PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

然別二日目

7月17日(日)
然別湖の二日目は、雨音で始まりました。
もうとにかく朝から雨、雨、雨。
寝てます
『退屈な犬』
昨夜の白米とサバの水煮の缶詰で朝飯を済ませ、
さて・・・と思っても、雨、雨、雨。

うーん、こうなるとお手上げw

タープでもあれば、雨宿りしながら温かい飲み物でも・・・なんてできるんでしょうが、
なにせ、狭いテント一つきりの我がサイト。
ただの引きこもり状態になってしまうわけですよ。
でも、まぁね、ボンヤリしててもしょうがないわけでして。
ふと駐車場を見ると、5台あるはずの車が3台に・・・。
そうか、車で出かけちゃうって手もあるんだ。

ここ然別湖北岸野営場は、確かに然別の温泉街から見れば最奥の地。
しかしその先、さらに北に進むと、糠平の温泉街に出られます。
むしろ、温泉街へのアクセスはそちらのほうが道がいいぐらいです。
待ってても雨はやむ気配もないので、思い切ってお出かけとなりました。
やまない雨
『雨はやまず』
クネクネの山道をひた走り。
糠平の温泉街に到着。

うーん、なんかいいかも。

適度に寂れてる感じが、妙にツボ。
しかも雨が追い討ちをかけるように素敵な風情。
なんとなく止めた駐車場がネイチャートレイルの入口で、
パルたろもカメラも車に置いたまま、ちょいと散歩に出てみました。
まぁ、たいしたことないだろうと思っていたのですが、
結構草深くて、こりゃパルたろさんはチョイと無理。
しばらく歩くと、アーチ橋に出ました。
その向こうに見える糠平湖。
ここも漕いでみたいんだよなぁ・・・タウシュベツ橋梁見たいんだよなぁ・・・

感慨にふけりながらも、ふと、携帯に目をやると、ものすごい数の着信メール。
なんかね、然別って電波が悪いせいなのか、
一気に何通ものメールがまとめて届くんですよ。

んで、その中の一通に「とりあえず向かいます」とのメッセージ・・・。

え?

時間を見るともう1時間も前の着信。茶ぱ師匠からのメールでした。
実はこの前日、茶々恋々家も、鹿追にキャンプインしていたのです。
急いで、然別の野営場に引き返す私。
そして、その途中の山田温泉で茶々恋々家の車を発見しちゃった私w
無事、合流したまではよいのですが、なかなかやまない雨。
しばらく、野営場の入口で雨宿りです。

雨脚が落ち着いて、ようやく漕ぎ出したのは、昼過ぎ。
目指すのは、
弁天島
『弁天島』
こう見ると、よく漕ぎ出したね、私たち。
天気悪し
『霧の中』
ハナッから不安そうなこの方。
ダメです
『却下』

一方、茶々恋々家のビビリさんは・・・
なんだそれは
『すっかりビビリ卒業』
いい度胸で乗っておりましたw

茶ぱ師匠に撮ってもらった一枚。
霧の中
『霧の中、ぽつん』

この日も、パルたろは、まだ落ち着いて乗ってたなぁ・・・
こんな感じです。
いい子で乗ってます
『いい子でした』

しばらく漕いで、しばらくしゃべり、自分のキャンプ場に戻っていった茶々恋々家。
カヤックは私のサイトで預かりました。また明日!

茶々恋々家と別れた後、私も山田温泉へ。
設備は最低限なのですが、実に気持ちの良い温泉でした。
十勝岳温泉の凌雲閣でも思ったのですが、いいなぁ、ああいうところ。

この夜のビールがないので、結局、鹿追の町まで買出し。
にもかかわらず、またもや白米&カップラーメンのコラボ。
そしてその間も、一向にやまぬ雨。
どころかどんどん強くなる雨脚。

ううむ、しょうがない。
試しにソロテント内のキャノピーでツーバーナー。
やった、可能性は広がるね
『実験成功』
こりゃいいや。なんか天下でも取ったような気分w

いい気分で、もりもり飯を食い、グイグイビールを飲み、すっかり酔っ払いモード。
雨はやまず。やっぱり退屈なんで、この日もあっという間にご就寝。

朝までぐっすり・・・のはずでした。

目覚めたのは深夜0時。
ひどい頭痛。そして胸焼け。
一瞬よぎった「風邪か?」という思い。
そしてその後から軽やかに追い抜いた「いや、これ二日酔いだわ」 という確信。

私、アホ?

結局、こらえきれずトイレに向かった私。
そしてボロボロになって戻ってきた私の目に飛び込んできたテント内の水溜り。
傍らには、なんか上目遣いのパルたろさん。

お前・・・わざとだろ・・・。

持っていたトイレシートで吸い取り、水拭きし、失神するように眠りについた私。
さすがに、そのまま朝まで目覚めることはありませんでした。

なんだかやたらと湿度の高い二日目は、こうして過ぎていきました。

| おでかけ | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/378-ca8bddfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。