PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ステロイド

カイカイでよく病院にかかっていた、今年の夏。
そろそろ次のステップに進まなきゃな…という感じだったんですが、
ただ、なんとなく状態が治まると、また結論を先送りにして…。
そんなことを繰り返してた、今年の夏。

ここ数週間、またちょっとひどくなってきました。
特にアゴの下辺り、掻きすぎて赤くなっています。
先週の休日出勤の代替で、月曜日が休みだった私。
早速、皮膚の秘密結社「きたのさと」へ。

数種類の皮内検査を行ったのは去年の今頃。あの時は、さほど反応も出ず。
そして、1年ぶりの皮内検査。今回もあまり大きな反応は出ず。
ただ昨年と違って、一ヶ所、ほんのりと赤くなっているところがありました。
ハウスダスト。どうも、これに反応しているようです。
他の諸症状から考えてみても、どうにもパルたろの場合、アトピーの疑いが濃いのです。
さて、どうするか…。

実は、夏の段階で先生からは、今後の治療方針についての提示があったのです。
ただ、諸々の事情(主に経済的なもの)から、先送りにしていた私。
そうですね。逃げていただけですね。パルたろの状態が軽くなっていたのをいいことに。

今回、再度、先生と相談しました。
先生からはいろんな方向性を出していただき、それぞれの説明もいただきました。
そして、私が選んだ方法はステロイドによる炎症の緩和です。

ステロイド。
悪名高いですね。まるで諸悪の根源のような言われ方をしている薬です。
痒みに対しては絶大の効果を誇ります。
そして、その副作用の怖さについても大きく喧伝されています。
アトピーの治療には、「アトピカ」という選択肢もあります。
同じ内服薬なのに、こちらは副作用の心配がグッと減ります。
ただし、費用がドンとはねあがります。パルたろの場合、毎日服用すれば、一月、数万円。

私はステロイドを選びました。
確かに副作用の心配はあります。
「アトピー、ステロイド、副作用」でググってみれば、怖い話のオンパレードです。
だから絶対に使ってはいけないと書いてあるところさえあります。
ただし、よく読めば「過剰に摂取」「長期間」という言葉が必ず含まれています。ならば…
短期間限定で、
容量をコントロールして、
信頼できる先生の管理の下、
今後のビジョンをしっかりもって服用
していけばかなり有効な方法だとも考えられます。
もちろん、血液検査はこまめに行うことになります。
そこで何かが起これば、すぐに次の手を考えるということになります。

ネットの普及で、いろいろな情報が簡単に手に入ります。
そもそも、パルを通じてのいろいろな人々との出会いも、
何かと健康面で問題の多いパルへのありがたい情報やうれしいコメントも、
ブログを始めたからこそ。すべてネットのおかげです。
ただ、その一方で、無責任な「評論家」があふれているのもネットの世界の事実。
詐欺のような手口で人を陥れようとする企業や宗教(?)が多いのも事実。
そして「自分と違う」というだけで、ただただ人を排斥したがる人間が多いのも事実。

なんとなく声が聞こえます。
「君はステロイドの怖さを知らないのですか」
私は答えます。
「知りません。素人の私は、少なくともあの先生よりは知りません」

問題は、なぜ、あの先生の治療方針の中にステロイドが含まれているかということです。
劇的な効果のある薬です。
それに依存するようなことをすれば間違いなく重篤な副作用を招きます。
それでも、先生は有効な方法だと仰いました。そして、私はその言葉を信じました。
私は、医者と患者の間に必要なものはこの「信頼」だけだと思っています。
信頼できないのならば、他所へ行くべきです。
他所へ行く「自由」は、我々がもっているのです。そこに「責任」を伴いながら。

まずは一週間。ステロイド(プレドニン)と抗ヒスタミン剤(アリマン)を服用し、経過観察。
来週、また先生の診察を受けます。

もう一度。
先生から提案されたいくつかの選択肢の中から、私自身がステロイドという方法を選びました。
責任は、だれでもなく私にあるのです。
責任を人に押し付けるヤツは大嫌いだ
『owe my own』




ステロイド初日のパルたろの様子
ちなみに、ステロイドは今朝からの投薬。抗ヒスタミン剤は昨夜から。
薬のせいか、朝からオネムモードのパルたろ。
しかも、目が開かずショボショボ。
(これは今に始まったことではなく、たまにあります。)
結局、1日中ほとんど眠ってたそうです。
薬のせいだとは思うのですが、なんともなぁ。
おかげであまり掻かず…って当たり前か。

| 健康 | 00:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

負けるな!兄ちゃん!パルたろ!

あらま。
乾燥してきて酷くなってきたのかな??
口の周りってイヤよねぇ~。
掻く時の「ひ~~ん」って声を聞くのが辛い。

うちもハウスダストのアトピー。
どうにもならへん。
生きて生活している以上、塵・埃は当たり前。
全く無くすなんて無菌室にでない限り無理。
ま、極力掃除はしてるけど、限界あるしねw

アトピカ高いもんねぇ~~。
ウチは今一日おきだから、1ヶ月8000円かかってないけど
ピークん時はモロモロの薬だけで3万超えてた。
ステロイドの副作用の事を知ってしまうと怖い。
でも!!すっごく効果あるイイ薬なんだよねー。
ウチも症状が酷くて、抱っこしてても掻いちゃう時は
潔く短期間だけ飲ませてるよ。
副作用は怖いけど、痒くて辛い思いをしてるのに
指を咥えて見てるだけ…ってのは無理だわ。
自分が代わってあげたいくらい。

これからの季節、暖房つけてからが勝負よ、兄ちゃんw
頑張ってね!

| ゆかちん | 2007/10/24 09:32 | URL |

そうですね~~・・・季節がらってのもあるのかなぁ。
ネットが発達して、いろんな情報を手軽に入手できたり
情報を共有できたりするんだけど、逆に情報が多すぎて
受けて側が戸惑ったりすることもありますよね。
選択するがわの決断するタイミングってのが
難しいようなぁ。。。
いずれにしてもソノ時期、ソノ時期で判断しながら
いくしかないですよね。

そうだよ~~パルさん。
誰のせいでもないさ。そのままのでいいのよ~~

| けみこ | 2007/10/24 10:08 | URL | ≫ EDIT

ここにも、アトピーが・・・

うちもアトピーだよ~~。してハウスダストにも陽性反応だよ~~。いろんな治療をしてきたうえで、アトピカに落ち着きました。でも、アトピカがキングだとは思ってません。そりゃ、副作用が少ないとかって言われてるけど、副作用がまったくないわけじゃない。確かに、ステは、副作用が広範囲にわたるけど、それも使い方次第じゃないかな?プレドニンはステの中で一番強度が弱いものだし、先生の指示による容量用法を守れば副作用も最低限だと思うよ。
アトピーは今のところ、完治しない病気。今以上に、悪くならないように、ほかのケアで補えるところは、補えばいいんじゃなかろか?それに、心臓のほうもあるだろうし、どっちにウエイトをおくかだよね?両方できればいいんだろうけど、入ってくる収入はこのご時勢、低くなることはあっても、高くなることはないでしょう。その家庭でのQOLってちがうんでないべか~~?
とりあえずは、今のカイカイが、おさまるといいね。

| ととまま | 2007/10/24 14:52 | URL |

パルさん心配ですよね~
アレルゲンの特定って凄く難しいですよね。
ウチの茶坊のアレルギー事件の時も口の周りの毛が無くなったときもありました。
一時期は草に反応して困ってましたけど今は大分良くなりましたよ~

アレルギーとはどうしても長く付き合わなきゃいけないと思うので信頼できる獣医さんにお任せして焦らず頑張って下さいね~僕もステロイドって使い方が大事だけど悪い薬じゃないと思うんです。うまくコントロールできるといいですね!!!

| 茶ぱ | 2007/10/24 21:14 | URL | ≫ EDIT

いいんじゃないかしら?

先生にすべて任せるんじゃなくて、おうちでやっぱりきちんと選択すべきでしょう。私はお薬は賛成だなー。
抗ヒスで眠くなっちゃうのがかわいそうだけど、わんこはいっつも寝てるしあんまり変わらないかも?!笑
ステロイドのせいで元気いっぱいなっちゃうかも?!
治療のひとつだから、効果を見極めて使えば問題ないでしょーー☆v(。・ω・。)♪
治るといいねー

| ここなっつ | 2007/10/24 21:48 | URL |

ステロイドが良薬であることも悪薬であることも
両方経験したししまるです。
たまたま引っ越したばっかりで近くの病院に通い
皮膚炎を起こす度に頻繁にステロイドを処方され
二次感染・三次感染・・・の泥沼にはまってしまい
藁にもすがる思いで私はこの秘密結社の門を叩きました。
ステロイドをまた処方されることに抵抗があった私でしたが
この病院で「必要なときに最低限だけ使う」という事を
知り、ステロイドが悪いんじゃない、その薬を処方する
医者の問題だ・・・と考えさせられました。
ししまるも最初は抗ヒスタミン剤と抗生物質を軸に
コントロール出来ないときだけステロイドを使って
こじれにこじれた皮膚炎を、まずはニュートラルな状態に
戻すことができました。
騙し騙し行くなら、これで何とかできると思います。
ただ、ハウスダストは強敵です。
アレルゲンをゼロにするのは不可能です。
草アレルギーのししまるの治療よりも難航する可能性もあります。
どうか気長に、だけど根気強く、頑張って欲しいなと思います。

| ししまる母 | 2007/10/24 22:17 | URL | ≫ EDIT

情報って、今って溢れすぎですもんね。
その溢れた情報の中から、何を選択するかって
やっぱり難しいと思います。
選択するためには、勉強も必要だし。
選択するってことは、誰か任せにはできないですからね。

青も岑も、なんだかんだと
病院のお世話になること多いです。
経済的なことも、やっぱり重要だと思います。

いろんな状況を含めて、その中で、その時に
最善だと思う方法を選択していけたらいいなぁと
私は思ってます。

パルさ~~~ん。
頑張ろうね~。

| 青・岑ママ | 2007/10/24 22:19 | URL |

パルくん、またカイカイが酷くなってきたのですね。
今時期は乾燥するからなのかなぁ?
うちのレオも少し出てきています。
レオの場合は真菌症で慢性なので完治は難しいそうです。
でも酷くなったら薬のお世話になれば症状も良くなるので飲ませるようにしています。
少しでも痒みから解消してあげたいですものね。
パルくんも頑張って下さいねぇ~。

| りか | 2007/10/24 22:36 | URL | ≫ EDIT

確かに、ネットの普及でいろいろと踊らされてしまってることってありますよね。
ステロイドと言っても、医師の指導の下しっかりと扱っていれば大丈夫じゃないでしょうかねぇ?
ちなみに、わたし(人科・w)はアレルギーでステロイド使ってました。
まぁ、ワンとは違うと思いますけど、治りは早いです。イコール使う期間も短かったです。
なにより、tamakenさんとパル母さんがしっかりとした意識で対応してらっしゃるので大丈夫ですよb
がんばれパルくん!!

| 茶ま | 2007/10/25 00:18 | URL | ≫ EDIT

ぱる君、夏にそんなに病院に通っていたんですね。
知りませんでした。
Jamの持病の治療法のひとつとして
ステロイドの名前を出されて凄くショックだったのを
思い出しました。
でもししまる母さんのブログを読んで、
使い方次第なんだなと。

痒みってほんと辛いですよ。
私自身、抵抗力が弱いし、アレルギー体質なので
痒みの辛さはよくわかります。
ぱる君も早くラクになるといいですね。
ぱる母さん、tamakenさん、がんばってください!

| Noriko | 2007/10/25 22:00 | URL |

>ゆかちん様
ありがとよ、妹!
そうだよねぇ、ぽんちゃんの喉もとの赤い写真とか最近の話だったもんね。
けっこう、勉強させてもらってるんよ。
症状に波があるのも特徴だから、先生と相談しながらいくことにするよ。
そっか、暖房も関係するよね。腹決めて、いきますわ。

>けみこ様
ステロイドについて調べてる最中に、けっこうカチンとくるサイト見たんです。
こういうのって、厳しいよなぁ…と。
みんな、ワラにもすがるような思いで情報を求めてますからね。
そしたら、なんかこんな文章になっちゃったんですが…。
医者のせいにするのは絶対にイヤだったんで。

>ととまま様
え…ととさま、アトピーもですか…。
どの薬もいろいろな面があって、それをどう考えるかってことなんですよね。
今の先生もいわゆるQOLということを考慮に入れてくださる方で、
どうバランスをとるかということに腐心してくださったんです。
走り始めた以上、しっかり考えて前に進みます。

>茶ぱ様
そうでしたね。茶々坊もしんどかったんですよね。
焦らずっていうのが大事な部分なんでしょうね。
時間がかかることを覚悟して、ゆっくり前に進みます。
ステロイドはすっかり悪役になってますが、それは使い方の問題。
症状を見ながら。本当にコントロールが大切ですね。

>ここなっつ様
君のほうこそ大丈夫かw しっかり休むんだよ。
そうなのさ。抗ヒスタミン剤で初日はほとんど寝てたもんね。
ま、パルたろだからってのもあるけど。やっぱりちょっと心配だったよ。
完治はしないんだよね、これって。だから症状にあわせて、
その時その時にあった方法を探っていきますよ。
2号クン、貰い手見つかった?

>ししまる母様
思えば、しし君の記事を見ながら、いっぱい勉強しましたよ。
そもそも秘密結社を教えていただいたのも、母様でしたね。
あの先生のステロイドに対する姿勢に、すごく信頼をおいたんです。
道具というのは、どう使うかがすべて。
当たり前のことを、いまさら思いますね。
ハウスダストですからねぇ。ただ、これも反応としては鈍かったようで。
アレルギー反応まで鈍いのか、お前は!とつっこんだりしてねw
根気強くいきますよ。

>青・岑ママ様
情報の取捨選択って、いつだって大事だったんですけどね。
ただ誰でも気軽に情報を発信できる状態にある今、
やっぱり宗教じみた集団ってできあがるみたいで。
ネットで調べてる最中、そんなサイトにばっかり目を通しちゃってさ。
まったく…。
そのうち、病院で会うかもね。
お互い、がんばろー!

>りか様
調べてみたら、去年も今頃結構痒がっていました。
ただ、掻く頻度は増えてまして…。
レオくんは真菌なんですねぇ。
いろんな原因があり、いろんな症状があり、
とれる方法も、オカルトも含めて、本当にいろんなものがあり。
しっかり見据えてがんばりましょうね。

>茶ま様
ネットの怖さは、書いている人間の匿名性。
それに伴う責任感の欠如と、膨れ上がる妄想。
ステロイドにまつわる、もはや情報とも呼べないような「噂」を
読みながらため息ついたりしてね。
私の弟も、実は小さい頃からアトピーでした。辛さは知ってるつもりです。
先生を信じることにしました。症状にあわせて、ゆっくりいきますよ。

>Noriko様
Jamちゃんの病気も、大変だったんですよね。
(詳細は知らないのですが…)
ステロイドってやっぱりショッキングな響きがあるんでしょうね。
私は、正直、先生の説明を聞いて、オカルトチックなHPを見たりしてたんで
逆に普通に受け入れちゃえたんです。
要はどう使うか。どういう意図でどんなビジョンで使うかなんです。
がんばりますとも!

| tamaken | 2007/10/25 23:30 | URL | ≫ EDIT

人間でも痒いのはしんどいですもんね。。
自分はアトピー持ちなのでカイカイの辛さはわかるよパル君。
寝ている時は痒さを忘れるから幸せなんだよね‥でも掻いちゃうから自分の場合、手袋したり(苦笑

パル君、頑張るんだぞぉ。

| ラガキング | 2007/10/27 01:00 | URL | ≫ EDIT

ステロイドも使いようによっては劇的効果が得られるんですよね。
長期服用はよくないかもしれないけれど、医師も副作用については
熟知しているはずですし、パルたろがんばるんだー!!

| をり太 | 2007/10/27 07:33 | URL | ≫ EDIT

>ラガキング様
ラガさんもアトピーですか。
痒いというのは、本当にしんどいですよね。
弟も、よくシーツを血に染めてたもんなぁ。
寝てる間って無意識だから余計に対策を練る必要があるんですよねぇ。
明日、病院に行ってきます。

>をり太様
薬って、ホント使いよう。どう考えて付き合うかってことですよね。
先生と相談しながら、ゆっくり進んでいくですよ。
腹を決めて、ゆっくりね。

| tamaken | 2007/10/27 23:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/176-8bc9a1b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT