PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩尾内にて

我が家がキャンプを始めてまだ間もない頃、
茶々丸家のテツさんが書いてましたね、ここ。
きれいな緑、湖畔、清潔、もちろんワンコOK、さらに無料…。

いいなぁいいなぁ…と思い続けて、早3年。
来たぜ!
『岩尾内でい!』
とうとうやってきました、岩尾内!

6月12日(土)。
すでに暑い札幌の我が家を出発したのが、9:30。
高速に乗り、北へとひた走り。終点、士別剣淵でお買い物。
そこから、大きく東へ進路を曲げ(西へ向かうと朱鞠内だぁ…と思いつつ)、
山の中を走ります。

ここ、古い景勝地だったんですね。
なんだか懐かしめの大きな看板が目につきます。

昼過ぎ、現地到着。
初めて来たのに、なんというか懐かしい感じ。
前日からインして、場所を確保してくれていたこの方々と合流です。
あ、また向日葵が・・・
『茶々丸が待っていた』
あ、また、ひまわりの写真が・・・。

そもそも5月の中頃、テツさんと電話で話してて、
「いいよぉ、岩尾内」「いいなぁ岩尾内」と決まった今回のキャンプ。
3年越しの期待は、MAXに膨れ上がってるわけですよ。

さらに、チョイと遅れて合流のこの方々
茶坊、幼顔
『幼顔の兄』

恋々ちん
『キャンディ顔の妹』

ええと・・・
ま、いつもの面子ですw
(我が家の親戚扱い、チーム青岑は今回参加できず)

ほいほい、まぁ、まずは設営しようよ。
気持ちいいねぇ
『テキパキ』

金曜日に茶々丸家が来た時には、広い場内に日帰りの人の姿がチラホラ程度。
夜は、とうとう広いキャンプ場内に、茶々丸家のリビシェルのみだったそうです。

ここ、昨年、熊出たんだよね・・・w

ところがこの日は、絶好のキャンプ日和。
朝から、結構な数のキャンパーさんが来たらしく、
テツさんが我々のために場所を確保していてくれたのです。
(ま、フリーサイトですからね、常識の範囲内でね)
おかげで、広々とした我々のサイト。
気持ちの良い風も吹きます・・・
気持ちの良い・・・

・・・

・・・

暑いね、休もうか。
こりゃいいや
『のんびりいこか』
時間はまだあるもの、のんびりいこうよ。
やっぱりキャンプ場の時間はゆっくり過ぎていきます。
キャンプはこうじゃなくちゃね。
ワンコたちも、いつもどおりです。
毎回、この写真あるなw
『ください』

さて、せっかくだし、湖畔のほうに行ってみようか。
ここは日向です
『ママ、ここ、きれいだけど…』

ボクは帰りたい
『帰りましょう』
木陰を離れ、日向に出ると、なかなか強烈な日差し。
もうすぐ夏なんですねぇ。
おっさんか、お前は
『暑そうな毛むくじゃら』

それにひきかえ、楽しそうなヒト科。
とにかく遊ぶわけだ
『なんなんでしょう、この人たち』
安上がりな子達です。

サイトに戻り、そろそろ晩御飯の用意でもしようか。
男性陣、全員ダッチでゴソゴソ(←誤解を招きかねない表現)。
最近、すっかり揚げ物ばかりの私。だって楽なんだもんw
茶ぱ師匠はスープカレー。
そして満を持してのテツさんは、キノコたっぷりの炊き込みご飯。
ぶれなかったのはこの1枚
『ブレなかった唯一の一枚TT』
先発で炭焼きをしたホッケの干物をつまみながら、
誰も怪我なく(ここ大事!)、調理は進みます。

毎度の事ながら、同じタイミングでは出来上がらないので、
出来たものから順にどんどん食べていくと、なかなかお腹いっぱいになります。
結局、この日買っていった焼肉には、ほとんど手をつけず。
茶ぱ師匠のスープカレーとテツさんの炊き込みご飯で、バッチリでした。

あれだね、だんだん食べられなくなってきたのかもね、私たち。
うん、まぁね、もうね、歳だしね。

でも、ちゃんとウコンは飲んだけどねw

きついお腹をさすりながら、焚き火タイムに突入。
今回は、茶々丸家のおニューの品をお披露目。
チョイと大きめなのです
『折りたたみの焚き火台』
もちろん網焼きも出来ます。
ユニの焚き火台よりもサイズが大きく、深くなっているので、
結構な量の薪が入ります。
(しかも畳むとペッチャンコになります)
秀岳荘で買ったという新兵器、恐るべしです。

「いやぁ、これ、しけっててさぁ・・・」とテツさん。
見ると、ホームセンターで買ったという太めの薪です。
火遊び大好きな私(←誤解を招きかねない表現)。
アレコレ調節しながら、互いに立てかけるようにして、燃やしていくと・・・
大炎上w
いや、これ、すごいわ。
豪快なキャンプファイアーがやってみたい方は、この新兵器オススメです!
結局、今回、私のユニの焚き火台は箱から出ませんでしたもの。

薪も燃え尽き、酔いもいい感じでまわった頃、お開きとなりました。
心配していたほど寒くもなく、気持ちよく眠りにつくことが出来ました。



そして、翌13日。
気持ちよすぎて、7:30起床。
もう、全然早く起きれないTT


この日も快晴。
早くも、暑くなる気配が濃厚です。
さて、それでは湖畔の散歩でも行きましょう。
きれいでしょ
『きれいだねぇ』
魚がいるらしく、たまにポチャンなんて水音が聞こえたりしてね。
いいね、水のほとりって。

サイトに戻り、さて、朝食の準備ですね。
ホットドッグやら、昨日の残り物やら、またもやたっぷりw

ワンコたちも朝からゆったり。
なんかおかしい3ショット
『ゆったりか、これ』

そうそう、人見知りの気があるという茶々丸。
なぜか、キャンプでは1号の膝に躊躇なく乗ってきます。
兄は兄へ妹は妹へ
『兄ON兄、妹ON妹』
そういえば、確かに私のところには来ないな、茶々丸よ。

こちら岩尾内は、正式には「岩尾内湖白樺キャンプ場」といいまして、
周りには白樺の木がたくさん見られます。
きれいでしょ
『サイトからの眺め』
センターハウスには売店もあり、氷まで売ってます。
トイレも水場もきれいで、シャワーもあります。
なのに、無料。
当然、INもOUTも関係ありません。
うーん、ここ、お金とってもいいんじゃないだろか。

すっかり暑くなったお昼頃、ゆったり撤収。
いやぁ、ここ、絶対また来るよ。
今年2回目のキャンプにして、早くもベストサイトの予感が…。


さ、さ、皆様、今回はどちらのお風呂へ・・・
茶々丸家の先導で、たどり着いたはこちら。
レークサイド桂岡
レークサイド桜岡
道南出身の私には、どこもかしこも新鮮な地名。
「和寒」ってトマトがカントリーサインなのね。
紅組・白組、交互に温泉へ。
ふと見ると、ここも桜岡湖という湖。
水辺の公園の温度計が「どうだ、暑いだろ!」と我々に話しかけます。
素直な我々は、そうだね、とばかりに、そのまま「冷たい蕎麦を食おう」ツアーへ。
ここから近いということで、剣淵の道の駅へ。
なぜか一人だけ角煮ラーメンを食べる昭和1号を尻目に、
ズズズッズズズッと蕎麦をすすり、お腹も心も幸せいっぱいで、解散となりました。

一昨年の愛別、去年の朱鞠内に続き、道北第3弾の岩尾内。
実に楽しいキャンプとなりました。

いやぁ、道北、いいなぁ!

茶々丸家、茶々恋々家、いつもいつもありがとね!
また、遊びましょう!




帰り道、車の中でパル母と話していたこと。

このブログをお読みの方は、
「あの人たち、いつも一緒にキャンプに行ってるんだね」と、
思われるかもしれません。
まぁ、確かにそうなのですが、
実は、ここ最近は一緒にキャンプの計画を立てた事はありません。

「ウチ、今度あのキャンプ場に行くんだよね」
「へぇ、いいねぇ。ウチもどっか行こうかなぁ」

こんな感じです。
ちょっと伝わりづらい書き方かもしれませんが、
「なにがなんでも一緒に行かなきゃダメ」という関係ではないということです。
茶々恋々家と遊ぶようになって、茶々丸家と知り合って・・・。
あれから3年以上経つわけですが、
こういう関係だから、ずっと遊びたいと思えるんだろうなぁ・・・と話していました。
みんな、いつもありがとね。これからもよろしくです。

考えてみれば不思議な話です。
私、今までこうやって付き合ってきた人たちっていないんです。
今さらながら、パルたろにも感謝しなきゃならんのでしょうね。
なんかえらそう
『なんかえらそうな犬』

| おでかけ | 19:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おつかれサマンサ!
今回も楽しかったね。

うん、うん。最後のトコ読んで確かに!って思った。
最近はなんにも計画してないよね。
サプライズまであるくらいだものw

みんなキッチリと約束すんの
めんどくさい人たちの集団だけど
だから楽に付き合えるんだねw
これからもヨロシクね!!

| 茶ま | 2010/06/20 20:05 | URL | ≫ EDIT

>茶ま様
ようやくのアップでございますの。
いやぁ、なんか今週パッとしなくてさ。
それなのに、茶ぱ師匠にお知らせした例のヤツ、
もう入金済ませちゃったw
さぁてさて、どうなるかなぁ、た~の~し~み~♪

そうそう、サプライズもあったねぇw

| tamaken | 2010/06/21 01:03 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様~!!
ちょっと遠いけど、岩尾内湖気に入って貰って
良かった~!!
我が家は、もうすでに次行きたいね~と言ってます。
今度は道南方面行って見たい茶々丸家です。
でも遠そう~。。。

| 茶々丸母 | 2010/06/21 01:14 | URL | ≫ EDIT

毎度楽しそうですよね~^m^
一緒にいて楽な人達…なんですよね、きっと。
大人になってそういう関係になるのって、
なかなか難しいと思います。

オートキャンプでもいいからしてみたいなw
ただ…たぶん旦那は動かない…絶対ww
そう思うと言い出せない私ですわ^^;

| ryoko | 2010/06/21 10:58 | URL |

今回は残念だったわ。
キレイなとこで、まったり…
あぁ…
でも仕方ない。
お嬢様の手術だったんだし。

今度が楽しみ♪
次はドローム?
いつ行くの~~~。

その前にイチゴ狩り行こ~~~。

| seijin | 2010/06/21 20:17 | URL |

>茶々丸母様
岩尾内、実によかったですねぇ。
また秋ごろに行きたいです。
今度こそあの入場ゲートの写真を撮りますぞ。
道南は東大沼オススメですよ!
ただウチは、パル母がカラスのせいで…

>ryoko様
なんというか、ホントに気をつかわないというか、
高校生みたいなノリなんですね、きっと。
そのくせ、みんな結構いい歳なわけでしてw
キャンプ、いいですよ。
デイキャンプからでも始めて、
少しずつキャンプグッズをそろえていけば…
男性陣はモノに弱いですからねw

>seijin様
お疲れ様。大変だったね。
でも、ホントは今ごろ、寂しいんじゃない?
あの3ショットは結構可愛かったもんね。
次はいよいよドロームかなぁ・・・と思いつつ、
7月、私、結構忙しいのよ。
お、イチゴ狩り?いいねぇw

| tamaken | 2010/06/21 23:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/322-8a38d252

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。