PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅路vol.6

2010/01/15(Fri)
目を覚ましたのは、7:00すぎだったでしょうか。
台所では、なごむさんが朝食の準備をしてくれていました。
いやぁ、申し訳ないなぁ・・・と思いつつ寝返ると・・・




!!!!!!!




真横に苺タンが!!!
なんと添い寝状態でした。

ただ、私が目を覚ますと「ふんっ」とばかりにパル母の枕元へ。
そして、そのままパル母と添い寝TT

パル母の話では、寝入りばなから、苺タンはパル母と添い寝していたそうです。
ということは、私が目を覚ましたあの数分間だけ、こちらに来てたのかな?
うーん、罪な娘だぜ。

この日もピーカン。
本日の予定は夢の国のお隣、「夢の海」。開園は10:00です。
朝食をご馳走になり、車に荷物を運び、9:00。
お世話になった九十九里の苺ジャム家別邸とサヨナラ。
ぱるしょぼっ
『パル、しょぼっ!』

そもそも、この日も平日。
それなのにダイスケさんもなごむさんも、我が家に付き合ってくれてたわけでして。
さすがにこれ以上甘えるわけにはいかんわけです。
お世話になりました。ダイスケさん、ぜひ、北海道に来る折には遠慮なく我が家へ。
苺タン、ジャムちゃん、楽しかったよ。また北海道でね。
さぁさぁ、それではなごむさんは、こちらの車へ・・・。

ええと・・・

本日、「夢の海」のガイドは、なごむさんですw
結局、甘えっぱなしの我が家。

「夢の海」到着は10:00を少しまわった頃。
開園時刻を過ぎてましたからね。
さぞかし混んでいるかと思ったら、ガラーンとしているエントランス。
ちょいと拍子抜けでした。
(前日の「夢の国」は開園時刻後、しばらく混みあってましたから)
みんなを先に行かせ、私とパルたろはペットクラブへ。
「爆笑問題太田氏から毒気を抜いたような」スタッフさんとの手続きを済ませ、
パルたろ君、二日連荘のお預けです。
時々会いにいけるのも、散歩に連れて行けるのも「夢の国」と一緒。
でも・・・うーん、正直、こちらのほうが、散歩させたりするならいい環境ですね。
なにせ、目の前がガラーンと広いんです。
あ、そうそう、注意事項は「ウンチは拾ってください」とのこと。
当たり前でないかと思いつつ、さらに「オシッコはいいですから」とのこと。
え?と思ったのですが「オシッコはスタッフが流しますので」とのこと。
すごいなぁ。徹底しているなぁ。ホントはそれに甘えちゃいけないんだけども。

さて、私も「夢の海」へとダイブしますか。
地球が浮いてるぞ
『地球が浮いてますよ』

あの山だなぁ
『向こうの山へ』

異国
『どこの国ですか』

そして・・・
なんか来ました
『なんか走ってきます』

この日、2号には野望がありました。
・「夢の国」で買いそびれたネズミ娘ちゃんのカチューシャを手に入れること。
・「あの子」を抱っこしながら歩くこと。

野望達成
『野望達成』
入園後わずか1時間で達成w

さらに・・・
さらなる野望達成
『「あの子に抱っこ」も達成w』

こちら「夢の海」は、イタリアをイメージしているんだそうです。
天気もよかったせいか、空も風も空気も音も、何もかもが気持ちいい。
本当は人ごみなんて大嫌いの私が、ここは気持ちいいのです。
前日の「夢の国」でもそう思ったのですが、
テーマパークって何かをする場所じゃないんですね。
その中にとっぷりと浸る場所なんですね。
そういう意味では、私には「夢の海」のほうが合っているようです、チャオ。

アトラクションを堪能したり、
わっはっは、こりゃ怖いわ
『上がったり下がったり』

海底二万里でまた廃人になりかけたり、
また酔った
『私、狭いトコ、ダメみたい』

ゴンドラでボンジョルノーだったり、
あれ?
『パル母よ、何故君までその子を?』

噴水にお祈りしてみたり、
お金がほしい
『お金がほしいです』

写真はないけど、カメさんとのおしゃべりでは思いっきり2号がいじられたり、
(私以外、全員カメさんとおしゃべりしちゃったよw)
小さなジェットコースターで先頭車初体験をしたり、と堪能する我が家(というか2号)。
楽しいねぇ。


一日一緒に遊んでくれて、バシバシ撮ってくれていたなごむさん。
送っていただいた写真を改めて見ると・・・
やっぱり構図とかからして、違うんだよなぁ。
どうしたらあんなふうに撮れるんだべ。
たとえばね、
by Nagomu
『photo by Nagomu』
こういうの私、撮れないんだよなぁ。
どうしてももう少し人を枠に入れようとして、結局、人を小さくしちゃうんだよなぁ。

なごむさんには、実は写真以外にも、えらいお世話になりました。
踊る踊る踊る
『踊る2号』
なごむさんがスタッフの方に「この子誕生日なんです」と伝えてくださいまして、
そしたら「おめでとうございます!」とステッカーをはっていただいちゃいまして、
その後、どこへ行っても「お誕生日おめでとう!」「ハッピーバースディ!」の声。
いやぁ、感激しました。

キャラクター達との写真も、バッチリ撮っていただいちゃいました。
特にこちら。
ぐぅぅぅぅふぃぃぃぃぃだぁぁぁぁぁ
『ぐぅぅぅぅふぃぃぃぃぃだぁぁぁぁぁ』
ホントは時間切れだったらしく、帰るところだったらしい彼を捕まえ、
はい!はい!とチーム昭和を前に立たせ、バッチリ1枚。
こういう時、B型のクセに、からっきし押しの弱い私。
なごむさんのおかげで撮れた1枚でした。

ふと気づくと、もう夕景。
前日同様、一日がものすごく早い。
この日は16:30から2号の大イベントがあったので、
みんなそろってのお遊びは16:00くらいまで、と決めていたのです。
さて、どうする・・・?
あ、またさっきのジェットコースターですか・・・

さぁさぁ、急いで、戻らなきゃ。
夢の国&海周辺を走っているリゾートラインに乗って、いざTDLホテルへ。
2号、本日のメインイベント。
御髪をといて
『御髪をときますわよ、プリンセス』

そしてこうなりまして、
メイクですわよ
『メイクですわよ、プリンセス』

で、こうなりました。
ダメだ、ぶれるTT
『やっぱりぶれますな、プリンセス』

TDLホテルの中にある「ビビディ・バビディ・ブティック」。
お姫様に変身するための場所。
こう見えても実はキラキラ物大好きの2号。
ちょっと早い誕生日プレゼントでした。
ホントはこの格好のまま夢の国や夢の海で遊べるのですが、
・いかんせん、まだ1月、寒いべや
・しかもこの格好では正直遊びづらい

という事情から、これを「夢のリゾート2デイズ」の大トリにもってきたわけです。

実はこの時もなごむさんにはものすごいお世話になっている我が家。
2号とパル母、私がTDLホテルにいた間(私は30分ほどでしたが)、
1号と一緒に、先に夢の海へ戻ってもらったのです。
しかもどうやらその時に撮ったらしい、
ネズミ君やアヒル君との1号のツーショット写真がワンサカ。

私と合流した後も、パル家紅組が戻るまでアトラクション乗り倒し。
スタッフさん「カメラお預かりします」
なごむさん「はいはい、お願いします」
スタッフさん、値段聞いたら預かりたくなくなると思うよ、そのカメラ。

やがて・・・
紅組とも合流し、そろそろ閉園の時間。
楽しかった夢のリゾートとも、そろそろお別れです。
パルたろを迎えに行き(本日も「ほとんど寝てました」とのこと)、
車に乗り込み、すぐ近くのイクスピアリへ。
仕事あがりのダイスケさんと待ち合わせ。
一緒にご飯を食べようとのことでしたが、金曜日の19:00。
ビックリするぐらいどの店も混んでいました。
お二人ともお店を探してくれたのですが、どこも満員。
これ以上、ご迷惑をかけるのも心苦しかったので、ここでお開きとさせていただきました。
二日間にわたって平日にもかかわらずお付き合いくださった苺ジャム家様。
本当にありがとうございました。

結局、お店は諦めてコンビニで手を打った我が家の晩餐。
ま、その方がウチらしかったかもねw
リゾートラインの駅で
『だって、ここ、リゾートラインの駅ですものw』
その後、イクスピアリの中のディズニーストアやボンボヤージュなんかでお買い物。
22:00頃、事前に調べておいた東京都内のスーパー銭湯へ。
いつもどおり、まず白組が。続いて紅組が。
お姫様の御髪のピンを外すのがめちゃくちゃ大変だった、とパル母。
うん、だろうねw

紅組の入浴中に、パルたろの散歩、そして車内のセッティング。
銭湯の駐車場、東京の空の下、荷物の整理をしながら、
ああ、もう終わっちゃうんだ・・・と思っていました。

紅組が帰ってきて、さらに荷物を整理して、なんやかんやで深夜の1:00。
近くのスタンドでガソリン入れて、とうとう関東とお別れです。
葛西ICから首都高へ。そのまま川口JCT。
ここから東北自動車道。青森まで一直線です。
遠くに明るすぎる街を眺めつつ、感傷的な思いと眠気に小突かれながら、
パル家、最後の行程をむかえました。

次回、最終回!








・・・の予定。
がんばれ、私!




お姫様の件
ある日、ディズニー特集なんてものをTVでやってたわけです。
この旅の計画もあらかたすすんでいた頃。
夢の国に行くことも、当然、決まっていました。
食い入るように見ていた2号。そこに映ったこのブティック
目を輝かす2号。我々も「へぇ」なんて言いながら見ていたわけです。
んで、最後にお値段が表示されて・・・
大人たちはのけぞったわけです。そして思わず言っちゃったわけです。
「うわっ」と。
そしたらですね、コタツでほおづえつきながら見ていた2号が、
こっちを見て、「○○(2号の名前)は、いいよ、これ。」と言ったんです。
そして大人たちは、力なく、「う、うん・・・」とか言っちゃったわけです。

・・・

その後ね、ちょっと考えました。
このブティック、年齢制限がありまして、3歳から小学6年生まで。
プリンセスですから、もちろん女の子限定。
2号が6年生になるまでに、もう一度夢の国に行けるかは微妙なところ。
そもそもこういうのを一番喜ぶのって、今ぐらいなんじゃないか。
しかも、1月は2号の誕生月。
値段は・・・確かにね、我が家にとって「よぉし!」と簡単に言える金額じゃない。
こんなことブログに書いてるぐらいだから、ホントに簡単に言える金額じゃないのよ。

でもね、なんかね。

で、ある日、ガマンできずに聞いちゃったわけです。
「ホントはお姫様になりたい?」
2号は小さく「うん」といったわけですよ。

そして、あの日、2号はお姫様になったというわけです。

まぁ、親バカな話ですよ。
思いっきりアジアンな顔つきで何がプリンセスかって話ですよ。
でもね、娘があんな場所で「さぁ、プリンセス、お手をどうぞ」なんて言われたら、
涙も出ますよ。実際、私、泣きそうだったもん。
わからん人には「勘違いした親が不細工なガキに・・・」って話なのかもしれませんね。
実際、旅の下調べ中、そういうこと書いてるブログも読んだし。

でもね、いいの。

途中で気づいたの。これはね、親の贅沢なの。
子供に与えるものではなくて、親が受け取る贅沢なの。
たぶんね、2号は今「一番の思い出は?」って聞いたら、「プリンセス!」とは言わないものw
そんなもんなの。でも、それでいいの。
あの時、夢を見たのは大人。
ありがとな、2号。

さて、1号とは、今年、何して遊ぶべか(←ホントは決まってる)。

| おでかけ | 01:40 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

目覚めたら、密かに思いを募らせていた彼女の寝顔がすぐそばに…
って感じですかw
可愛いなぁ、苺ちゃん♪
2号ちゃんのプリンセス大作戦の裏話、
ホロっと来てしまいましたよ(仕事中にw)
一番いい時期に変身できたんじゃないでしょうか。
とっても似合ってたんでしょうね^^b
10数年後のプリンセスに手を差し伸べる白馬の王子さまが現れたとき、
父は号泣するんだろうなぁ…
2号ちゃんがこれを目にするときに、両親の愛情を更に実感するんだろうなぁ。。
と、読んでて思いましたよ^m^

あら、次回最終回の予定ですか。
頑張ってくださいねーp^^q

| ryoko | 2010/03/01 16:03 | URL |

>ryoko様
目覚めたら隣で寝ている女性の口元にうっすらと髭剃り跡が・・・
こ、これはこわいw
苺タン、相変わらずラブリーでしたよ。
もう今すぐ会いたいほどw
2号のブティックはですね、ま、親バカ話ですよ。
私、最後まで見ずに夢の海に戻ったのですが、
もし見てたら泣いてましたね、確実に。

え?10数年後に白馬の王子?
ショットガンで迎(ry

| tamaken | 2010/03/01 22:25 | URL | ≫ EDIT

あんらぁ。プリンセスの写真見せてよ!
本格的だわねぇ。
さすがディズニー!!

ちょっと調べてみたら・・・・確かにお高いw
でもさっ、滅多に体験できないもんね^^
あとは白いドレスを着て・・・って時じゃない?( ̄ー ̄)ニヤリッ

いい思い出できたね~~

と、言うことで近々見せてね♪プリンセス☆

| 茶ま | 2010/03/01 22:32 | URL | ≫ EDIT

お姫様の件、涙でちゃいました。
うちの娘が「お手をどうぞ」なんてやられてる図を想像しただけで
涙目ですよ。
キラキラ、ドレス大好き娘ですから。
母、パートでもして稼がないとなぁ~~

苺ちゃん添い寝もサプライズですが
もしかして3匹一塊になって寝てる?とか想像してました。
3匹並ぶとほんと、大中小ですね(笑)

| Noriko | 2010/03/01 23:21 | URL | ≫ EDIT

>茶ま様
ね、高いでしょ。
でも、ま、ななちゃんに比べたらw
思い出として考えれば、明らかに大人たちの思い出に。
いい思いさせていただきましたわ、夢の国様には。
写真は今度ね。
でも、決して笑わないようにご用心を。

>Noriko様
大事に扱われるその様子が、もうね、涙モノでしたの。
チョイと覚悟のいるお値段ですけどね。
ただ、6年生までの期間限定もの。
ね、そのシチュエーションだと考えちゃうでしょ。
ちなみにジャムちゃんはダイスケさんと一緒。
パルたろは足元が定位置なモノで。
大のパルたろが一番年下なんですよw

| tamaken | 2010/03/01 23:36 | URL | ≫ EDIT

私がTDLに最後に行ったのはいつだったかなぁ・・・
シーができるだいぶ前でしたもんね。遠い昔です。
去年の今頃「ZED」観てきた時、TDLを外堀から見ただけで
近くにあるのに入場料払わないと何だか遠いなぁと思いました。

私が高校の修学旅行に行く年に開園したんですよね、ココ。
(年バレるなぁ・・・)
私が子供の時に既にココがあったとしたら、
行った時に2号ちゃんのようなチャンスがあったとしたなら・・・
私なら親の事情も解らずに泣いて「やらせろ」ってごんぼほったでしょう・・・。
いっそのこと面と向かってワガママ言われた方が「うちはできないよ!」って
キッパリ言えたかもしれないですが、
親としては2号ちゃん聞き分けのいい分、切なくなっちゃうわよね。
お金ってね、意味のある使い方ができれば全然無駄じゃないですよ!!
大人になって自分も子を持つ親になったら、きっとパル父さん&パル母さんの
有り難みがわかってくれるんじゃないかしらね。
(あれ??白馬の王子さまの登場、通り越しちゃった・・・)

私事ですが・・・
こないだ急にノートPCが逝ってしまって修理に出した金額って言ったら・・・(T△T)ナケテキタヨ・・・
普段、デパートの物産展で無駄遣いばかりする悪い大人だから天罰が下ったんだわ(泣)

| ししまる母 | 2010/03/07 01:26 | URL | ≫ EDIT

>ししまる母様
修学旅行の話より「ごんぼほる」というボキャブラリーに
哀愁を感じるほぼ同世代です。
2号は、結構ズバズバ要求するタイプなんですが、
なんでしょうね。さすがにこりゃまずいと思ったんでしょうかね。
お金は…私もそう思います。
大切なのは使った結果、生まれる感情。
勘定の後の感情ってヤツです。

PC・・・ウチもそろそろやばそうな・・・

| tamaken | 2010/03/07 16:04 | URL | ≫ EDIT

え~!アレって地球が浮いてるってことだったんだ~!と、今さら驚いたアタクシでございます。
実は苺さん、こう言っちゃなんですが…誰でも良いようですe-263(←初めての絵文字)

で、ちゃんとガイドできていたんでしょうか?
今度、クマさんのカノジョが登場するらしいですよ。
男性軍が上がったり下がったりを喜ぶと思ってなかったです。

家族全員で楽しめるっていいですよね。
ウチのダンナちゃんは裏方を知ってるからか…冷めてます。
きゃっきゃニコニコ、ワタシ、1号くんと2号ちゃんにメチャメチャ癒されましたよ!!

そして、2号ちゃん、可愛かったですね~!!とっても良かったですよ。
お昼に撮りたい!!って思ったくらいホントに素敵でした。

また来てくださいよ!
舞浜の方は色々と高く付きますから、今度はパワースポットの富士山堪能の日々なんていかがです?
富士五湖周辺をキャンプしながら堪能し…あ、登っちゃうっていうのもいいし、ニンゲンのお子さまも、ワンコもノビノ~ビと遊べますよ。

| なごむ | 2010/03/17 12:35 | URL | ≫ EDIT

>なごむ様
え~と・・・そう言われると自信がw
苺さん・・・そ、そうなの!ショックTT
なごむさんのお陰で思いっきり堪能できました。
1号の面倒まで見ていただいちゃって、
なんだか申し訳ないぐらいでした。
ダイスケさんにも気を(お金も・・・)使わせてしまいましたね。
あまりにも快適な関東デイズでした。
富士山!憧れです!ぜひ行きたいなぁ・・・
次回遠征はいつになるやら微妙ですが、
ぜひぜひまたガイドをお願いします!

| tamaken | 2010/03/18 23:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/311-04b81729

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。