。だって楽なんだもんw
茶ぱ師匠はスープカレー。
そして満を持してのテツさんは、キノコたっぷりの炊き込みご飯。
ぶれなかったのはこの1枚
『ブレなかった唯一の一枚TT』
先発で炭焼きをしたホッケの干物をつまみながら、
誰も怪我なく(ここ大事!)、調理は進みます。

毎度の事ながら、同じタイミングでは出来上がらないので、
出来たものから順にどんどん食べていくと、なかなかお腹いっぱいになります。
結局、この日買っていった焼肉には、ほとんど手をつけず。
茶ぱ師匠のスープカレーとテツさんの炊き込みご飯で、バッチリでした。

あれだね、だんだん食べられなくなってきたのかもね、私たち。
うん、まぁね、もうね、歳だしね。

でも、ちゃんとウコンは飲んだけどねw

きついお腹をさすりながら、焚き火タイムに突入。
今回は、茶々丸家のおニューの品をお披露目。
チョイと大きめなのです
『折りたたみの焚き火台』
もちろん網焼きも出来ます。
ユニの焚き火台よりもサイズが大きく、深くなっているので、
結構な量の薪が入ります。
(しかも畳むとペッチャンコになります)
秀岳荘で買ったという新兵器、恐るべしです。

「いやぁ、これ、しけっててさぁ・・・」とテツさん。
見ると、ホームセンターで買ったという太めの薪です。
火遊び大好きな私(←誤解を招きかねない表現)。
アレコレ調節しながら、互いに立てかけるようにして、燃やしていくと・・・
大炎上w
いや、これ、すごいわ。
豪快なキャンプファイアーがやってみたい方は、この新兵器オススメです!
結局、今回、私のユニの焚き火台は箱から出ませんでしたもの。

薪も燃え尽き、酔いもいい感じでまわった頃、お開きとなりました。
心配していたほど寒くもなく、気持ちよく眠りにつくことが出来ました。



そして、翌13日。
気持ちよすぎて、7:30起床。
もう、全然早く起きれないTT


この日も快晴。
早くも、暑くなる気配が濃厚です。
さて、それでは湖畔の散歩でも行きましょう。
きれいでしょ
『きれいだねぇ』
魚がいるらしく、たまにポチャンなんて水音が聞こえたりしてね。
いいね、水のほとりって。

サイトに戻り、さて、朝食の準備ですね。
ホットドッグやら、昨日の残り物やら、またもやたっぷりw

ワンコたちも朝からゆったり。
なんかおかしい3ショット
『ゆったりか、これ』

そうそう、人見知りの気があるという茶々丸。
なぜか、キャンプでは1号の膝に躊躇なく乗ってきます。
兄は兄へ妹は妹へ
『兄ON兄、妹ON妹』
そういえば、確かに私のところには来ないな、茶々丸よ。

こちら岩尾内は、正式には「岩尾内湖白樺キャンプ場」といいまして、
周りには白樺の木がたくさん見られます。
きれいでしょ
『サイトからの眺め』
センターハウスには売店もあり、氷まで売ってます。
トイレも水場もきれいで、シャワーもあります。
なのに、無料。
当然、INもOUTも関係ありません。
うーん、ここ、お金とってもいいんじゃないだろか。

すっかり暑くなったお昼頃、ゆったり撤収。
いやぁ、ここ、絶対また来るよ。
今年2回目のキャンプにして、早くもベストサイトの予感が…。


さ、さ、皆様、今回はどちらのお風呂へ・・・
茶々丸家の先導で、たどり着いたはこちら。
レークサイド桂岡
レークサイド桜岡
道南出身の私には、どこもかしこも新鮮な地名。
「和寒」ってトマトがカントリーサインなのね。
紅組・白組、交互に温泉へ。
ふと見ると、ここも桜岡湖という湖。
水辺の公園の温度計が「どうだ、暑いだろ!」と我々に話しかけます。
素直な我々は、そうだね、とばかりに、そのまま「冷たい蕎麦を食おう」ツアーへ。
ここから近いということで、剣淵の道の駅へ。
なぜか一人だけ角煮ラーメンを食べる昭和1号を尻目に、
ズズズッズズズッと蕎麦をすすり、お腹も心も幸せいっぱいで、解散となりました。

一昨年の愛別、去年の朱鞠内に続き、道北第3弾の岩尾内。
実に楽しいキャンプとなりました。

いやぁ、道北、いいなぁ!

茶々丸家、茶々恋々家、いつもいつもありがとね!
また、遊びましょう!

≫ Read More

スポンサーサイト

| おでかけ | 19:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洞爺堪能

パパ、あのさ・・・

うん、なんだい。
もう言い訳する気もないよ。
広告まで出ちゃったし。


このタイトルだと、なんか最近洞爺方面に遊びに行ったみたいだけどさ…

あ、もちろん、今回はGWキャンプの続きだぞ。

だ、だよね…。

 


 


5月4日、晴れ。
すっかり早起きが出来なくなった我が家。
当然、日の出の写真なんてあるわけもなく。
きれいでしょ
『でもきれいでしょ』
朝もや…といっていいのかどうか。
でも、青空とあいまって、非常に気持ちの良い湖畔。
天気がいいと何もかもがいいね
『天晴!』

寒かったこの春。
(ま、結局、この後も寒い日は続いたんですけどね)
こんなに天気のいい日だもの。
朝っぱらから、まったりモードに突入。
きもちいいねぇ
『茶々恋々』
今年ははやくも何泊目?

たくさん遊びたいねぇ
『茶ひま』
こう見ると、向日葵、やっぱり大きくなったなぁ。

こやつは朝から当然まったりだ
『青』
ま、いつだってこやつは「まったり」だけども。

こやつはまったりが似合わない
『岑』
この子は、まったりがわからないわけでw

パルたろさんもまったりですよ
『まったりな風景』
こちら財田は、アウトが11時。
ん~、じゃ、あれかい?そろそろ片付けなきゃならんのかい・・・?
ん~(…自分達のサイトを見回して)
ん~(…何か考えてる)


デイで延長決定!
(決断まで約15秒)

11時アウトって、そもそも我が家的に無理だしw
(片付けが遅いのさ)

決断すると、さらにまったりする方々。
今回、どうやらテーマは「まったり」です。
もうべったりさ
『恋々ちん、ご満悦』

相変わらずのこやつら
『パルと青』

一方でキリッとしたこの子達。
なんかかっこいいな、向日葵
『向日葵(妹)』

兄
『茶々丸(兄)』
向日葵はともかく、茶々丸っていつもこんな感じの写真になるなぁ。
なんつーか、甘えてべったりってやつ、撮りたいんだけどなぁ。

時間はゆっくりと過ぎていきます。
人様のコットでくつろぐチーム昭和
『茶々恋々家のコットで寛ぐチーム昭和』
チーム昭和にしても、GWキャンプは初めて。
蚊もいないしな、1号は部活あるけど、また来年来れたらいいな。

時計を見ると、もうお昼過ぎ。
さて、そろそろ行こうか。

事前に財田のことをいろいろ調べてた時に、チョイと見つけた豆知識。
どうやら水の駅って所に、美味しいうどんがあるらしい。
食べたいね…でも混んでるよね…でも食べたいね…でも…
ええい!行こう!
あまりに快適な財田にいたので忘れがちだったのですが、
世はまさにGW真っ只中。しかも久しぶりの晴天、お昼時。
水の駅に着くと、案の定、混んでました。
日差しも強かったので、ワンコたちを車内に置いていくのは心配だったのですが、
この水の駅、裏側(つまり湖畔側)からアクセス可能。
そこはワンコもOKで、テラス席まであり。
混んでいる館内で、うどんの予約をし、ついでにお買い物。
テツさんご推奨の、手作り山わさびみそ。
これがまた激ウマ。なんにでも合うのです。オススメ!

さてさて、うどんまで、まだ間がありますな。
ん?あれは何?湖面をウォーキング?ふ~ん…
お試し
『やってみよう』
なにせ、もう一ヶ月も前の記憶なんで詳細を忘れてしまったのですが、
完全防水の大きな風船の中に入り湖面を歩く、とw
それでは行ってみましょう!
行ったぞ!
『出発!』
そして当然のように…
ま、ねw
『転倒』
わっはっは。
けっこう遠くまでいけます。
白鳥がまたおかしい
『こりゃ大変だw』
炎天下。透明なビニルですから、そりゃ中は暑いわけで。
1号は、10分ほどでギブアップでした。

気持ちの良い洞爺湖畔で、本州から来た子たちにご対面。
グリス君とニトロちゃん
『おいでませ、北海道!』
アメリカンコッカーのニトロちゃんとキャバのグリス君。
パパさんが北海道の方で、GW帰省中とのことでした。
お前のは宝の持ち腐れだけどな
『アルファアイコンだ』
グリス君が着ているのはアルファアイコンのスーパー撥水服
パルたろも持ってる忍者服です。
水遊びが好きな子たちにとっては、すばらしい逸品。
それこそグリス君みたいな子には、ピッタリの服なのです。

実は私、この子達、知ってました。
カヤックで遊ぶ関東方面のキャバ飼いさんたちのブログをよく読んでいる私。
(そのくせコメントとか入れられない内気な私w)
そこでなんどか目にしたことがあったのです。
今回も洞爺湖にカヤックを浮かべていらっしゃいました。

いいなぁ、カヤック…。

お、そろそろうどんできたかな?
本場讃岐うどんらしいのですが…うーん、どうなんだろw
テツさんご推奨の山わさびミソはピッタリ合ってましたけどね。

さ、いいだけ遊んだし、風呂だ、風呂だ!
水の駅近くの温泉に行き、今回はそこで解散となりました。

ドッキリもアクシデントもあったけど、楽しい楽しいGWでした。
みんな、また遊ぼうね!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

まぁ、もう一ヶ月も前の話だけども…。
いい加減にしなさいね
『あんた、いい加減にしなさいね』

・・・はい。

≫ Read More

| おでかけ | 14:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。