2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

無事?帰還

やばい…予想通りだが、やっぱりアップが全然間に合わんw

予定していた和琴ファミキャン&釧路川下りを悪天候のため断念し、
ポコッと空いちゃった週末。
天気予報的には「どうなの?」って中でしたが、どうやら大きく崩れはしないらしい。

で、あれば…。

メイ家のパパさんが、エキスパートの方々にお誘いいただいた千歳川下り。

川下り。
そして千歳川。
んー、なんと魅力的な響き。

千歳川は、あの支笏湖から流れ出している川です。
支笏湖で漕いだこと、潜ったこと、釣ったことがある方だったら、
これだけで千歳川の魅力は伝わると思います。
たぶん梅花藻
『梅花藻です…よね…』

んで、8月10日。
メイ家のパパさんに乗っかりまして、私と茶恋家も参加させていただきました。
題して「千歳川水泳大会」!!…え、水泳大会?
年間何本も川下りをされている方々の、年に一度の無礼講水遊び大会とのこと。
そ、それは望むところじゃないかw

メイ家はパパ&妹ちゃん、茶恋家はオールスターズ、我が家はなんと私&2号。

メイ家のママさんとパル母はゴール地点でお留守番となりました。

スタート地点で眺めていると、それまでの想像以上に速く感じられた水の流れ。
まぁ、正直、この時点でちょっとビビッている私。
昨年の釧路川源流部(あ、これもアップしてないや)では、

前半部を緊張のあまり、一言も発せずムッツリと下った私。

さて、どうなるのかなぁ…と思いつつ、下り始めます。

下り始めてすぐに気付く同行のみなさんのフォローの厚さ。
なにせ、ずっと「ファルトの方々行きまぁす!」と声をかけられながらの川下り。
水のきれいさも相まって、自分でもどんどん顔がほころんでいくのが分かります。

船はぐんぐん進みます。
途中、水鉄砲の銃撃をくぐり抜けながら、途中の休憩地点では、まったり。
(ホントはこれもかなり気を遣っていただいたんだろうなぁ…)
ご満悦
『娘二人ご満悦』

適度に速い流れと、川面を流れる涼しい風と、抜群にきれいな水と。
すっかり気持ちに余裕ができた私。

ん?前方に枝だねぇ。よぉし、よけようねぇ。お、ちょいと傾いたかい?















お?


















トプン。





あのですね。
湖ではわざとひっくり返すのも大変だった我が愛艇のグフなんですが、
川ではあっさりひっくり返りますよw

tamakenさん、初沈でございます。しかも2号を道連れにw

水中で一瞬考えたのは、やはり2号のこと。
足が着くところだったので、流される心配はなかったのですが、
どこかを打ってたり、もしくは沈でパニックになっちゃったりね。
水面に顔を出した2号の笑い顔を見て、とりあえず一安心。
本当は怖かったと思うのですが、思ったより、こやつ、タフかもしれんな。
次に思い出したのがパドル。私、あっさりパドルを手から放しちゃってました。
これは課題でしょうね。
これからおそらく何度も沈するでしょうが、その都度、覚えていくのでしょう。

一度沈すると、その後は、さらにグッと気持ちが楽になりました。
(いや、周りの方にはご心配かけてますから、迷惑な話ですけども…)
blog20140810_5185
『満面の笑顔です』
千歳川下りの名物である魚道も、蛇籠の瀬も、ただただ楽しい!
入るべきコースや突入後の注意点などを事前に教えていただき、
なんとなく艇をコントロールできているようなイメージで、クリアできました。

高速道路の真下のゴール地点まで、90分ほどの漕行。
いやぁ、気持ちよかった!

上陸後は、しばらく余韻をかみしめながら、いろいろご馳走になりつつ、
そういえば自己紹介もまともにしてないことなんかもすっかり忘れたまま、
若干の興奮状態のまま、帰路につきました。

「チームのシールね!」と、パドルに貼っていただいたクジラのシールと、
「これよかったらどうぞぉ!」といただいた「勲章」と。
勲章
『勲章』

「俺らだけじゃ怖いよね」といつも話していた千歳川下り。
それが思い切り漕ぎ倒している方々と一緒に下れたのは、本当にラッキーでした。
エキスパートの皆様、今回は本当にありがとうございました。
(写真&動画もメイ家経由でいただきました)
自己紹介もまともにしていないので、
「は?tamakenって誰?」な感じだと思いますが、
機会がありましたら、また誘ってやってください。
とりあえず…









私は明日、もう一度漕いできますw

| おでかけ | 15:46 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無事帰還

先ほど、オッサン道東一人旅より帰還しました。
今年は7月29日から8月2日までの四泊五日。
和琴~塘路~然別と漕いできました。
いつもの場所で
『これは本日早朝の然別、温泉街上陸の図』

移動中にパラリと降ったり、寝ている間に雷雨に見舞われたりしたのですが、
漕いでいるときは、ずっと青空。
これも然別の空
『こんな感じ』

昨年度の一人旅もまとめて、アップすることになりそうです。
さて、いつになるかなw

| 雑記 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

然別満喫


やっぱ、ここがベストです。

| モブログ | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湿原


今年はワシを三羽も見られました。

| モブログ | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

細岡より


塘路にJRで戻って、漕ぎ出します。

| モブログ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |