PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モモちんのこと

まぁ聞きなさいよ、あんた
『不満か?』

金曜日、函館から両親がやって来ました。
んで、この実家チームが出かけるところには、もれなくこの方がついてきます。
モモちん
『モモちん』
シーズーのモモは5歳。生後2ヶ月で函館の実家にやってきました。
その年のGWに祖母が亡くなり、葬式のために帰省した時が初対面。
その時は、ウチのメンバーにパルがいるわけもなく、
それどころか「犬を飼う」という発想すらなかった頃の話です。
小さかったね
『小さかったね』
正直「ふぅん、ま、いいんじゃね?」ぐらいに思ったのと、
どっちも小さかったね
『どっちもどっち』
昭和2号(当時1歳)がずっと不思議そうに見てたのを憶えています。

気がつけば、実家にはモモがいるのが当たり前になっています。
そういえば、何故モモが実家に来たかなんて聞いたこともありませんでした。
「えぇとな・・・。」
ビールを飲みながら、親父が話し始めます。
ビールを飲みながら、私が聞き続けます。

今から5年前、親父は友人たちと酒を飲んでいたんだそうです。
で、その飲み屋の隣にペットショップ。
実は、親父は以前この店で、友人へのプレゼントにワンコを買ったんだそうで。
しかも、なんとそれがバーニーズだったんだそうで。
(ちなみに今、その子はクーラー完備の部屋で暮らしてるんだとさ)
ほろ酔いでブラリと飲み屋の外に出た親父。
ふと見ると、ペットショップがまだ開いている。
・・・
ま、よくあるパターンですね。そこにモモがいたわけです。
しかも床に広げられたサークルの中に。
まさに「さぁ抱っこして」状態。
店の側からすると「あ、この人買うかも」ぐらいの戦略を練って当たり前。
そうすると、こんなやり取りになるわけです。

店「この子、売れないと思うんですよねぇ」
父「なしてよ」
店「ほら、目の周りの色、バランス悪いでしょ。かわいくないし・・・」
父「なにぃ!誰も、好きで不細工に生まれてくるわけじゃあるまいし・・・」


なんというか、親父の性格を知ってる私としては、店長さんお見事w

さらに、ここで親父は考えたんだそうです。
もし売れ残ったら、この子はどうなるんだ?
そういえば大きくなった犬を売ってるのは見たことがないぞ。
きっと、山かどっかに捨てられるんだ
(←それは日本昔話)
そして、狐かなんかに食われちゃうんだ (←ここまでくると病的)
なんだそりゃ?

ま、そんなこんなで、結局あっさり抱っこしちゃってる親父(笑
んで、親父を迎えに来て、唖然としたおふくろ(爆笑


モモが来る何年か前、実家にはワンコがいたんです。
以前、ここで紹介した雑種のドン
そして、弟が飼っていたマルチーズのリョウ。
二匹とも、ほぼ時を同じくして向こう側へ行きました。
その時の辛い思い出があって、おふくろは「もう犬はこりごり」と思ってたそうです。

・・・

・・・

なのに、酔った父ちゃん、ワンコ抱っこしてやんのw
抱っこしたら、終わりさ。
(あ、そういえば、パルもそうだったw)

でも本当は可愛かったからです
『ホントの理由』
そ、モモちん、ガタガタ言っちゃったけど、
君が実家に来たのは、君が可愛かったからだよ。
唯我独尊な親父が「モモが行けないトコは行かない」と、のたまったり、
散歩中にドブ川に落ちた君を「風呂入れなきゃ!」と、のたまったりするのは、
ひとえに、君が可愛いからさ。

・・・

しかし、君、なんであんな川に落ちた?
確かに柵もなんもないけど、普通落ちんだろ、犬なんだからw
で、シャワーならびにドライヤーの刑
姐さん、雷神みたいよ
『雷神さま』
まだまだパルたろとも遊べない姐さんだけど、これからもよろしくね。
ついでに、実家のあの二人のこともよろしくね。君はカスガイなんだから。
カスガイっておいしい?
『いつだって食欲の子』
貝類じゃねぇ。

| 雑記 | 01:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Tamakenさん、こんばんはv-206v-222

ももちゃんとってもかわいいv-238ですねっっ。
ん~~とても深ーくももちゃんは愛されていて、
ももちゃんと、Tamakenさんのお父様は、運命の出会いだったのですねv-237
動物って裏切らないし、側にいてくれるだけで「幸せ」で「癒させる」し
言葉はしゃべれないけど、「心」と「アイコンタクト」で、飼い主さんの言葉を
きちんと理解してくれますよね。
わたしも以前、シーズを飼っていましたが(飼えなくなった方から譲り受けました。)
譲り受けたときには心臓も悪くて…
風邪をこじらせてしまって、飼ってから2年後に、お空へと天使になって旅だったので
わたしも、、、どちらかと言うと、もう動物は飼わないって決めていましたが
チェリーと出会い、とっても運命を感じ…
我が家へ迎い入れましたが、とっても幸せです。。
誰もが一度もう動物は飼わないと決めていても……
運命には勝てませんねっっv-237v-237


| チェリーママ | 2008/06/16 00:22 | URL |

お父様はいい人ですね~
tamakenさんと性格似てません?

| Noriko | 2008/06/16 12:26 | URL |

お父様の性格…ウチの父と似てますよーw
いつも動物を連れ帰ってくるのは父でしたわ^m^
きっとお父様と同じように考えて、
連れて帰ってたんだろうな…
今はたぶん、向こう側でムツゴロウしてるんだろうな。
ヤベッ!泣きそうになってきた!!

私も、お父様とtamakenさんの性格、
似てると思いますよ♪

| ryoko | 2008/06/16 13:18 | URL |

なんか、いい話だわ~。ももちんがそんだけ
人をひきつけるPOWERがあったって事だよね。
やっぱすごいよなぁ。ワンコって・・(シミジミ)
ん・・・?川に落ちた?普通に散歩してたのに?(^・^)ふふ
シャンプーされるくらいだから、ドロンコになったのね(笑)

| けみ族 | 2008/06/16 17:22 | URL | ≫ EDIT

あまりにもコメントが遅いですね。
申し訳ないです・・・。


>チェリーママ様
偶然ってやつは、ホントに怖いわけですよ。
そしてよかった偶然しか形にならないわけでして。
それを運命と思える心がとても大事なんだと思いますよ。
それだけの思いをもてるという出会いってすばらしいですよね。

>Noriko様
ええとですね・・・
んー、この文面だと、確かに親父いい人っぽいか・・・
んー、微妙だな・・・
ちなみにパル母は思ってても、私と父が似てると言いません。
私が怒るからですw

>ryoko様
ウチの親父はですね、さほど動物愛!の人間ではないんです。
なんというか・・・「モモだけは別」タイプの人間で。
それだって、まぁ、細かいことは。おふくろ任せですし・・・。
ええと、断じて、似てませんw

>けみこ様
なんか縁って不思議ですよね。その積み重ねだもんね。
あの目。こっちを見てるあの目。
普通に散歩してて、階段を下りきり、川沿いの散策路を・・・
ま、階段の続きだとでも思ったんでしょうね。
そのまま飛び込むわけでもなく、ただ、ドブンとw
私は、後ろから、落ちて呆然としてるモモちんを見たわけです。
軽くお怒りのご様子でしたよw

| tamaken | 2008/06/21 13:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/219-8f32623c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。