PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

然別初日

7月23日。
本日、支笏湖の新たな魅力を発見すべく、ポロピナイへ。
風はやや強め。
そして、波はさらに強め。ウサギさん跳びまくり。

思い悩むこと、1時間弱。
現地にいらっしゃった方からお誘いもいただいたのですが、
結局、その方々を見送った後、帰ってきちゃいました。

ま、無理はせず。
今日は、のんびり過ごしましょ。

さて、と。
それではちっとものんびりしなかった先週の二人旅をまとめます。



7月16日(土)
結局、ボンヤリしたまま、当日までロクな準備をしていなかった私。
とにかくやたらと車に積み込んでみました。
とりあえずでファミリーユースの荷物を積み込み、
焚き火台やらソフトクーラーやらも積み込み、
着替えの類もほとんど何も考えずに積み込み、
前回の洞爺ソロで使用したテント類を積み込み、
あやうくカヤック関係を忘れそうになりつつも積み込み、

テンションダダ下がりの雨の中、
パルたろと私、のんびり9時頃出発しました。

車窓から見えるのは、ただただ雨、雨、雨。ドンヨリとした空。
それでも、だんだん盛り上がる約一名と、相変わらずの約一匹。
道東道をひた走り、十勝清水ICを降りたあたりで、然別湖が妙にリアルになりました。

鹿追町で、まずは買出し。
正直、なにを買っていいのかもよくわからず。
ホント、こういうことの計画って苦手なのね、私。
思いつくままにカップラーメンやら缶詰やらを買ってみました。
米は家から五合持って来ていたので、まぁ、必要なのは水とおかず類ですね。
それと、まぁ、ビールですw

然別湖到着は・・・ええと・・・13時頃だったかな?
もっと早く現地入りしたかったんですけどね。
天気が悪いとはいえ、天下の然別湖北岸野営場。しかも三連休初日。
それなのに先客はたったの二組。
好きなところに張りたい放題です。
ここ、特等席じゃないの?
『湖へのアクセスも良好です』
パルたろ連れて、場所確保して、荷物運んで・・・
考えながらやってたら、なんだかんだで結構時間がかかりました。
張ったテントの中で、パルたろさんは休憩。
私はカヤックの組み立てに入ります。
やる気なし
『ほとんど、こんな感じでした』
ありがたいことに、設営時、雨は上がっていました。
それどころか、ちょっぴり明るくなったような感じの空。

こりゃ、漕がなきゃいかんでしょ。

雨だと凪ぐらしいよ
『雨だと凪ぐらしいです』
雨も上がり、緑色の濃い景色の中、鏡のような水面を滑るように行くパルと私。
パルたろさんはというと・・・
とにかく暗いわけだ
『まぁ、相変わらず』
基本的に私の前にパルたろを乗せています。
黙って前を見ています。
『前を見るパル』
あまり動き回らないので安心・・・のはずでした。最終日までは。

悪天候の中、初の野営場でパルたろと二人きり。正直、不安だらけ。
それでも念願の然別湖で漕げたことで、テンションが一気に上がった私。

よし、米を炊こうじゃないか!

今回、クッカーもいろいろ(いつものファミリー用)持って来ていました。
でも、結局使ったのは飯ごうとヤカン。
これだけで十分でした。あと小さなフライパンでもあれば贅沢かな。
ストーブはソロ用のシングルとかにも興味があったんですが、
結局、これがものすごく便利だという結論に達しました。
厨房
『いつものツーバーナーさん』
どうせ移動は車だし、軽量化とかは今のところ興味ないし。
足を広げれば、ガス缶の大サイズでも地面と干渉しません。
湯煎用にもう一つ鍋系が必要。食器としてシェラカップも欲しい。
うーん、ソロ装備って考えると面白いね。

実は、結構、キャンプの炊飯では痛い目にあっている私。
ここ数回はほぼ連敗でした。
しかぁし、テンションの上がった私には関係ナッシング。
一気に炊いてみましたよ。
そして、見事な白米!こういうのって嬉しいねぇ。
やっぱり、何事も実際にやってみないと自信ってつかないわけです。
おかずは、まぁ、カップラーメンですがw
テント内に持ち込み、小さな机に乗せ、上機嫌でビール缶をプシッとな。

よし、3分経ったぜ。カップラーメンもバッチリさ!
さぁてさぁてさぁて!では、いざ、実食!

・・・

・・・

・・・

・・・

あ・・・

ビールこぼしちゃったTT
自分の不器用さに腹が立つ。
後処理ですっかりのびちゃったラーメンをすすり、それでもうまい白米をかきこみ、
ふぅ・・・ものすごく満腹w
気がつけば、結構な時間。月がきれいなはずだけど、曇天でそれは望めず。

よし・・・寝るか。
20時頃だったかな。
気を失うように眠りに落ちた一人と一匹でした。

夜中、時々目が覚めます。
テントを叩く雨音は、今まで聞いたことのないような大きさでした。
それでも、ぐっすり眠れるんだから、まぁ、やっぱり外遊びっていいね。

うーん、長いな。
続きます。

 




とりあえず、自分のための備忘録として。

クッカーはやっぱり小さめな鍋風が二つ。
そうすると湯煎&炊飯でカレーが食えるわけです。
今のところ、スノピ様のトレックコンボを狙ってます。
あとは食器。これ、大事ですな。
飯ごうから直接食べてたら、なんか気持ちがすさむものw
スプーン&フォークセットもほしいかも。

然別でもどこでも、パルたろとカヤックに乗るなら一気に全部運ぼうとしちゃダメ。
まず荷物を湖岸においてから、パルたろさんを連れて行きます。
なにせ、パルたろさん、行きたがらないもんでw
これまた暗い顔
『彼の場合、お家にはテントも車も含まれます』

| おでかけ | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/376-62169cd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。