PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しっぽ

5月の最終週。
いろいろオイソガシモードに突入予定だった我が家・・・
楽しい楽しい「遊ぼうぜ!」モードに突入予定だった我が家・・・

それが・・・
まず私がダウンTT
続いて、昭和1号(小5)がダウンTT
さらにパル母までダウンTT
しかも、病院代で諭吉さんにサヨナラTT(←これは関係ないねw)
あぁぁぁぁ、かったりぃなぁっと。
『退屈な子』
パルたろさんも、退屈そうにもほどがあります。

そういえば、前回の記事だったかで体調に気をつけて・・・なんてことを書いた気が。
じゃ気をつけろよ、俺。

実は、土曜日が運動会だったチーム昭和。
2号も1年生になり、しかも選手宣誓なんてことまでやるってんで
「よぉぉぉし、撮るぜぇぇい!」と思っていたのもつかの間、
この時期は日曜日にあたっていた仕事のシフトが、今年から土曜日に変更TT
ついてないにもほどがある私。

前日に学校を休んで、なんとか体調を戻し、運動会に参加した1号。
しかし、あの寒い寒い土曜日に、ほぼ一日外でがんばってましたからね。
夜になって、また発熱。まさに「燃え尽きたぜ、とっつぁん」状態。
そうすると、また一つ、予定が流れちゃうわけで。

洞爺湖畔で行われたDDGPの大会。
本当は日曜日の早朝に札幌を出発して、友達の応援に向かうはずだった我が家。
うーん、さすがにこりゃ無理だTT
朝、お友達軍団にメールをし、健闘を祈りつつ、静養する我が家。

ちょうどパル母がダウンしたのがこの頃。
1号はケホンケホン言いながらチェホンマン。
違った。ケホンケホン言いながら寝込んでる。
さてと、2号ちゃん、お父様と一緒に遊ぼうか?
なんだよ
『憂い顔』
ジョイフルまで散歩。近所の公園でパルたろさんもご覧の通り。
強風の日曜日
『寒いんだよ、パパ』
相変わらずの低温北海道。おいでませ北国へ。
早々に退散してきました。私もぶり返したらかなわんし。
ここで、ふと思い出しました。

そうだ、時間があるんだから行こう・・・。

実はこの日、DDGPの大会の他にも気になるイベントがあったのです。
洞爺に遊びに行く予定だったので「行けないなぁ」と思ってたイベント。
せめて告知を・・・と思いつつ、風邪でぶっ倒れてお知らせできなかったイベント。
主催者はしっぽの会
愛玩動物を守る会としてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
保健所に収容された犬や猫を一時引き取り、里親探しをしている団体です。
MOBBYさんのHPでよく「しっぽハウス」 と言われているのがここの施設です。

そのしっぽの会の主催で、イベントが行われました。
ところは札幌ファクトリー。
タイトルは「わたしたちにできること。」
こういう感じ
『会場入口』
2号と二人。駐車場から会場に向かう途中、MOBBYのオーナーさんに会いました。
私の顔を見るなり、彼女はこう言いました。
「tamakenさん、会場はどこでしょう?」

・・・おいw

会場に着くと、かなりの人、人、人。
まもなくカウンセラーさんの講演が始まりました。
2号は・・・
電池が切れました
『ま、6歳児には難しかったね』
イベントのメインはパネル展示。
途中でカウンセラーさんの講演があったり、
弦楽四重奏があったり、
MOBBYさんのチャリティ出張販売があったり。
サカガミさん、やせた?
『サカガミさん、一回り小さくなったような・・・』

このパネル展示が実にすばらしいものだったのです。
何枚かの写真。そして、その下には数行のことば。
実に美しく哀しい写真
『哀しいほどに美しい』

ここに写っているのは命を生きながらえた、ごく一部の子。
この何倍もの子達が殺されているのが現実。
人の身勝手さから殺されているのが現実。
そんなことを考えているときに、ふと目にしたことば。
胸が痛い
『待ち続ける瞳』
その瞳が私を見つめているような錯覚におちいる。
そうだ、彼らは待っているのだ。
どんなに裏切られても、どんなに傷つけられても。
なんだろうね、胸が痛いよ。

また、すぅっと目に入ってきたことば。
できますか?
『出来ますか?』
これがすべてだな。
私たちは突きつけられなければいけないのです、このことばを。
「出来ますか?」と。
出来ないのならば、しなければいいのです。
嘘をついてはいけないのです。
「出来る」と言ったのなら、なんとしてでもその責任を果たしなさい。
そのぐらい、この誓いは重いのです。なにせ、命の重さなんですから。

会場の一角にしっぽハウスから里親さんに引き取られていった子達の写真が飾られていました。
以前HPで目にして気になっていた片目のキャバ。あの子も、写真に写っていました。
もう、たまらない気持ちでいっぱいになりました。
これもまた人の業なんだよな、と。
捨てるも人、生かすも人。

一時間半ほどの滞在でしたが、私の中では、ものすごく濃い時間が流れました。
こういう場所でアンケートに答えたのも初めてでした。
そのぐらい、胸に来ちゃってました。

幸せって、ホントはものすごく当たり前のことを果たすだけなんだなと思ったイベントでした。
タイトルをもう一度。
「わたしたちにできること。」
私たちは、私たちに出来ることをすればよいのです。
肩肘張らず、まず、自分にできることを・・・と考えませんか。

会場を出て、ファクトリー内のペットショップへ行きました。
そこには2年前の我が家や、2年前のパルたろがたくさんいました。
ウィンドウをのぞきこむ人たちを見ながら、頭の中をグルグルと同じことばが回っていました。

「出来ますか?」

帰り道、車の中で2号に聞きました。
「なぁ、あの子達、捨てられちゃったんだって。どう思う?」
「かわいそう。じゃ、最初から飼わなきゃいいと思う」

「なぁ、お前にはどんなことが出来ると思う?」
「パルを、いっぱい可愛がればいいと思う」

なんだ。これって6歳児にもわかる理屈なんだな。
みんなで笑いたいねぇ。
幸せだねって、笑いたいねぇ。
そして、ギュッと抱きしめてあげたいね。

しっぽの会をリンクさせていただきます。




イベントの途中で目にしたマイクロチップのしおり。
以前、百代ちゃんの事件が起こったとき、ちょっと考えたことがあったな。
昔は、リーダーの設置率がどうのこうの、互換性がどうのこうの、と、
いろいろややこしい問題があった(・・・のか、単に騒いでるヤツがいたのか)そうですが、
現在はISO基準とやらで、リーダーの互換性の問題はある程度クリアとなり、
さらに札幌の動物管理センターにはリーダーが設置されているとのこと。
ちょいと、本気で考えてみようかな、と思っています。

もし、マイクロチップの装着が義務化され、保護された犬の「責任者」がはっきりすれば、
そして、「責任」の放棄に対してかなり厳しい処分が下されるようになれば・・・。

んー、まだ考えがまとまりませんな。やめときましょう。

| 雑記 | 23:57 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めてコメントさせてもらいます。うちのさくらも里親として四国から引き取りました。当日のしっぽの会は仕事の関係で行けなかったのですが、一人でも多くの人に子の様な活動が行われている事を知ってもらいたいと思っています。そうすれば少しでも捨てられる様な子達が減る可能性があると思うからです。犬にしても猫にしても捨てられた子達は本当に可哀想です・・・

| さくらさくら | 2008/06/04 00:26 | URL |

みなさん、次々に風邪でダウンされていたようですが大丈夫ですか?
そしてtamakenさん、運動会見にいけなかったなんて残念でしたね。
2号ちゃん、選手宣誓なんてすごいじゃないですか~。

洞爺の大会も見に行ったのだと思っていました。
でも、当日は生憎の雨でしたものね。

しっぽの会は私も気になっていたイベントでした。
それにしても参加するモーリーさんがtamakenさんに会場は何処ですかね?なんて(笑)
モーリーさんらしいですね。

今は無責任な人が多く飼ったけど飼えなくなったので保健所に連れて行ったという話を良く聞きます。
飼うのなら最後まで責任持って欲しいですよね。
うちも事情があり小次郎を引き取りましたがレオレナ同様いっぱい可愛がってあげようと思います。

| りか | 2008/06/04 09:17 | URL | ≫ EDIT

2号チャンの言葉に思わず涙が出ちゃったよ。
小学校1年生の子でも思う当たり前のことが善悪のついてるべき大人が出来ないんだよね。
限りある命だからこそ大切にしなければいけないのに、平気で手放してしまうって、どんな事なのか想像が出来ない。
でも、わたしもこういう記事を読んだときはイロイロと考えさせられるけど、ついつい忘れてしまってるよね。こういう事を。。。
まずは、1号チャンの言うとおり茶々恋々をいっぱい可愛がる。そうだよね。

| 茶ま | 2008/06/04 18:32 | URL | ≫ EDIT

>さくらさくら様
しっぽの会のイベントは大盛況でしたよ。
私はひねくれ者でして、別なことを不安に思っているのです。
ここに捨てれば救われるなんて考えるヤツが出てきそうで・・・。
人の好意や善意を屁とも思わない人間っていますからね。

>りか様
洞爺には行く予定だったんですけどね。ギリギリまでTT
2号の選手宣誓はあとでビデオで見ました。うん、がんばってましたw
モーリーさんはね、うん、モーリーさんでしたねw
非常に考えさせられたイベントでした。

>茶ま様
ホントに、当たり前のことなんだよね。
それが何故出来ないのかと不思議に思っちゃうぐらい。
どこかで待ってるのさ、あの瞳で。考えると胸が痛くなるよ。
そう、自分に出来ることをせいいっぱいやろう!

| tamaken | 2008/06/04 23:18 | URL | ≫ EDIT

やっぱり寒かったり、暑かったりで体調管理難しい
よね~洞爺も寒かった!!
で~わたしも風邪ひきさんになりました(笑)
小雨も降ってたもんで・・・。
しっぽの会、う~ん考えさせられますね~!!
色んな人がいるのは、わかっているけど
どうしても動物を好きな人に悪人はいないって
思いたいよね~出来る所から始めようと思います!

| 茶々丸母 | 2008/06/04 23:44 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!
週末のロング散歩続いているんですね。
先週末はお天気悪かったのに、すばらしいです!!
日曜日は午後から室内ランに行きましたが。。。

ファクトリーは行きたいと思っていたのですが、
都合が悪くて行けませんでした。
自分に出来る事。。。
心を大切に思って暮らしてはいるのは確かなんですが、
心は我家の一員になった事は幸せだったと思ってくれてるかしら?
そんな風に考えてしまいました。


| 心haha | 2008/06/04 23:49 | URL |

ここのトコロ、寒い日が続いたから
そんな中での運動会って大変だろうなぁって思っていたんですよ。熱発とは…。今はどうですか?復活してる?
“しっぽ”は去年、恵庭のイベントの時に写真展で見せてもらいましたわ。とっても切なくなるの。。。あのこたちの目がさ~~~

| けみ族 | 2008/06/05 09:56 | URL | ≫ EDIT

コラ!ここでチクんない!!
そして、次の台詞は「男手貸してくれ!」だな
(いきなり荷物持ちを要求されるtamakenさん。笑)。

いやいや、お越しいただきありがとうございました。

tamakenさん、おっしゃる通りで
「しっぽ」がメジャーになる事によって
よからぬ事も起こるのですよ。
甘えた連中がね・・・
まだ「命」を「物」扱いする連中がさ・・・
でも悪い奴よりいい人のほうが多いと思うので
やはり皆さんには知ってもらいたいな☆

最近なら「犬引き取り業者」と言う
謎の商売も出てきてますからね。
ハ~~(ため息)

昭和2号よ・・・あんたは立派な6歳児。
いや、立派な人間だ!
「平成」にも光が見えてきたよ!!涙

| MOBBY D | 2008/06/05 15:03 | URL | ≫ EDIT

>茶々丸母様
寒かったらしいですねぇ。
でも、ホント、写真が楽しそうでウラヤマシイ限りでしたTT
私にはどうも「動物を好きな人に・・・」とは思えないんです。
ひねくれてるんでしょうかねぇ。

>心haha様
いやいや先週末は車でジョイフル、あの公園へ・・・というコース。
あの寒さではさすがに無理ですよぉ。
心君はね、幸せなんですよ。
幸せかな?って気遣ってもらえる子は幸せなんです。

>けみ族首長様
いやぁ、私は復活したんですが、1号は咳が長引いて・・・
またもや通院、さらば諭吉!
うーむ、恐るべし、風邪!
そうですそうです、あの目が何かを伝えてるんです。

>MOBBYオーナー様
あはは。男手の件は、バラさなかったのにw
正確には「男手、いいですか?(←ここがかわいいw)
いい人のほうが多いって思えばいいんだね。
そう、世界は救えなくても、足元の闇は照らせるんだよね、きっと。

| tamaken | 2008/06/05 23:16 | URL | ≫ EDIT

運動会最悪でしたね。
風下の砂嵐と寒さでギブアップ。
グランドから自宅まで徒歩3分なので
お昼は家で食べましたよ。
選手宣誓なんて2号ちゃん凄いわ~
うちの娘は活発口達者な児童に馴染めず
「学校に行きたくない」と泣くこともあり、
入学してから急に心配性な母になってます。

私達にできること・・・
他の犬を救うまではできなくとも
まずは自分の犬を最期まで面倒見てほしいです。
知人にもいたんですよね、どう考えても飼うのは無理じゃない?
って思う状態なのに飼って、散歩も連れて行けず
仕方なくとはいえハウスに入れっぱなし、
飼い主のストレスで怒鳴りつけ、
最後は実家に犬をあずけてました。
いろんな事情があるとはいえ、基本は「ゆりかごから墓場まで」です!

| Noriko | 2008/06/08 09:23 | URL |

>Noriko様
いやぁ、ひどい天気でした。お昼はそれがベストだったでしょうね。
選手宣誓ねぇ、他に希望者がいなかったらしくw
1年生の母は心配が尽きないものらしいですよ。
「ゆりかごから墓場まで」そう、それが基本ですね。

| tamaken | 2008/06/08 22:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/217-099ff7b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。