PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逆襲のグフ

ばばーん
『最終日、やっと晴れやがったぜ』
なんだか微妙だったG.W.後半。

5月3日(火)・・・天気がよいわりに寒い。雨が降るとばかり思ってたので予定なし。
気持ちいいぐらい何もせず過ごす。気持ちよすぎて気持ち悪くなっちゃった。

5月4日(水)・・・朝から悪天候。休日出勤で仕事仕事仕事・・・TT
夕方から青岑ママのお誘いでコストコへ。シュリンプサラダ最高w

そして、グフの出動は、無し・・・。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

だぁぁぁぁぁ!

いや、確かにね、前回の洞爺湖が先週の土曜日。
一週間も経ってないんだけどさ。
でもさでもさでもさ、せっかくの休みだもん、乗りたいんだもん(←だだっこモード)
天気予報では5日は晴れ。
tamakenさん、腹を決めました。
行こう!早朝から行こう!支笏湖へ行こう!
もし、波が高かったり風が強かったりしたら、
グフだけチャッチャと現地で組み立てて、駐車場で凪を待てばいいさ。
「行かぬ後悔」より「行って残念」のほうが、精神的にもよほどいいぜ!

・・・と、いうわけで、私、明日行きますが・・・

パル母に伝えている私の横に、ヘラヘラしている昭和2号。

・・・
・・・
・・・
・・・お前も行く?

うん!(きっぱり)

ま、マジッすか!?

という親子のほほえましい会話の末に、5月5日午前6時。
大いにパル母の手を煩わせつつ、父と娘、一路支笏湖へ向けて出発です。

・・・

・・・

あ、今回も、パル出てきません。
でもね
『ボクはお留守番で結構です』
あ、でもね、パルたろ。
この間、パパ、お前の首周りとかのサイズ測ったろ。
あれ、何の採寸かというとね・・・ま、いいやw

・・・

さて、高速をひた走り、モラップキャンプ場に到着。
そしてまたもやバカみたいに組み立てに時間がかかり、
結局、グフ出撃は午前8時。
満面の笑みです
『モザイクで見えませんが笑ってます』
モラップは、私が去年モンベルチャレンジでカヤックに魅了された場所。
ここに来たということは、当然、目的地は赤い橋です。
モラップから赤い橋のある千歳川の流れ出しまでは、約3km。
2号を前に乗せ、とりあえず父娘ペア、出撃です。
私のパドルで漕いでます
『はい、リズムに乗って』
信じられないほど透明な水。
水色、青、緑・・・宝石のような色合いです。
いいねぇ
『きれーでしょ』

ね、きれーでしょ
『ね、きれーでしょ』

ホントきれーでしょ
『ほら、きれーでしょ』
深さだけでこんなに変わる水の色。
さらに光の具合や季節の移り変わりを考えたら・・・もう絶句です。

1時間ほど漕いで、赤い橋手前の岸に到着。
パル母に電話中
『ホントはパル母に電話中』
あ、ちなみにこちら、支笏湖温泉街のすぐそばなので、当然、電話も通じます。
チョイと休んで、千歳川の流れ出しへ。
とにかくきれい
『どう撮ってもきれーだもの』
数百メートルほど漕ぐと行き止まり(あれ、なんて言うのかな?堰?)。
引き返します。
漕げぇぇぇ
『漕ぐ2号』
帰りも順調に3kmを漕ぎきり、途中、遊覧船に手を振ったりしながら、
無事、10時半頃、モラップに到着しました。
それにしても・・・2号、よく漕いだな。
デビューでこれだけいいもの見ちゃうと、後が辛いかもw

片づけを済ませ、11時過ぎにはモラップを出発しました。
懐の深い支笏湖さん
『懐の深い支笏湖さん』

その後、ポロピナイへ移動。
こちらは普通に観光地なので、混んでました。
揚げイモも美味しゅうございましたw

さらにさらに、私の一番のお気に入りの場所へ。
完全に諦めムードだったのですが、どうやら今年は漕ぎ出せそうな様子。
(完全自己責任・・・てか、みんなモラルをもって行動しよう!)
ホクホクしながら帰ってきました。嬉しいよぉぉ!

なんのことはない、我が家から1時間ちょっとでたどり着く桃源郷。
美笛のキャンプ場は絶対に行かないだろうけど(あまりにも悪評が・・・)、
ひょっとしたらモラップは夕焼けのために、ソロで行っちゃうかも。
洞爺湖と比べて明らかな水温の低さを感じつつ、
その美しさに心を奪われた、G.W.最終日の支笏湖さんでした。

よぉぉぉし、また行くぞぉぉ!今度はパル母、1号、そして・・・
採寸中
『採寸中』
ダメだよ、次の土曜日、お前のフローテーションベスト買うんだから。

| おでかけ | 19:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごーく楽しそう♪
まじで乗っているところ見てみたいぃぃ。

| 茶ぱ | 2011/05/05 21:56 | URL | ≫ EDIT

楽しそうな様子が伝わってきますよ~
連休最終日に爆発できてよかったですね!
湖の色にも癒され、ストレスも発散できたことでしょう
また仕事・・頑張りましょうねー!
おねえちゃんも頑張りましたね^^

| The maron | 2011/05/06 07:58 | URL | ≫ EDIT

楽しそうだね。
早く、パルが乗っているところみたいなぁー
落ちないでね。

| テツ | 2011/05/06 20:27 | URL | ≫ EDIT

>茶ぱ師匠
いや、マジで楽しいっす。
これね、やっぱり乗らんとダメです。
やっぱ支笏湖がオススメ。
もう、買っちゃおうよ。

>The maron様
なんか天気のめぐりあわせが悪くて、
ようやく最終日に・・・という感じでした。
支笏湖の美しさには、ホント、びっくりしました。
あ~あ、また仕事かぁ・・・
旅人にでもなろうかなぁ・・・。

>テツ様
これね、ムチャクチャ楽しいですよ。
190kgまでいけますから、
どうです、私と乗ってみます?
落ちたら・・・支笏湖だと間違いなく死ぬと思われます。

| tamaken | 2011/05/06 22:44 | URL | ≫ EDIT

tamakenさんのグフとかっていうのはカヤックなの?
カヌーってもっとでかくて安定してるの?
自分の乗ってるすきまにカバーみたいなのをかぶせて乗る、
沈したら慌てそうなアレは何ていうの?
いろいろ種類がありそうな未知の分野だわ。
でも野田知佑さんの本は読んだことはあって、
四万十川に行きたくなったものです。

| Noriko | 2011/05/12 09:55 | URL | ≫ EDIT

>Noriko様
私の「グフ」はモビルスーツではなく、
ファルトボートとかフォールディングカヤックと呼ばれる類のものです。
野田さんが乗っているものと、分類としては同じものです。
ラスカルがお別れの時に乗っていたボートみたいなやつはカナディアンカヌー。
水曜どうでしょうのユーコン編もカヌーです。
漕ぐためのパドルが片側(カヌー)か両側(カヤック)かで変わる…んだっけな?
ちなみにカナディアンカヌーのほうが断然安定性は悪いそうです。
川下り…魅力的ですけどね。
でも本当は海に行きたかったりもしています。

| tamaken | 2011/05/14 10:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/354-66247740

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT