PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パルの日…そして百か日

blog20180218_04495

『これ以外に撮りようがない気もしてきた』

本日、パルの日。

12年前、今日みたいに何ともドヨンとした天気の日に、

あいつは我が家にやってきました。


箱に入ったまま、うんともすんとも言わずに我が家にやってきたパルたろ。

そして、それからの11年と9か月。

やっぱり、来た時と同じように、ほとんどうんともすんとも言わなかったパルたろ。
まぁ、親バカですが、本当に手のかからないいい子でした。

(病院代で金はちょこちょこかかりましたが…)

もし、あいつがしゃべれるとしたらどんなことを言うんだろうか、と、

ふと思う時もあります。

聞いてみたいとも思います。

 

 

けど、なんとなく、ホントになんとなくですが…

嫌な予感もします。

 

だから、ま、それは虹の橋のたもとで待ってるあいつに

いつか会う時まで、取っておくことにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…待ってなかったりしてw

(あいつならあり得る)

 

 

 

本日、12回目のパルの日。そして百か日です。

お供えは安定の苺。いくらでも食いやがれ。

 

なぁ、パル。今年は百か日と重なったけど、

来年からは、ずっとただの「パルの日」だからな。

ずっと一緒にお祝いしような。

 

 

 

 

さて、なんとなく引っ張ったような形になっていた例の「彼」ですが…



blog20180218_04497

『私の中身は何じゃらほい』

まぁ、骨壺の袋と一緒に並べているので想像はつくと思いますが、

彼は…

blog20180218_04489

『チャビー君です』

そう、パペットのチャビー君です。

 

いや、パパ、それじゃ意味が分からんって。

 

うん、そうだな。ちなみにこのチャビー君。

私とパル母が二十数年前に新婚旅行で行った、

ロスのユニバーサルスタジオで買ったんだぞ。

 

…………(食い入るように平昌五輪のスケルトンを見ている)

 

聞けや、てめぇ。

で?なに?(横柄な態度)

(この野郎…)んでな、お前の骨をだ、どうしようかと思ってな

 

ふんふん(気持ちは半分スケルトンへ)

 

で、パウダー加工ってのをしてもらったのよ。なんかすごく小さくなるのね。

え?ボク、それ見てない!

あ・た・り・ま・え・だろ?

そんで?(気持ちは早くもスケルトンへ)

 

んでな、骨壺に入れてたのよ、当然。

ふんふんふ~ん♪(もうほとんど聞いてない)

 

で、お前が逝った次の日がさ、1号も2号も発表会だったわけよ。

ヘイヘイヘ~イ♪(反射だけで返事をしている)

 

でな、ほら、お前、いつも留守番だったからさ、

ほいほいほ~い♪(人なら殴られてるレベル)

 

もういいよなってことで、骨壺のまま会場に連れてったわけよ。
そしたらさ…











やっぱ、こぼれちゃってねw

な!(はっきり聞いているレベル)

 

んで、なんか入れ替えようと。

うんうん…(真剣に聞いている)

やっぱ安定のナルゲンがいいかな、と。

うんうん…(すごく真剣に聞いている)

そしたらパル母が

なんか理科の実験用具みたいで嫌だ、と。

そ、そりゃごもっとも…

んで、かわいい容器はないかってことになって、
ちょうどタッパウェアのきれいなヤツがあって、

それに入れたら、妙にオシャレになったんだけどさ、

 

ふんふん…(もはや平昌はどうでもいい)


やっぱむき出しだと「片栗粉」感が半端なくてね。

う、うんうん…(自分のことだけど否定できない)

 

そんでいいケースないかなぁと思ってたら、
パル母が「これ、どうだろ…」と。

 

おお…

 

それがこの方。
blog20180218_04490
『緑に茶白はよく映える』

 

正直ね、私は忘れてたんだよね。

…ひどい話だね(よくママ怒らなかったね)。
blog20180218_04491

『片栗粉感が半端ないですが…』


骨壺からジップロックにお前の「パウダーお骨」を移してさ、

んで、それを容器に入れてさ、で、その上からチャビー君を

パイルダーオン。

ふんふん(パイルダーオンってなんだろ?)

 

そしたらまさかの…

シンデレラフィット。

blog20180218_04492

『ちょっと引っぱったぐらいでは抜けません』
もうね、なんか既製品レベルのコラボ感。

お、おおおぉぉ…(なんか感動してる)

不思議だよな、20年以上前だぜ。それがこのフィット感。

あれだね、もうその時から運命づけられてたんだね。

いやじゃね? 骨壺のカバーに運命づけられんのなんて。

 

う…

 

あ、そんでさ、こっちはね…

blog20180218_04493

『これはパウダーにせず残してもらいました』
そのまま残ってるんだけど、これはジップロックに入れて、
そのままお菓子のケースに入れたらこれまたいい感じ。


おおおお…

のどぼとけもそのまま、犬歯もそのままだよ。
焼き場の方に「きれいですね」て褒められたさ。
お前、どこ行っても褒められっぱなしだったな。
お腹にうんちも残ってなかったから、焼いた後もきれいだったし。


ま、まぁね!(ちょっと得意げ)

で、結局、こういう形に納まりました、と。
blog20180218_04494
『一番派手な奴は、実は空っぽです』

どこかに出かけるたびに、パル母はいそいそとバッグに入れてるよ。

………(ママ…)

私は「めんどくさいから別にいいじゃん」って言ってるけど。

………(て、てめぇは…)

 

ちなみにな、お前の毛、少し切っといたのもちゃんと取ってあるよ。

 

パル母がな。

 

あ、やっぱりね。

| 思い出・記念日 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://palwithus0218.blog70.fc2.com/tb.php/502-43e4270d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT