PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またカヤックの話

なんだか全然パルたろのことを書いていない昨今。
どうなの、それって。

(心の声A)だってしょうがないじゃないか。今はカヤックの時代さ!

(心の声B)いや、それはtamakenが興味のあることで、このブログには無関係だ。

(心の声C)でも、そもそも話題をパルたろのことに限定する必要ってあるかしら。

(心の声D)ブログのタイトルについてるじゃん!

(心の声E)しかしのぉ、サブタイトルには「家族」とも書いてるじゃろ。

(心の声F)うるせぇな、じじぃ、引っ込んでろよ!

(心の声G)お年寄りになんていう口を利くのかしら、あなた、恥を知りなさい!











ええと、とりあえず、心たち、うるさい。
この状態は、病院に行くレベルだと思います。




キャンプといえばキャンプ。カヤックといえばカヤック。
まぁ、なんとも単純といいますか、話題が「そればっかり」になる傾向のある私。

で、今回もカヤックの話です。

 


 

そもそも、何かと逆風を感じずにはいられない今年のカヤック事情。

逆風その1
今年の3月でモラップのライブカメラが一時停止。再開は未定。

逆風その2
憧れだったフィールド(支笏湖オコタン、洞爺湖滝之上)が、今年から閉鎖。

逆風その3
とにかくガソリンが高い。

逆風その4
高速の値下げも終わっちゃった。

逆風その5
なんか知らんが土日の天気が、ずっと微妙だった。



にもかかわらず、ベッタリ漕ぎに行ってるんだから、文句言うなよって話ですね。
5月なんて、なんだかんだで毎週行ってたんですから。
ただ、さすがに6月はダラリダラリと忙しかったこともあって、
とうとう連続出撃記録が途切れた愛艇「グフ」。
諸々の仕事の鬱憤もいいだけ溜まって、
「発散!」というより「放出!」という勢いで出撃したのが、6月26日。
すっかり定番になってしまった私のソロ&茶々恋々家INモラップ。
茶坊、さっきまで寝てたくせにw
『赤い橋の向こうで』
この時は赤い橋を通り越した小さな浜で、一旦休憩。
気を取り直して千歳川へ、という行程でした。
小さな浜(ヒメマスの浜・・・だったっけ?)での休憩時に、トイレを借りにいったんですが、
いいですな、あの温泉街。
「今度、饅頭でも買ったろか」という気にさせる雰囲気でした。

赤い橋をくぐるのが初めてだった茶々恋々家。
ね、来てよかったでしょ。
でも、夏はもっときれいだよ。なにせ、川底がエメラルドに光るんだから。

キャンプ場に戻ってからは、またもや焼肉をご馳走になりまして・・・。

7月の3連休の話をしながら、実はチョイと思うところのあった私。
毎度、茶ぱ師匠に写真を撮ってもらっている私のソロ漕ぎ。
どうよ
『湖に一人浮かぶおっさん』
写真に写る、実に楽しそうな私
でも、いつも一緒の茶々恋々家を見ながら、チョイと思うところもあったわけです。

私のソロ出撃時には、いつも留守番のパルたろさん。
私自身に、まだ一人でパルたろの面倒を見る自信がないからです。
でも、いつまでもそんなことは言ってられないわけですよ。
なにせ、3連休、私、ソロキャンプなんですから。

なんとしても然別湖に行きたい。
でも、パル家全員の都合はつかず。
ということは、ソロキャンプ決定です。
茶々恋々家は、すでに然別方面にキャンプサイトを予約済み。
私はこれまた念願だった北岸野営場に張りたいという野望がある。

あとは、そこにパルたろがいるかいないか・・・。

いつも茶坊や恋々ちんと一緒に湖を行きながら、やっぱり感じる寂しさがあるわけです。
パルたろがいればなぁ・・・。

(沈思黙考・・・)

よし、やっぱ連れて行こう。
後先は考えないが、決断だけは常に早いB型の私。

そのためにも、予行演習が必要です。
パル家が全員出撃できる日は、ソロの練習なんて悠長なことは言ってられません。
なにせ、私以外の3人が交代で乗らなきゃいかんのですから。

よぉぉぉし、そうなれば善は急げだ。ええと・・・おぉぉぉ!この日しかないじゃん!
という怒涛の勢いで決定した「パパとパルの特訓日」。
ええ、本日、7月2日、決行してきましたよ。

チョイと体調が悪かったので、いつもよりも遅めに出発。モラップ着は7時半。
ものすごい青空とベッタリの凪。
早く漕ぎたい・・・でも、はやる気持ちを抑えつつ。
今日はパルたろと私の特訓の日なんだから・・・。
パルたろに薬を飲ませ、ご飯を食べさせ、チョイと散歩して、
カヤックを組み立てて、パルたろに服&ライフジャケットを着せて・・・。
普段、パル母に任せっきりのツケが回ってきます。
この時点でいいだけ汗をかきましたw

さぁ、出航です。
どうなの?
『ど、どうなの?』
パニクッた顔で私に引っ付いてきて漕げないかも・・・という予想をあっさり裏切り、
意外に落ち着いたパルたろさん。
ソロ用にシートをセッティングし、私のヒザの上にもう一つシートを乗せる簡易ダッコ仕様。
なんか、全然それでいけちゃいました。なんなら、そのシートもいらないぐらいの勢い。
パイプがあるんで(しかも我が家のカヤック、リブパイプにチョイと問題あり)、
直接乗ってパイプに足を挟めたら怖いので、なにか敷くものは欲しいんですけどね。

途中、湖面に浮いているクワガタを救助したり、
パルたろが食っちゃいそうな勢いでそのクワガタに興味を示したり、
一方、救助したクワガタも小兵ながら、堂々と我々を威嚇してきたり、
挙句の果てに、私、思いっきり挟まれたり。
いいかげんうっとうしくなってグフの後ろにクワガタを置いておくと、
いつの間にか、我々の正面に回りこんでいて、
また威嚇してきたりw
なんかクワガタの思い出がいっぱい。


ホントだったら、チョイと漕いですぐ帰るつもりだったのですが、
意外に行けるという事で、欲が出た私。
結局、赤い橋オーバーのいつもの行程を、パルたろと行ってしまいました。
落ちかけてもくじけない子
『乗り出すパルたろ』
ほぼずっと、こんな感じで乗り出していたパルたろ。
なんか、けっこう、いい感じでした。
ま、落ちかけたんですがw

普段よりも休みを多く取りながら、午前中いっぱい漕いだ特訓。
うむ、なんだかいけそうな気がする(既に懐かしいフレーズ)。
たまたま出会った、かつてシーカヤッカーだったという方とお話をしつつ、
(ああいう歳のとり方をしたいなぁ・・・という方といつも出会うのは何故だろう)
13時、モラップ撤収。

ご飯や薬のことなど、不安はあるけどちょっと自信もつきました。
よし、行くぜ、然別!な、パルたろ!
ごもっとも
『パルたろの思いは無視されました』

ま、そう言うなって、ね。




リブのこと
我が家のカヤックのリブパイプ。
私がソロで乗ると、すぐキールから外れちゃうんですよね。
なんか力強く「デブ!」といわれてる感じ。
これって大丈夫なのかなぁ・・・。


カメラのこと
撮ってるヒマなんてないべと思って、一眼は持っていかず。
うーん、全然撮れたよね。失敗。
油断しちゃいかんですな。
7月2日の写真は、すべて携帯です。


パルたろのライフジャケットのこと
見た目的にはお気に入りなんですが、
チンチンの位置がちょうど切れ目にぶつかってまして、シッコがモロにひっかかる。
秀岳荘に持っていけば、裁断・縫製してくれるらしいんで、
早いうちに持って行こうかなと思っておる所存。


暑かったこと
とにかく暑かったのです。
上着はジョイフルで買った長袖Tシャツオンリーでいけました。
帽子も、コットン100%はきついなぁ。
どこかにサイズの大きな(60オーバー)麦藁帽子はないもんですかねぇ。

| おでかけ | 18:51 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

金と時間って、本当にやりたい時って作れちゃうもんですよね。
パルたろと2人っきりってのもオツな感じですね。
以前CSで見た番組に「にっぽん清流ワンダフル紀行」って
芸能人や有名人が愛犬と共にカヌーで川下りする番組があるのね。
http://www.tabichan.jp/travelogue/seiryu
なんだか、それみたいです。素敵!

パル父さん用の麦藁帽子やらなんやら
作業服とか売ってる「プロノ」なら安くて使い勝手がよさそうなの
ないでしょうかね?サイズもありそうな気がしますが・・・

| ししまる母 | 2011/07/02 22:24 | URL | ≫ EDIT

今日もお疲れ様でした~

いやいや天気よかったから気持ちよかったでしょ^^
パルさんと2人ぷかぷかも楽しそうですな!

茶々のおしりは治るの時間かからないと思うから来週からまた復帰します!

| 茶ぱ | 2011/07/03 00:08 | URL | ≫ EDIT

パルくんかなりの余裕ですね~
大人しくていいわぁ~^^

ウチのはウロウロしてどうにもならんです><

| くろぽろ | 2011/07/03 21:14 | URL |

一体、何重人格なんですかw
いつかパルくんの笑顔が見れる!…かも?^m^

| ryoko | 2011/07/04 10:32 | URL |

>ししまる母様
確かに、何とかなるもんですねw
おそらくそのしわ寄せに目をつぶっているんだと思いますが。
今後のことを考えるとパルたろとソロ行が現実的なんです。
プロノ…そうだ、その手があった。行ってみようっと!

>茶ぱ様
結局、土・日と二日連荘で赤い橋でした。
パルたろも意外に落ちついていたんで助かりました。
茶坊のおしり、心配ですね。
湖は逃げません。ゆっくりゆっくり行きましょう。

>くろぽろ様
パルたろ、けっこう平気だったみたいです。
ラナちゃん、動き回るんですか?
そっちのほうがすごいと思いますが・・・。
チミケップもいいですね。でも遠いんだよなぁ・・・。

>ryoko様
わはは。書いてるうちにエスカレートしちゃいましてw
カヤックの上で意外に落ち着いていたパルたろ。
基本的にいつもあんな顔なんで、
まぁ、よしとしますw

| tamaken | 2011/07/04 21:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/366-88a38f63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。