≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わんにゃんドック

皆様、明けましておめでとうございます。

こうやって新年の挨拶をするのも、何年ぶりでしょうか。

まぁ、そもそも12日に「明けまして」ってどういうことって話なんですけどもね。

ま、ね、こんなもんっすよ、tamakenさんなんて。

blog20161225_3851

『ま、そうだね、パパなんて』


なんだと、この野郎!

あんだよ、表出るか?

でも、寒いから…  嫌だよね~。



なぁんて、太ったおっさんと困った爺さん、

楽しく戯れてみたりしているわけですが、

実はこの爺さん、あまり笑えない状況になっています。

11日にわんにゃんドッグというのを受診したパルたろさん。

おしっこやら、ウ○チやら、血液なんかも採取して(血液は一週間前に採った)、

さらにレントゲンやら心臓のエコーやらまでがっちり調べてもらうわけですが、

そこから分かった現状は、かなり厳しいものでした。

診断書に書いてあった所見を、そのまま写真で載せます。

blog20170112_03977

『写真ですいません』


朝一で預けて、丸一日。パルたろのいない家。

夕方に引き取りに行った時に、院長先生の説明をうかがったのですが、

正直、言葉の端々に、かなり気を遣っていただいている感がありました。


1年。



どうしたって誰にだっていつかやってくるタイムリミット。

そこに向かうベクトルの、ぼんやりとしていたその先っぽが、

なんとなく現実的な数字になって表れたような気がしました。

目安となるのは呼吸なんだそうです。

1分間に30回を超えて、それがそのままずっと治まらない時は、

肺に水が溜まっていくサインとして考えていいそうです。

そして、そうなったら…。

統計的には、そこから約1年がタイムリミット。

ただ、先に逝った身近な子たちのことを考えると、

そこから1年っていうのは、かなりがんばった方の話だと思います。

診断書に書いてあった検査時のパルたろの呼吸数は30。

水が溜まり始めてもおかしくない数値です。

「そうか、とうとうか。」というのが、正直な気持ちでした。

だから結果を聞いても「何か特別なことしなきゃ」とは思いませんでした。

ただ、

当たり前に一緒に過ごせることって、

本当にありがたいことなんだなぁと、

本当にうれしいことなんだなぁと、

本当に幸せなことなんだなぁと、

改めて、しみじみ思っちゃうだけでした


写真、撮らなきゃね。

負担にならん程度に遊ばなきゃね。

たくさん抱っこしたりなでなでしたりしなきゃね。

特別なことじゃなく、いつも通りにさ。

最近、確かにサボってたね、ゴメンゴメン。


先のことは分かりません。

ただ、後悔しないように、

「今、目の前にある当たり前」を大切にしようと思います。

よし、じゃ、パルたろよ。
blog20170112_03975

『何かを期待している爺さん』



まずは風呂に入ろうか。

ええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!

≫ Read More

| 健康 | 18:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苺ちゃん

12月16日、朝、苺ちゃんが虹の橋の袂へ向かいました。
blog20090814_4075
『2009年、我が家で』

パルたろを家に迎えてまだ間もなかったころ、
たまたまブログで目にした苺ちゃん。
その愛くるしさとは裏腹に、生まれつき背負ってしまった病気のこと。

その当時は「1歳の誕生日を迎えられない」とまで言われたんだもんね。
それがこんなに遠い北海道まで、2回も遊びに来られたんだから、
君は、本当にがんばったし、その一生をしっかりと噛みしめたんだよ。
去年の夏なんて、人間でいえばもう還暦のおばあちゃんが、
張り切ってカヤックに乗っちゃったりしてね。
blog20150807_3491
『2015年、支笏湖で』

楽しい思い出をありがとう。
いくら走っても、もう息が切れるなんてこともないから、
目いっぱい走り回ってさ。そして、ゆっくりお休み。

| 思い出・記念日 | 13:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスタート

ニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、
パルたろさんの住んでいる地域は「どえらい」ことになっております。
どのぐらい「どえらい」かというと、

・モーニング娘が来られなくなった。
・関ジャニ∞のファンが来られなくなった。

・ローリー寺西が来られなくなった。

というぐらいの「どえらさ」なんでございます。
一部の方々には、本当になんというか、かわいそうにね。

もちろんと言いますか、あ、やっぱりと言いますか、
原因は大雪なんでございます。
で、当然のようにそんな地域に住んでるわけですから、
それ相応の心構えといいますか、心積もりといいますか、
そんなもんがあると思うでしょ。
ところがね、
あるわけないだろ、そんなもん。
なんでございます。
だって、前の日までほとんど雪なんてなかったからね。
それがいきなり50cmオーバーも積もれば、
さしものドサンコもプチパニックざんすよ。

そんなこんなで「がっつり雪かき60分一本勝負」を強いられたこの休日。
パルたろさんは病院へ。久しぶりにtamakenさんもご同伴しました。
すっかりパル母に任せっきりになってしまっていたこの頃。
ちょっと緊張しました。
blog20161211_03965
『ごもっともです』


で、結論から言っちゃいますが、
パルたろさん、心臓の薬を再開することになりました。
心臓の肥大がちょっと見られるとのこと。
ステージでいえばステージ3の初期ぐらい。
ちなみにステージ2は血液の逆流などがあっても症状(せきなど)が表れない。

ステージ3は軽く症状が出てくるとのこと。
最近、ちょっと咳こみがちだったこともあり、薬を始めようとのことでした。
(まぁ、その咳は心臓とは直接関係のあるものではないようなのですが)

実は、何年か前まではずっと心臓の薬を服用していたパルたろさん。
ここ数年、必要ないだろうとのことでやめていたわけですが、
もう11歳ですからね、さすがにね…ということで処方していただきました。
(ちなみに服用を始めたころの記事はこちら。)

この分野も日々進歩しているそうで、
薬もその処方の時期も
どんどん変わっているのだそうです。

とりあえず、現在パルたろ爺さんが服用しているのが以下のモノ。
blog20161211_03963

『ううむ…』
・甲状腺+肝臓用のミックス粉薬

・お肌用のサプリ

・ステロイド

そして、これに心臓用の薬が加わります。

blog20161211_03964
『違います。「ピモベンダン」です』
甲状腺+肝臓用の薬は胆管肝炎のころからのもの。
お肌用のサプリは…これ、いつからだっけ?しかも結構高いんだよね、これ。
ステロイドは…結構長い付き合いになりましたな。
プレドニン5mgを一日おきに服用しています。

体重は、最近、安定の7.4kg。
食欲は相変わらず恥ずかしくなるぐらいのがっつきよう。
運動は…あ、先生から、もうあんまり激しく走ったりしない方がいいと言われました。
まぁ、ヤツはもともと激しく走らないし…。

11歳だもんなぁ…と思いつつ。
だからこそ、ちゃんと記録を残しとかなきゃな、とも思いつつ。

blog20161211_03960

『お前、なんかおかしくないか』
とりあえず、また一つ、曲がり角を曲がったみたいです。

| 健康 | 16:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。