PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前略、橋の下より

抑圧されながらも、日々、歯を食いしばり働き続ける大人たちからすれば、
休日こそ、ようやく「本当の自分」を解放できる短い時間。
社会の中で自分を偽りながら作り上げた「キャラクター」の衣を脱ぎ捨て、
干からびそうな心を自由という名の泉に浸し、柔らかさと瑞々しさを取り戻すとき。

んで、パパはいつも抑圧されてんの?

え?

いや、パパって、いつもなんかガマンしてるの?

え、えと…

誰かに合わせて気を遣ったりしてるのかって聞いてんの。

パルたろ君、なんか、君、口調がとげとげしいけども…

ボクには、どう見ても好き勝手にやってるようにしか見えないんだけど。

い、いや、パパだってな、大人として…

結局パパってさ、平日も休日も関係なく、いつも好き勝手なんじゃないの?

う…(反論できない)

だから、「今回もただ好き勝手に遊んできました、テヘ」って話でいいね?

は、はい…なんかすいません。


と、いうことで、
写真の整理を進めたい割に何かと遊んじゃってる私。
しかも「ほら、俺、今週もアップしてるし!俺、かっけー」と、
なんだかとち狂ったモードに入っちゃってる私。

そろそろ夏も本番。
本格的に遊びモードに突入することを考えると、昔のネタも整理しておきたいところ。
そこで、今回は「支笏湖の赤い橋」を中心に吟じようと思います。








♪あかいはしをぉぉぉぉ~おおぉぉぉ~



いや、吟じなくていいから。








ええと、それでは、気を取り直しまして(詩吟についての説明は一切なし)。

そもそも「赤い橋」というのは本名ではありません。
正式な名前は「山線鉄橋」と言い、明治43年に完成。
往時は資材を積んだ機関車が走り、道路の発達する昭和26年まで使われていたそうです。
今も観光客が歩いて渡っていることを考えれば、未だに現役ともいえますね。
この赤い橋をカヤックで初めてくぐったのが、もう4年前。
2010年夏、モンベル主催のツーリングでのことでした。
(げっ、その時のこともアップしてなかった…)
2010年の8月7日でした。
『初めて赤い橋を越えた時』
この時の赤い橋の向こう側があまりにも美しかったせいで、
この道にズブズブとはまっていくことになったような気がします。

この翌年の春、カヤック購入。そして今に至るのですが、
振り返ってみても、この赤い橋がいつも漕ぎのキーになっていたのは否めません。
自分のカヤック=グフを駆って二度目の漕行で、すでにここをくぐっています。
その後も「札幌からはモラップが一番行きやすい」という理由も確かにあるのですが、
なんとなく自分のステップアップにちょうどいい感じで、
あれから4年も経つのに、未だに飽きることなく漕いでいます。
20110626
『茶恋家と』

20110702
『パルと』

20110703
『パル家全員クリア』

20110807
『ラナ家との出会い』
今ではすっかり「困った時のくろぽろ頼み」ラナ家との初対面もモラップ。
そしてそのまま赤い橋まで漕いだんだよなぁ。
今でも一緒に遊んでることを考えると、この橋はやはり特別なんだろうなぁ…。

さらには、いつも2号がお世話になっているメイ家。
blog20120916_0487
『メイ家が行かないと2号はキャンプに行かないと言う』
メイ家とも…あれ?

モラップではしょっちゅうお会いするメイ家。
住んでんじゃねぇのか?ってぐらいの出没率ですが、
そういえば、一緒にくぐったことなかったっけ?
あらあら、それはまずい。では近いうちに(あっさり実現すると思われますw)

いつも気持ちのよい時間をプレゼントしてくれる赤い橋の向こう側。
橋をくぐるとそこは天国だった
『漕がなくても進みます』

これは2012年の8月
『この木にロープを結わえて寝てましたw』


んでですね。
すっかり前置きが長くなりましたが、
7月5日の土曜日、このお方がとうとう赤い橋をクリアされました。
進撃のテツ
『クリア!』
テツさん、カヤック漕行4回目にして、あっさり赤い橋クリアです。
さらに「凪ぎ知らずのテツ」の異名通り、帰りはとんでもない波の中w
それを笑いながら漕いで帰ってきちゃうあたり、やはりこの人、只者ではありません。
この日はわが親戚、sei-jin家から眞(sana)もモラップに登場。
肌寒い風の中を、ザブンザブンと水遊び。
さらにさらに茶恋家も、デイで遊びに来ており、
なんとなぁく、次の遊びの口約束をしたりなんかしてね。

晴天!とはいかないながらも、しかも結構な波の中ではあったけど、
またもや赤い橋のお世話になった土曜日でした。

んでですね、




本日、日曜日は、こちらへお出かけでした。
ぶきっちょ1号接客中
『いらっしゃいませ~』
高校2年生の昭和1号。本日、高校の学校祭でした。
パルの調子がちょいと思わしくなかったので、パル母はお留守番。
私と2号とこういう時にはもれなく来てくれる親戚と一緒に、ひやかしてきました。

それはそれは楽しそうに働いている1号とその友達の姿を見ながら、
なんとなぁく、懐かしいような、羨ましいような気持になりました。
いや、細いな…
『ガリガリガリクソン』
「今夜はがっつり遅くなる」というメールが先ほどパル母に届いたそうです。

そしてこのお方。
いぇい
『ご満悦』
漫研がお気に召したご様子で、ほぼ入り浸り状態だった2号さんw

チーム昭和よ、今はすべてが楽しく、すべてが身になる時だ。
好き勝手に思い切り遊んでおけよ。



大人のくせに好き勝手にしてる人もいるけどね~。

は、はい、すいません…。




【おまけ】
先ほどちょろっと書きましたが、パルたろさん、朝からなぜかあまり食欲なし。
こやつの場合、食欲だけがアイデンティティなので、ちょいと心配しました。
おしっこの回数が少なめということで、石のことも考えていたのですが、
今はだいぶ落ち着いた模様です。
ふぅ…
『体調不良でさらに暗めなパルたろさん』
あ、石のことも書いとかなきゃね。
なんか、アップするたびに書かなきゃいかんことが増えてないか?

| おでかけ | 19:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

先日は、ありがとうございました。
そして、翌日の学祭もお疲れでした。

今更ながら、一人ではなかなか脱ぎきれない
鎧も、理解してくれる人たちがいれば、
簡単に脱ぐことができるものですね!
そして、アウトドアを通じて解放感からか、
今は本来の姿が滲み出るような感じです。

帰りのコブのような波は、たまけんさんに
言われるまで気づかなかったのですが
スキーでコブを滑っている感じに
似ているかもしれません!
カヤックを漕ぐ動作はスキーで言う
逆ひねりの動作に似ていて、
今はあまり使わない技術ですが
深雪やコブ斜面を滑るときに使う技術なのです。

今回も良い経験をさせてもらって
感謝しています。
それに色々なネーミングもつけてもらい
ありがとう(笑)

それにしても、パル心配だね。。。

| テツ | 2014/07/07 19:46 | URL | ≫ EDIT

>テツ様
赤い橋クリアおめでとうございます!
やっぱ遊ばないとね。いいオッサンでも。

パルたろ、本日から入院となりました。
まずは2~3日。奴を信じます。

| tamaken | 2014/07/08 22:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/466-4698385a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT